7月 17, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は第1四半期の経済成長を下方修正、最新データは需要低迷と価格上昇を示している

日本は第1四半期の経済成長を下方修正、最新データは需要低迷と価格上昇を示している

バンコク – 月曜日に発表された中央銀行の調査では状況が減速していることが示される一方、日本は今年第1四半期に経済が年率2.9%のペースで縮小すると以前の推計を修正した。

アナリストらは1─3月期の国内総生産(GDP)統計の下方修正を予想しており、その主な要因は建設活動データの変化だと述べた。 従来予想は前年比1.8%縮小だった。

日銀の四半期調査では、大手・中堅製造業の景況感が若干改善していることが示された。 しかし、調査の詳細を見ると、国内外で需要が低迷していることが示された。

キャピタル・エコノミクスのマルセル・ティリアント氏は、タンケンの評価について「あらゆる業界や企業規模にわたって、業況は12で安定しており、これは直近の(四半期)GDP成長率0%と一致している」と述べた。

同氏は「今四半期の国内総生産(GDP)成長率が再び鈍化するのは、6月の製造業の落ち込みと重なるだろう」と述べた。

INGエコノミクスのエコノミストらは、昨年コンピューターチップ不足で工場ラインが削減された後、自動車メーカーが通常生産を再開したことが製造業全体の景況感が若干改善した要因だと述べた。

公共投資は1.9%減少し、これは政府が今年初めに行った成長率の下方修正の重要なハイライトとなった。 従来は3%成長すると予想されていた。 個人住宅(住宅)は従来予想の2.5%縮小ではなく、2.9%減少した。

2023年3月31日、東京の銀座商店街で横断歩道を歩く人々。 日本は今年第1四半期に経済が年率2.9%のペースで縮小すると以前の推計を修正したが、一方、2024年7月1日月曜日に発表された中央銀行の調査では景気が減速していることが示された。 クレジット: AP/星子ユージン

日本経済は今年の最終四半期に年率0.1%のペースで成長し、2四半期連続の縮小または技術的景気後退を回避できなかった。 2023年通年まで年率1.8%で拡大した。

対米ドルでの日本円の安さは輸出業者にとって追い風となっており、海外で得た利益は帰国後に円換算で膨らむことになる。 しかし、日本が輸入する多くの物品や製品、特に石油やガスの価格が大幅に上昇した。

米国連邦準備制度がパンデミック中に発生したインフレを抑制するために金利を高く維持している一方、日本の中央銀行はより多くの支出と投資を促進することを期待して信用を安く保つために主要金利をゼロ近くに維持している。

しかし、物価の上昇が日本の労働者の稼ぐ力を上回っており、需要が相対的に弱いままであり、消費者需要が原動力となっている経済成長が鈍化している。

最新のデータによると、今年第1・四半期の住宅コストはインフレ調整後の実質ベースで低下した。

READ  リカルドが日本でヴォルフに代わる - RacingNews365レビュー