11月 28, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本株式会社サービスが低下するにつれて、エピデミックからランダムに回復する

日本のメーカーと非メーカーの間には大きなギャップがあり、COVID-19の崩壊からの収益の回復は依然として不均一です。

10月から12月の四半期の初めに、日本の非常事態は完全に解除され、エコノミストは、非製造業、特にトヨタなどの輸出業者が主導する回復に遅れをとっているサービスプロバイダーに待望のインセンティブを提供すると述べています。 モーター株式会社

しかし、日本の主要航空会社は、2022年3月までの12ヶ月間で2年目となると予想されています。 鉄道事業者はまた、会計年度および旅行代理店HISCoの純損失を予測しています。 10月に終了した年度の10億円(4億6700万ドル)は、流行の影響の深刻さを浮き彫りにしました。

「私たちにとって最も重要なことは、小さな会社になり、コロナウイルストンネルから抜け出すことです」と、ANAホールディングスの片野坂真哉社長は10月下旬に語った。 全日本空輸は、ANAホールディングスの一部門として運営されています。

ANAホールディングス株式会社片野坂真哉会長兼最高経営責任者(CEO)は、2021年10月29日に東京で開催された記者会見に出席します。 全日本空輸両親は同日、1,000億円(8億8000万ドル)の純損失を発表した。 2022年3月までの1年間は、政府19の流行による空の旅の需要の回復が遅れたため、回復ではなく35億円の純利益が見込まれます。 (京都)==京都

ANAと国内のライバルである日本航空は、過去1年間で売上高の改善を見込んでいますが、大流行の中で旅行需要が蒸発する中、事業の純損失はそれぞれ1,000億円と1,460億円になると見込んでいます。 年から3月まで。

どちらも、一時解雇に立候補する代わりに、固定費を削減するために新入社員を退職および制限することにより、従業員を縮小することができます。

片野坂氏は、「来年度には黒字転換が必要だ」と述べ、ワクチンの進歩に伴い楽観的な見方を示した。

日本の地元の観光を促進することが期待されている政府の補助金制度は、運輸および観光部門に追加の支援を提供します。

ただし、航空専門家によると、国境を越えた航海は、流行前のレベルに戻るまでに時間がかかるとのことです。

国際航空運送協会によると、空の旅の需要は、2019年に40%、または流行前の2021年と2022年に61%に達すると予想されています。

最近の収益レポートによると、メーカーの回復は急速に進んでいます。

外国経済の再開は日本の輸出業者、特に自動車メーカーに利益をもたらしました。 自動車と自動車部品は、日本の輸出額の20パーセントを占めています。

米ドルや他の通貨に対する円安もまた、円安が国内に戻り、海外での利益と海外での日本製品の競争力を高めるため、波及効果をもたらします。

円安もマイナス面であり、輸入品の価格が上昇している。 しかし、マイナスの影響が懸念されているにもかかわらず、黒田東彦日銀総裁は最近、ドルに対する通貨の下落が日本経済の「プラス」要因となるはずだと述べた。

トヨタは木曜日に、2017年度に見られた記録的な上昇と一致して、今年度の純利益率を2.49兆円に引き上げた。

しかし、トヨタの最高財務責任者であるケンタ・コーン氏は記者会見で、これは円安のプラスの影響がなければ下方修正であり、世界一の自動車メーカーは依然として利益構造を改善する必要があると語った。

スペアパーツの不足と原材料費の高騰により、日本経済のバックボーンである自動車セクターの見通しがますます曖昧になっています。 日本の自動車メーカーの上級幹部は、チップ危機がいつ終わるかはまだ予測できないと言います。

2020年8月17日に京都ニュースのヘリコプターから撮影された写真。東京近郊の川崎にある配送センターで乗用車が海外を走行しているところを示しています。 (京都)

本田技研工業金曜日には、2021年度に2度目の世界販売目標を485万台から420万台に引き下げ、純利益で17.2%減の5,550億円にした。

小さな自動車メーカーも影響を受けます。 スバル株式会社は、通年の販売目標を83万台に引き下げ、前回の96万台から約13.5%削減した。

三菱自動車工業株式会社、日産自動車工業株式会社また、フランスのルノーSAとの三者提携の一環として、以前に計画されていた967,000台から903,000台の販売を計画しています。

三菱自動車の加藤隆夫最高経営責任者(CEO)は木曜日の第2四半期決算で、「半導体の影響による(プラスの)為替レートにより失われた自動車販売の機会を調整した」と述べた。

「状況は年末までに厳しいと予想され、突然戻る可能性は低く、半導体は来年初めに到着し始めるだろう」とカト氏は語った。

企業が従業員の賃金を引き上げるには、強力な収益回復が不可欠です。 岸田文雄首相は、富の分配をスローガンに昇給を呼びかけた。

ただし、大和証券株式会社。 のシニアエコノミストである末広透氏は、高い賃金で従業員に報いることができるのは、高いリターンを見ている企業だけだと述べた。

「非常事態宣言の撤廃は、製造業者と非製造業者の間の回復のギャップを減らすことが期待されます」とSuhiroは言いました。 「しかし、自動車メーカーによる大幅な減産後、輸出は10月から12月の四半期に減少し、経済はバランスの取れたペースで、しかし穏やかなペースで成長するでしょう。」

READ  レポート:企業は6か月の純利益が改善したと見ています