5月 17, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本:2050年までに日本のカーボンニュートラルのためのグリーン開発戦略に基づく2兆円(約160億米ドル)のグリーンイノベーション基金

カーボンニュートラルな社会を実現するための新技術の開発や新制度・政策の導入が進む中、日本は水素などの技術で社会を混乱させる民間企業を奨励する政策を導入しています。 。

2050年CN宣言とグリーン開発戦略

2020年10月、日本は「2050年までにカーボンニュートラル」を宣言し、2050年までに温室効果ガス排出量をほぼゼロにするという目標を設定しました(2050 CN宣言)。

2050 CN宣言に基づき、2020年12月に、日本を経済成長と環境保護のより良いサイクルに導く新たな開発戦略として、2050 CNのグリーン開発戦略(グリーン開発戦略)が策定されました。

また、日本のスカ・ヨシヒト首相は、2021年4月22日に、2013年度から46%減少した2030年度の新しい温室効果ガス排出削減目標を発表しました。 2021年10月22日、日本は2030年までに36〜38%の再生可能エネルギーを発表しました。

グリーンイノベーション基金の設立

2050年のCN宣言は、カーボンニュートラルに関する以前の日本政府の政策よりもはるかに野心的であり、この目標を達成するには、エネルギーおよび産業部門の構造変化と大胆な投資によるイノベーションを大幅に加速する必要があります。

グリーン開発戦略に基づき、経済産業省(METI)は、新エネルギー・産業技術総合開発公社が設立した2兆円(約160億ドル)のファンドであるグリーンイノベーションファンドプログラム(ファイナンス)を立ち上げました。 。 (NEDO)公的部門と民間部門の間で共有される野心的で具体的な目標を掲げて、デモンストレーションから研究開発、コミュニティ活動に至るまで、ビジネス主導の装飾化イニシアチブを10年間継続的にサポートします。

ファンドの目標と特徴

これらの基金は、グリーン開発戦略でプロジェクトが計画されている以下の優先分野を支援し、政府の政策の効果が重要であり、社会的実施の観点から長期的かつ継続的な支援を必要とする分野に焦点を当てます。 :

  1. エネルギー関連産業-海の空気、太陽および地熱、水素、燃料およびアンモニア、次世代の熱エネルギーおよび原子力
  2. 輸送および製造業-車両およびバッテリーの保管、半導体および電気通信、造船、ロジスティクス、個人の回転および市民インフラストラクチャ、食品、農業、林業および水産、航空機、炭素リサイクルおよび材料。
  3. 住宅・オフィス関連事業・住宅・ビル、次世代電力管理、資源リサイクル、ライフスタイル

さらに、基金の特徴の1つは、結果を向上させ、装飾的な課題を克服するために財政的に支援された機関の経営陣の強いコミットメントを確保するための以下の措置です。

  1. 十分な努力がない場合の計画のキャンセルおよび義務付けられた資金の一部の撤回
  2. 政府が負担する支出の割合が経営目標の達成度などにより変動する、臨時費などのインセンティブを導入する。

基金の最初のプロジェクトである、国際的な水素サプライチェーンの確立を目的とした輸送、貯蔵、および発電技術を開発するための水素関連プロジェクトは、2021年8月に開始されました。

NEDOのウェブサイトによると、2022年4月7日の時点で、水素とアンモニアに関連する次の7つのプロジェクトを含む、11のプロジェクトがすでに資金提供のために選択されています。

  1. 燃料アンモニアサプライチェーンの確立
  2. 鉄鋼製造プロセスでの水素の使用
  3. 次世代船(水素燃料船、アンモニア燃料船など)の開発
  4. 次世代航空機(水素航空機)の開発
  5. とりわけ、水素とCO2を使用したプラスチック原料製造技術の開発
  6. 他の供給源の再生可能エネルギーから得られた電気を使用した水の加水分解による水素製造
  7. 国際的な水素サプライチェーンを確立するための輸送、貯蔵、発電技術の開発(上記参照)

知能

日本は水素関連技術や水素関連政策の導入で世界をリードしてきましたが、最近の国際的な脱炭素化の勢いに伴い、他の国々も水素セクターに焦点を当てた政策や行動計画を発表しています。

この基金は、脱炭素社会における日本の国際競争力を強化するための重要な政策手段と見なされています。

彼は、資金調達の範囲に追加のプロジェクトが追加されることがあり、水素関連の法規制が改正され、関連する企業、投資家、金融機関、その他の利害関係者が将来的に新しいシステムとポリシーが開発されると述べました。この分野の進展を常に監視する必要があります。

READ  日本のライトノベルのタイトルに登場する上位70語(そうです、異世界はその1つです)