1月 30, 2023

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

海上演習の前に海軍長官が日本で会合:The Tribune India


トリビューンニュースサービス

ニューデリー、11 月 5 日

2022 年版のマラバール演習に先立ち、インド海軍の R ハリ クマール大将は本日、日本でオーストラリア海軍、海上自衛隊、米海軍の海軍長官と面会しました。

彼らは、Malabar の将来の版におけるインターモビリティのさらなる発展について意見を交換しました。

インド海軍長官は、11 月 5 日から 9 日までの 3 つのイベントのために日本を訪問します。

交戦 30 周年を記念して、クマール提督は、日本の横須賀沖で行われる 4 カ国マラバル演習 (11 月 8 日から 18 日) の開会式に出席します。

アメリカ、日本、オーストラリアも参加国です。

4カ国すべてがインド太平洋地域に主要な海軍を持っています。

この演習では、複数の戦場にわたる参加国間のハイテンポな訓練が行われます。 これには、実弾射撃訓練を含む、海上、海中、空中での作戦が含まれます。

クマール提督は、日本の国際海軍レビュー (IFR) および西太平洋海軍シンポジウム (WPNS) にも出席します。

海上自衛隊は、11月6日に横須賀で創設70周年を記念してIFRを主催する。

インドは WPNS の「オブザーバー」であり、クマール提督は日本の横浜で開催される会議 (11 月 7 ~ 8 日) に出席します。

インド海軍長官は、IFR と WPNS に参加している 30 か国のカウンターパート、代表者、その他の指導者と交流します。

インド海軍の艦船 INS Shivalik と INS Kamorda は、11 月 2 日に横須賀に到着し、IFR と Malabar の演習に参加しました。

3つのイベントが連続しています

  • インド海軍のR・ハリ・クマール提督が4カ国マラバル演習の開会式に出席(11月8日~18日)
  • 彼はまた、日本の国際海軍レビューと西太平洋海軍シンポジウムにも出席する予定です。

READ  ウクライナでのプーチンの戦争は、日本に76年の傷を負わせました。 現時点では、ロシアは説得される準備ができていません