2月 2, 2023

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

福島の災害 – DW – 2023 年 1 月 18 日 – 日本の原子力発電所幹部が解放された

水曜日、東京の控訴裁判所は、2011 年 3 月の地震と津波の数年前に自然災害の警告を無視したとして、福島第一原子力発電所を運営していた 3 人の元幹部の無罪判決を支持した。 .

フクシマは、1986 年のチェルノブイリ事故に続き、史上 2 番目に深刻な核危機を引き起こしました。

東京高等裁判所の判決は、東京電力の勝俣常久会長が日本の東北地方の発電所を破壊し、その3つの発電所の解体を引き起こす自然災害を予見することはできなかったという下級裁判所による2019年の判決を支持した。 6つの原子炉。

起訴状は、家を明け渡してその場しのぎの避難所に住むことを余儀なくされた後に死亡した44人の死に対して、勝俣が責任を負っていると主張している.

高裁は武郎一郎元副社長、武藤栄元副社長に対する同様の訴訟でも同様の結論に達した。

「人災」

運動家たちは、裁判所の判決にすぐに失望と怒りを表明した.福島の事故に関する政府の公式調査は明らかに「人災」と呼んでおり、オペレーターの高官を事実上許している. 彼らの失敗。

その結果、誰も悲劇の責任を負うことはないと彼らは言います。

3 人の幹部は 2016 年に最初に起訴され、原発の安全を脅かす大地震が東北地方で発生する可能性が高いという地震学者からの警告に耳を傾けなかったとして告発された。

提案された対策には、最大 15.7 メートルの強力な津波をそらすためのより高い護岸と、原子炉に冷却材を継続的に供給するための追加のバックアップ発電機が含まれます。

マグニチュード 9 の地震が沖合 70 km で発生し、一連の津波が数分以内に海岸を襲いました。 福島を襲った津波は約14メートルだったが、原発の北にある大船渡町では最大40メートルの高さに達した。

それでも、4 基の原子炉が防波堤の外に沈み、そのうち 3 基が最終的にメルトダウンを起こし、大量の放射能が大気中に放出されました。

検察は当初、3人の幹部に対する刑事告発を拒否したが、一般市民で構成された委員会が事件を検討する機会を与えられた後、その決定は覆された.

懲役5年求刑しろ

検察官は、過失のためにそれぞれに懲役5年を求めていた. 被告は彼らに対する申し立てを否定した。

地震学者からの警告にもかかわらず、下級裁判所は、3 人が「10 メートルを超える津波を論理的に予測することはできなかった」と認定し、高等裁判所はこの立場を受け入れました。

東京電力(TEPCO)の株主は、昨年7月に3人の男性が損害賠償責任を負うべきであるという東京地方裁判所の判決を無視した. 裁判所は、災害を防止できなかったとして、13.3 兆円 (1,030 億ドル、950 億ユーロ) の損害賠償を支払うよう男性に命じました。

「私は怒っており、判決には失望しているが、特に驚いているわけではない」と、東京に本拠を置く市民核情報センターの副所長である坂秀幸氏は語った.

福島で被災した村が再開

このビデオを表示するには、JavaScript を有効にし、Web ブラウザーをアップグレードしてください HTML5ビデオをサポート

「弁護士からは、民事訴訟を通じて賠償金を得るよりも刑事上の有罪判決を得る方が難しいと事前に警告されていましたが、裁判官が他の事件の決定要因の1つを注意深く検討しなかったことに失望しています. 」と彼はDWに語った。

地方裁判所は、管理者が勧告に従い、より良い護岸と原子炉建屋へのより強力なドアを設置していれば、災害は回避された可能性が高かっただろうと言われた.

京都に本拠を置くグリーン・アクション・ジャパンの運動家であるアイリーン・ミオコ・スミスも、裁判所の立場に失望を表明した.

「政府は調査の中で、フクシマは『人災』であると述べたが、その災害に貢献した決定について誰も責任を問われることはないだろう」と彼は言った。

「高レベルの放射線にさらされた地域の自宅に戻ることができず、ビジネスを失った犠牲者にとって、これはひどい決定であることを理解せずにはいられませんが、私たちにとってもひどい決定です。社会。” 彼女は言いました。

「この裁定は、これを防ぐ力を持っている人が、行動しなかったことに対する責任を免除されることを意味します。」

「それは良いことではありません。将来同じようなことが起こったときに、同じ結果になる前例となります」と彼は付け加えた。

裁判所の決定に対しては、最高裁判所に上訴する可能性がありますが、まだ決定には至っていません。

編集者:Sou-Jie van Brunnersum

READ  北日本の地滑りで行方不明者の捜索に軍隊が参加