7月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

米国の規制にもかかわらず、日本にはオスプレイ航空機を駐機させる計画はない

米国の規制にもかかわらず、日本にはオスプレイ航空機を駐機させる計画はない

東京(AP通信)-日本の国防長官は金曜日、日米のV-22オスプレイは自国で安全に運用されており、同機の運航停止を要請する予定はないと述べた。 米国における制限 現在の安全性と有効性の評価は来年も継続される。

木原実防衛大臣は、日米軍当局者はオスプレイの安全性に関する技術的問題について緊密に連絡をとってきたと述べた。 11月に起きた死亡事故 日本の南海岸にある。

木原氏は「日米のオスプレイは安全に運用されており、安全上の問題はないと考えている」と述べた。 「プロセスを中断するつもりはない」

同氏は、パイロットの追加訓練により、必要な整備を完了した航空機は運航に復帰し、安全性確認、整備、飛行計画、緊急手順などを強化して運航していると述べた。

木原氏は、数百機の米軍オスプレイは少なくとも2025年まで全任務での飛行を許可されないという米国海軍航空システム司令部のカール・ゼビ中将のコメントについての質問に答えていた、と国防総省は述べた。アドレッシング。 海軍における安全保障上の懸念。

11月の墜落事故では8人の米軍人が死亡し、海軍は4か月間活動を停止した。 オスプレイは3月に飛行に復帰したが、空母運用などの完全な任務には戻らなかった。

二国間防衛同盟に基づいて29機のオスプレイが在日米軍基地に派遣され、日本の陸上自衛隊が運用する14機が3月中旬に飛行を再開した。

日本でのオスプレイの運用制限について問われた木原氏は、国家安全保障上の理由を理由に、どのような制限が課せられたかについてはコメントできないと述べた。 同氏は、セビ氏の米議会に対するコメントの内容については事前に知らされておらず、当局者らはワシントンに対し詳細の説明を求めていると述べた。

オスプレイは2007年から使用されており、飛行機のように飛行し、ヘリコプターのように着陸することができる。 批評家らは、その革新的な設計には予期せぬ失敗の背後にある体系的な欠陥があると指摘している。 飛行禁止延長の理由には、2022年にカリフォルニアで起きた死亡事故の主な要因の1つとして特定されたクラッチの不具合の修復に軍がまだ取り組んでいることが挙げられる。

セビ氏によると、オスプレイ計画の生涯を通じて、航空事故と地上事故で合計64人の軍人が死亡し、93人が負傷した。

___

タラ・コップはワシントンからのこの報告書に寄稿した。

READ  テスラが日本でモデル イーの提供を開始