5月 17, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

輸入供給の混乱が緩和される中、日本の12月の輸出額は過去最高に達する


2017年3月22日に日本の東京の港で見つかった輸送コンテナ。 ロイター/加藤一世

ContoroGomia著

東京(ロイター)-日本の輸出入は12月に過去最高の円高を記録した。データは木曜日に示した。2021年末の価格上昇の中で供給制限が緩和された。

しかし、オミグロンの変種を取り巻く不確実性に加えて、持続的な半導体不足は、今週、リリース間近の目標を引き下げた自動車メーカーのトヨタなどの日本企業にとって頭痛の種です。

ロイターの世論調査でエコノミストが予想したように、輸出は前年比17.5%増の16.0%でしたが、11月には20.5%未満に減少しました。

円建ての輸出入はそれぞれ7兆8,814億円(690億ドル)と8兆4,638億円で、1979年1月以来の最大の比較データである。

鉄鋼の輸出は前年比75.1%増加したが、輸出量は10.2%増加し、商品価格の上昇は海外で販売された日本製品の価値を押し上げた。

日本最大の貿易相手国である中国への輸出は、12月に前年比10.8%増加した。

米国への輸出は22.1%増加しましたが、自動車の輸出は最初の5か月で11.9%増加して11.9%になりました。

輸入は、11月の42.8%と43.8%の成長に比べて、原材料費の上昇と円安により41.1%増加しました。

12月の貿易赤字は7,841億円から5,824億円(50.9億ドル)に増加した。

日本は2021年を通じて、燃料輸入コストが高い中、2年間の黒字と2020年の3,883億円の黒字に続き、1兆4,722億円の貿易赤字を報告した。

ロイターの世論調査によると、日本経済は2021年の第4四半期に前年比6.5%の成長が見込まれています。

日本が火曜日に最大の毎日のCOVID-19感染を記録したので、政策立案者は急速に広がるオミクロン変異体の危険性に警戒しています。

($ 1 = 114.2100円)

(Contro Comia Report; Muralikumar Anandaraman and Himani Sarkar Editorial)

(C)特許トムソンロイター2022。制限についてはクリックしてください-
https://agency.reuters.com/en/copyright.html

READ  元日産のエグゼクティブ、グレッグ・ケリーが日本のテストについて説明します