9月 28, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

連邦準備制度理事会と日銀の会合に焦点が当てられる中、日本の日経平均株価は 2 か月ぶりの高値で取引を終えました

水曜日の日本株は、2 か月以上ぶりの安値を付けて取引を終えました。投資家が今週、米連邦準備制度理事会 (FRB) と日本銀行からの重要な政策会議に備えたため、ウォール街やアジアの他の株式市場での下落に続きました。

日経平均株価は 1.36% 下落して 27,313.13 となり、7 月 19 日以来の安値を付けました。

より広範な Topix は 1.36% 下落し、9 月 7 日以来の最も弱い取引を記録しました。

アイザワ証券の横山康史氏は、「中央銀行が75ベーシスポイントの利上げを実施すれば、ほとんどの人が予想するように、市場は上昇を避けるはずだ」と述べ、投資家はすでに次の利上げに目を向けていると付け加えた。

しかし、日銀が方向転換する可能性は低いと考えられています。 インフレ率が銀行の目標である 2% を 5 か月間上回っているにもかかわらず、今年利上げを行わなかった唯一の主要中央銀行です。

JPモルガンのエコノミスト、米良由香氏はリサーチノートで、「物価上昇圧力はこれまでのところ食品に大きく偏っているため、この8月の加速が日銀の政策変更のきっかけにはならないと考えている」と指摘。

「金融政策の調整のために、日銀は物価圧力の拡大、特にサービスと賃金の上昇に注目すべきだ」と述べた。

日本の国債は、中央銀行の会合に先立って上昇し、5 年間のベンチマークを 1 ベーシス ポイント上回って 0.060% になりました。 その日の早い段階で、利回りは0.065%に上昇し、6月以来の高値となった。

日銀は午前中にさまざまな国債を購入する予定外のオファーを出しましたが、反応は鈍く、10 年物ベンチマークは取引されず、日銀の暗黙の政策範囲は 0.25% でした。

円は 1 ドル 144 円をわずかに下回る水準で取引され、24 年ぶりの安値を記録しました。

日経平均株価は午前中の取引で 225 銘柄のうち 187 銘柄が下落し、37 銘柄が上昇し、1 銘柄が横ばいとなった。

エアコンメーカーのダイキン工業は、3.94%下落し、指数のトップでした。

日本製鋼所は利益予想を下方修正したにもかかわらず、今会計年度で最高の業績を上げ、4.11%上昇した。

全体的に値上がりしたのはエネルギーと金融だけだった。 (Sam Byford と Tokyo Market Group による報告、Devika Siamnath による編集)

READ  AricadoTravelはOmotenashiChoiceと提携し、日本のおもてなしの雰囲気と専門性を高めています