5月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

陪審は、仲介業者は手数料をつり上げるために住宅販売者に18億ドルを支払わなければならないと認定した。

陪審は、仲介業者は手数料をつり上げるために住宅販売者に18億ドルを支払わなければならないと認定した。

ミズーリ州の連邦陪審が火曜日、共謀して仲介手数料を人為的につり上げたとの判決を下し、全米不動産業者協会と複数の不動産会社に18億ドルの損害賠償の支払いを命じられた。

この訴訟の被告は、不動産業者協会のほかに、ケラー・ウィリアムズ、バークシャー・ハサウェイ・ホームサービス・オブ・アメリカおよびその子会社2社である。 この判決は、カンザスシティの連邦裁判所での2週間の裁判の後に下された。

検察側は、協会と他の被告が共謀して、売主が住宅購入者を代理する仲介業者に支払う手数料を増額したと主張した。 集団のメンバーには、2015年から2012年にかけてミズーリ州、イリノイ州とカンザス州の一部で数十万軒の住宅を販売した販売業者が含まれる。

原告側の主任弁護士マイケル・ケッチマーク氏はCBSマネーウォッチに対し、米国の独占禁止法に基づき陪審の裁定は3倍の50億ドル以上になると予想していると語った。

ケッチマーク氏はCBSマネーウォッチに「今日は説明責任の日だった。NARは長い間、市場支配力を利用して住宅所有を取り締まってきた」と語った。

同弁護士は、裁判中に判明した売主に最大6%の仲介手数料の支払いを強いる慣例を挙げ、「米国で住宅を売却するには他の先進国に比べて2~3倍の費用がかかる」と述べた。 。

他の仲介業者2社、Re/MaxとAnywhere Real Estateは今年初めに原告側と和解し、合計1億3,850万ドルを支払い、代理店にNRAへの所属を要求しないことに同意した。

ホームサービス社はこの判決に失望を表明し、控訴すると表明した。

「今日の決定は、すでに困難な不動産市場で買い手がさらなるハードルに直面することを意味し、売り手は家の価値を認識することがさらに困難になるだろう。また、この決定は、住宅購入者が最も複雑で最も困難な時期に専門家の支援を控えることを余儀なくされる可能性もある」同社はCBSマネーウォッチへの電子メールで、「彼らは今後、人生において金融取引を行うことになる。協調補償は、何百万人もの人々が住宅所有というアメリカン・ドリームを確実に達成できるよう支援する」と述べた。不動産のプロフェッショナル。」

ケラー・ウィリアムズさんは、控訴​​も含めて選択肢を検討すると述べた。 同社の広報担当者は電子メールで「これで終わりではない」と述べた。

郵便 NARはソーシャルメディア上で、責任決定に対して控訴すると明言した。 NARのトレイシー・キャスパー会長は声明で「われわれは最終的には勝訴すると楽観的な見方をしている。それまでの間、陪審が下した損害賠償額を減額するよう裁判所に要請するつもりだ」と述べた。

広範な業界慣行に異議を唱えた訴訟の判決後、訴訟で特定されていない不動産会社の株価は下落し、Zillow株は7%下落し、Redfin株は6%近く下落してその日を終えた。

READ  フロリダ行きの飛行機は窓を失い、離陸後に大破した