10月 7, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

隈研吾氏の日本の「楠橋」橋は、大工仕事とコンピューターによる設計を組み合わせたものです

隈研吾氏が日本の岩国で破壊された橋を再建

世界的に高い評価 建築スタジオ 隈研吾が再建した 岩国市修道町大底地区で、西方に滅ぼされた 日本 2018年の洪水。 プロジェクト「楠橋」 木製 木工の専門知識と最新の計算機設計技術を組み合わせて作成された橋。 その結果、地域社会の再生の象徴として機能する包括的な構造が見えます。

隈研吾氏の日本の「楠橋」橋は、大工仕事とコンピューターによる設計を組み合わせたものです
岩国市修道町大底地区に架け替えられた橋

すべての画像提供:田中勝正

ヒノキの手すりが周囲の山脈を映し出す

度重なる破壊行為の可能性を軽減するために、隈研吾のチームは、105 角のヒノキの手すりで強化された鉄筋コンクリート (RC) フレームで構造を構築することを決定しました。 手すりは、周囲の山脈の端を反映するように設定されており、道路を緩やかにカーブする曲線を形成しています。 の 日本の建築実務 地元の木材建設で使用される最も一般的なスケール要素の選択により、新しい橋は人間のスケールの形で親しみのある懐かしさを感じます。

木構造は、日本の大工技術と高度な計算機設計技術を組み合わせて作成されました。 このように、橋は従来の土木構造物には見られなかった微妙な表現を呈しています。 楠橋の両側には、橋の建設のために木材を寄贈した、独自の生産で有名な旭酒造の日本の製品である「タッサイ」を販売する「タッサイ」の醸造所とショップがあります。 . .

隈研吾氏の日本の「楠橋」橋は、大工仕事とコンピューターによる設計を組み合わせたものです
ヒノキの手すりが道路の脇をやさしく包み込みます

隈研吾氏の日本の「楠橋」橋は、大工仕事とコンピューターによる設計を組み合わせたものです
構造は、105 平方のヒノキの手すりによって強化された鉄筋コンクリートのフレーム上に構築されています。

隈研吾氏の日本の「楠橋」橋は、大工仕事とコンピューターによる設計を組み合わせたものです
日本の大工技術と高度な計算機設計技術を組み合わせた木造構造

隈研吾氏の日本の「楠橋」橋は、大工仕事とコンピューターによる設計を組み合わせたものです
従来の土木建築では見られなかった洗練された表現の橋

READ  安井知宏による面白いロボットの世界