6月 28, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

非常に珍しい9フィートのイカが日本沖を走っています

日本の沖合で高さ約9.8フィートのダイオウイカが発見されました。

イカは福井県小浜市のウクビーチ沖で、現地時間の水曜日の午前10時ごろに報告された。地元当局は珍しい光景だと述べた。

日本の新聞Minicheは、オバマ政権を引用して、ダイオウイカが生きているのが発見されたと報じました。

「巨大なタコが生きて上陸するのは珍しい」と当局者は新聞に語った。

2人の警官が測定を行ったとき、彼らは巨大なイカの魚が浜辺の浅瀬で泳いでいるのを見ました。

イカ県酒井の越園松島水産に輸送されます。

これらの細長いイカは深海の生き物です。 ナショナルジオグラフィックによると、高さ24フィートのイカは、日本の国立科学博物館の科学者によって捕獲され、2006年に浮上しました。 雌のカキは2004年に最初に捕獲されました。

イカ県酒井の越園松島水産に輸送されます。

(ミニチ)

サイエンスフォーカスによると、保存状態の良い最大の個体のサイズは、39〜40フィートで科学的に記録されています。 しかし、これらの生き物のビジョンは非常に珍しいものです。

2019年6月、米国海洋大気庁(NOAA)は、長さが約10〜12フィートと考えられている若い巨大なタコの珍しい映像を公開しました。 28秒のビデオでは、イカがメキシコ湾のカメラに向かって移動している様子が映っていました。

イカは速く泳ぐ前に、NOAAのカメラの周りに長いテントを一周しました。

「ダイオウイカは巨大で、人間の観点からは確かに珍しいものですが、ビデオに動物の特徴があると、最初はセクシーに見えたものにぶつかった後、動物がその間違いに驚いて後退していることがわかります。 食べ物ではない」と研究者たちは述べた。

READ  日本の猿の女王は彼女の支配への挑戦に直面しています:交配期