7月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

1万年前の超新星残骸の見事な眺め – Ars Technica

1万年前の超新星残骸の見事な眺め – Ars Technica

ズームイン / 栄光のニンニク星雲。
デイリーテレスコープへようこそ。 この世界には闇が少なすぎて光が足りず、疑似科学も科学も足りません。 他の投稿であなたの毎日の星占いを提供させていただきます。 Ars Technica では、星と不思議に満ちた宇宙の非常に現実的な画像からインスピレーションを得るという、別のルートをたどります。

おはよう。 今日は 11 月 10 日で、今日の画像にはかすかな超新星が見えます。

正式名称はCTB-1といい、1950年代に発見されて以来、惑星状星雲だと考えられていた。 (通常の読者は、惑星状星雲が惑星とは何の関係もないことが判明したことを覚えているでしょう。) 気になる方のために付け加えておきますが、CTB は「Cal Tech Observatory Catalog B」の略です。

その後、この天体は約 1 万年前の超新星残骸であることが確認され、口語的には「ニンニク星雲」として知られています。 理由はかなり明白なはずです。 また、写真を撮るのが難しい天体でもあるため、今日のケン・ベイツ氏のプレゼンテーションは非常に素晴らしいと思います。

「それは非常に暗い天体であり、狭帯域フィルターがなければ画像化することはほとんど不可能です」とベイツ氏は私に語った。 狭帯域フィルターは特定の波長の光を捕捉します。 「狭い色域の画像では紫色の星が発生することがよくありますが、それがどのように見えるかはあまり気にしないので、RGB フィルターを使用して広い範囲で約 2.5 時間の追加露出を撮りました。色域画像の狭帯域から星を削除してから、星を抽出しました。 RGB 画像から星の光を抽出し、GAIA 衛星データベースのデータを使用して色を調整し、色調整された星を狭帯域画像に結合して、この結果が得られました。

画像自体は、9 月下旬から 10 月上旬の 2 週間にわたって撮影された、合計露光時間約 51.5 時間で構成されています。 ベイツはコロラドスプリングスの北にある黒い森にある自宅からニンニク星雲を撮影した。

出典: ケン・ベイツ。

Daily Telescope に写真を送りたいですか? ご連絡ください。

READ  恐竜をミイラにする方法は複数あることが研究で判明