6月 14, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

2024年マイアミ・グランプリ・スプリント予選レポートとハイライト:フェルスタッペンがマイアミ・スプリント予選でルクレールとペレスを抑えて首位に立つ

2024年マイアミ・グランプリ・スプリント予選レポートとハイライト:フェルスタッペンがマイアミ・スプリント予選でルクレールとペレスを抑えて首位に立つ

SQ2 – メルセデスがダブルリタイアに苦しむ

マグヌッセンはQ1で良いセッションを見せた後、Q2開始10分で最初にコースインした。 ドライバーたちはスプリント予選のこの部分でも再び必須のミディアムタイヤを使用しました。

残りの15人のドライバーのほとんどは早い早いラップを刻むことに熱心なようで、タイムが5分を切るまでにペレスがトップに立った一方で、ノリスは1分27.597秒という史上最速タイムを記録した。

今週末、特別な「カメレオン」カラーリングを施したRBカーを運転していたリカルドは、壁との接触を報告したが、オーストラリア人の車は無傷で済んだようだ。 そして最後の時間が近づくにつれ、誰が敗退ゾーンの危険にさらされるのかに注目が集まった。

フェルスタッペンはセッション後半に参戦し、唯一の速いラップで4位に終わったが、メルセデスのコンビは改善が必要なチームの1人だった。 最終的にラッセルもハミルトンもそれを達成できず、それぞれ11位と12位に留まり、ラップで壁に衝突したハミルトンもピットレーン違反で注目された。

予選落ちした他のドライバーはオコンが13位、マグヌッセンが14位、角田が15位で、チームRBのドライバーは唯一のフライングラップでミスをしたようだ。

ノックアウト:ラッセル、ハミルトン、オコン、マグヌッセン、角田

READ  今永昇太とカブスが契約合意(情報筋)