9月 28, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

2024 年のパフォーマンス メルセデス AMG C 63 SE は 671 馬力、752 ポンドフィート

2024 年のパフォーマンス メルセデス AMG C 63 SE は 671 馬力、752 ポンドフィート

2024 Mercedes-AMG C63 SE Performance というタイトルの記事の画像は、671 hp と 752 lb-ft のトルクを持つ 4 気筒ハイブリッド エンジンです。

写真: メルセデスAMG

最初に悪いニュース: メルセデス AMG V8 の時代は正式に終わった. 巨大な M177 4.0 リッター V8 ツイン ターボ エンジン これ 2015 年以来、すべての AMG 63 シリーズ マッスル マシンを実行しています 彼は この土地はもうすぐ. それが置き換えるものは次のとおりです。フォーミュラ1にインスパイアされたハイブリッドエンジンの組み合わせ 世界最強 生産車 4 気筒 (電気的にブーストされたターボチャージャー付き、それ以下) 電気モーターが 2 速ギアボックスを介してリア アクスルを駆動します。 まったく新しいドライブトレインを使用する最初の AMG である 2024 メルセデス AMG C63 SE パフォーマンスでは、これは最大 671 馬力となんと 752 lb-ft のトルクを意味します。 はい、V8 エンジンの損失を克服するのに役立ちます。

2024 Mercedes-AMG C63 SE Performance というタイトルの記事の画像は、671 hp と 752 lb-ft のトルクを持つ 4 気筒ハイブリッド エンジンです。

写真: メルセデスAMG

まったく新しい C63 は、半世紀近くメルセデス V8 をタイヤ シュレッダーに変えてきた AMG のまったく新しい時代を象徴しています。 「24 C63」の高度なトランスミッション それは印象的な基盤から始まります。AMG が最初に開発した M139L 2.0 リッター 4 気筒エンジンです。 メルセデス AMG A45、CLA45、GLA45. これらのモデルでは、小型ターボはこれまで生産車に搭載された中で最も強力な 4 気筒エンジンであり、416 馬力と 369 ポンド フィートのトルクを発生しました。 さて、きちんとした電気技師のおかげで ターボチャージャー付きのセットアップで、このエンジンはより多くのパワーを送り出します。6,750 rpm で 469 馬力、5,000 ~ 5,500 rpm で 402 ポンドフィートです。 つまり、1,991 cc の M139L エンジンは、排気量 1 リットルあたり 235 馬力未満、言い換えれば、1 リットルあたり 117 馬力をわずかに超える出力を生み出し、歴史上最も強力な量産型 4 気筒としての記録を更新しました。変位。 シリンダー.

その出力は、電動アシスト付きの新しく大型化されたターボのおかげです。つまり、排気圧を引き継ぐ前にターボが電力をラップできるため、ラグが解消され、よりシャープなレスポンスが得られます。 これは、既存のハイブリッド フォーミュラ 1 エンジンから直接導入され、新しい 400 ボルト C63 電気工学を利用する、電動ターボチャージャー技術の最初の生産アプリケーションです。

2024 Mercedes-AMG C63 SE Performance というタイトルの記事の画像は、671 hp と 752 lb-ft のトルクを持つ 4 気筒ハイブリッド エンジンです。

写真: メルセデスAMG

Of course, the new huge turbocharger isn’t the only instance of electric power boost. The new C63 has a 201-hp, 236 lb-ft electric motor driving the rear axle through a two-speed gearbox, assisting the gasoline engine during hard acceleration. With AMG Performance 4Matic+ all-wheel drive with Drift Mode, the C63 puts a maximum of 671 hp and 752 lb-ft of torque to all four wheels, with the gasoline engine driving through AMG’s nine-speed automatic transmission with a wet clutch in place of a torque converter for snappier acceleration and gear shifts.

Mercedes says the new muscle sedan can sprint from zero to 60 mph in 3.3 seconds, and power from both the longitudinally-mounted gas engine and the rear-axle electric motor can be shifted to the front axle when the rear wheels slip. The two-speed gearbox that transmits the rear-axle motor’s torque shifts automatically based on speed and load; the lower of the two ratios is good for up to 87 mph. The motor delivers 94 hp continuously, with the full 201 hp available in 10-second bursts.

Image for article titled 2024 Mercedes-AMG C63 S E Performance Is a Four-Cylinder Hybrid With 671 HP and 752 Lb-Ft of Torque

Photo: Mercedes-AMG

The 400-volt, 6.1-kWh, 196-lb, liquid-cooled lithium-ion battery driving the axle motor rests above the rear axle for optimum weight distribution. While the new C63 is technically a plug-in hybrid, and can reach speeds of up to 81 mph on electric power alone, Mercedes-AMG was quick to point out in a press release that “the battery is designed for fast power delivery and draw rather than longest possible range.”

The new C63 bears a passing resemblance to lesser C-class sedans, but benefits from a ton of AMG-specific changes. The wheelbase has been stretched by 0.4 inches, with the front-end bodywork lengthened by 2.2 inches. Overall, the new C63 is a full three inches wider at the front fenders and 3.3 inches longer nose-to-tail. The new hybrid muscle sedan rides on standard 19-inch staggered wheels and tires, with 20s optional.

Image for article titled 2024 Mercedes-AMG C63 S E Performance Is a Four-Cylinder Hybrid With 671 HP and 752 Lb-Ft of Torque

Photo: Mercedes-AMG

The compact performance sedan has standard rear-wheel steering, which makes the car more nimble in tight turns and more stable during high-speed highway maneuvers, and rides on Mercedes’ AMG Ride Control adaptive suspension with steel springs. The new C63 offers a whopping eight drive modes: Electric, Comfort, Battery Hold, Sport, Sport+, Race, Slippery and Individual, each of which tweaks the drivetrain output, steering, suspension and sound.

Because, yes, this is a four-cylinder hybrid, and that means AMG had to resort to augmented drivetrain noises to replace the hammering rumble of that old twin-turbo V8. A single loudspeaker in the front bumper and a two-speaker soundbar at the rear emanate warning noises when the C63 is driving in pure EV mode; when traveling under internal-combustion power, the system picks up sound from a pressure sensor in the exhaust system and “enrich[es] C63 には、フロントに 6 ピストン キャリパー、リアにシングル ピストン キャリパーを備えた鋳鉄製ブレーキと、4 段階のブレーキ ブレーキが装備されています。ゼロに近い回生ブレーキからフルワンペダル走行まで。

2024 Mercedes-AMG C63 SE Performance というタイトルの記事の画像は、671 hp と 752 lb-ft のトルクを持つ 4 気筒ハイブリッド エンジンです。

写真: メルセデスAMG

内部には、スクリーン、スクリーン、アンビエント照明、光沢のあるエッジ、スクリーン、スクリーンがあります。

2024 Mercedes-AMG C63 SE Performance というタイトルの記事の画像は、671 hp と 752 lb-ft のトルクを持つ 4 気筒ハイブリッド エンジンです。

写真: メルセデスAMG

メルセデスAMG 新しいPerformance C63 SEの発売時期はまだ明らかにされておらず、自動車メーカーは価格を明らかにしていません. メルセデスがジャーナリストにこの車を自分で運転するように勧める前に、私たちは確かにそのすべての情報を学ぶでしょう.

メルセデス AMG がその方向に進んでいることは以前から知られていました。 大きな V8 は流行り廃り (AMG 4.0L V8じゃなくても 誰 – どの 物事の壮大な計画の中で大きい). 一部のギアヘッドはこれに泣き叫びます。 しかし、代替案がそのようなものである場合、Cクラスはこれまで以上に馬力とトルクがあり、純粋な電気ドライブトレインが組み込まれ、ターボ技術とフォーミュラ1にインスパイアされたハイブリッド技術を備えています。終えた。

READ  Google Little Signals Conceptsは、「アンビエント」通知がどのように見えるかを説明しています