11月 30, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

95平方フィートの東京のアパート:「私はどこにも住めない」

東京—日本のプロ野球リーグのオフィスでの長い一日の終わりに、藤原あずみはアパートに戻り、パジャマに着替えました。 彼女は寝る前に軽い運動をしたかったので、トイレの前の床にビニール製のヨガマットを置き、それをキッチンのシングルバーナーとシングルスロットトースターを机の足元に向かって転がしました.

短いストレッチの後、彼女は立ち上がって戦士の位置になりました. 彼女は腕を完全に伸ばす代わりに、肘を横に引きました。 藤原さん(29)は「ポーズを変えないと何かにぶつかる」。

これが95平方フィートの東京のアパートでの生活です。

高い不動産価格と世界で最も人口の多い大都市圏を持つ東京は、小さな宿泊施設で長い間知られてきました。 しかし、これらの新しいアパートは、居住空間を覆う日本の標準的な畳の数に基づいて、三畳の部屋と呼ばれ、通常の生活の境界を押し広げます.

不動産デベロッパーである Splittus は、常に小さなスペースに料金を請求してきました。 2015年からシューズボックス型マンションを運営しており、現在100棟1,500人以上が入居しており、需要は旺盛です。

ユニットは、東京の平均的なワンルームマンションの半分のサイズですが、天井が 12 フィートあり、ロフトのようなロフトがあります。 それらはスタイリッシュで、美しい白い床と壁があり、いくつかの巧妙な配置により、洗濯機、冷蔵庫、ソファ、ワークデスクを詰め込むことができます.

アパートは一人用ではありません 本当に厳しい予算. 一般的に数十年前のものですが、安いアパートを見つけることができます。 しかし、月額 340 ドルから 630 ドルで借りられるマイクロ アパートメントは、同様の地域にある他のスタジオ アパートメントよりも数百ドルも安くなっています。 また、原宿、中目黒、渋谷などのトレンディな場所の近くにある東京の中心部にあり、通常はより高価で、高級ブティック、カフェ、レストランがあります. 建物のほとんどは、多くの若者にとって最優先事項である地下鉄駅の近くにあります。

日本のビル居住者の 3 分の 2 は 20 歳以上で、年収は平均 17,000 ~ 20,000 ドルです。 政府データ. (賃金は東京の方が高いです。) 最低限の初期費用を必要とし、デポジットや「ギフト マネー」 (家主への返還不可の支払い) がなく、家賃の 3 か月分になることもあり、多くの家賃が必要になる場合もあります。

小さなスペースは、多くの日本の若者のライフスタイルに対応しています。 日本では、ゲストを家に迎える習慣はなく、日本人の 3 分の 1 近くが友達がいないと言っています。 国勢調査 消費財業界のデータ プロバイダー、Growth From Knowledge による。

藤原さんはアパートに2年近く住んでいるが、パートナーさえも迎えていない。 「この場所は私のためです」と彼女は言いました。

日本人も老若男女が多い 長時間労働、家で過ごす時間がほとんどありません。 東京ではますます多くの人々が一人暮らしをしており、より狭いスペースが望まれています. そのような人々は、外食するか、コンビニエンス ストアや食料品店から多くの既製の食事オプションの 1 つを選ぶ可能性が高いため、フル キッチンの必要性はあまりありません。

チェーン店で牛丼のアルバイトをしている19歳の大学生・木下優子は、アパートで寝るだけの場所しかない。

彼のシフトが終わる頃には真夜中の 1 時間を過ぎており、彼は疲れ果てていました。 彼は無料のスタッフの食事を食べ、銭湯に行き、スプリットセクションに戻った瞬間に去ります。 それ以外の場合、彼の日々は、栄養学の学位を取得するために学校や友人を訪問することでいっぱいです。

家で起きているときは、テレビ台や勉強机、キッチンカウンターとしても活躍するボックス。 床を掃除するのに必要なのは、糸くずローラーだけです。

ナイキ ダンクスのコレクションを入れる余地がなかった Mr. 木下さんはこのとき、涙ながらに別れを告げなければなりませんでした。

一部の居住者にとって、小さなアパートは、長く延期された自由への入り口を提供します。

小松原加奈さん(26 歳)は 2 年前、東京郊外にある実家を出るため、アパートを探し始めた。

最近建てられたスペース、職場へのアクセスのしやすさ、個室のトイレとシャワー (日本では一般的な要望) – これらすべては、彼女の比較的限られた予算の範囲内でなければなりません。 彼女は必ずしもマイクロユニットを探していたわけではありませんでしたが、検索の結果、スプリトゥスのアパートにたどり着きました。

「もちろん、大きい方がいいです。広いスペースがあっても問題ありません。当時の私にとっては、それが最良の選択でした」と彼は語った。

最近のある午後、Ms. ネイルスタイリストの小松原さんは、東京の新宿区にある最寄りの地下鉄駅から徒歩 1 分の場所にあるアパートの正面玄関を開けました。

彼女は狭い階段を 3 段上った — 建物にはエレベーターがなかった — 共用廊下にある同じバーガンディのドアの 1 つの後ろにある自分の部屋に向かった。

中には小さな玄関があり、ちょうど三足の靴を履くのに十分なスペースがありました。 小松原さんが歯磨き粉とマウスウォッシュのボトルを置きます。

彼女は、洗濯機、ジェル ネイル用のブルーライト マシン、練習用のマネキンの手など、仕事用の備品を保管しています。 彼女はほぼ毎日、ドアノブからぶら下がっているプラ​​スチック製のゴミ袋を取り出さなければなりません。

小さく暮らすことの利点の 1 つは、アイスクリームが少なくなることだと彼は言いました。 彼女のミニ冷蔵庫には冷凍庫がないので、食べる量が減っています。 それは、彼女の毎日のボクシング ルーチンに加えて、彼女が良好な状態であることを意味します。

野球リーグの従業員である藤原さんは、流行が始まった後、彼女のマイクロアパートに引き寄せられました。 以前はシェアハウスに住んでいましたが、在宅勤務で自分のスペースがなくてストレスや不安を感じていました。

彼女の小さなスペースは、彼女がより持続可能に生きるように促したと彼女は言いました. 「小さく暮らすことで、何か新しいものを買いたいと思うたびによく考えるようになりました」と彼女は付け加えました.

彼女の流しのそばにはまだ 40 個ほどの茶色の紙コップがぶら下がっていました。 「私には食器を乾かす場所がありません」と彼女は言いました。

彼女はMrs. 小松原さんはまた、床に洋服をきれいに掛けるためのスペースを増やしたいと考えています。 夫人小松原は毎シーズンの初めに実家を訪れ、最近ではクロップドトップをセーターに交換しています.

どちらの女性も、スペースをより効率的に使用するために、ほとんどの日本のアパートで期待されている洗濯機を持つことをあきらめ、週に 1 ~ 2 回コイン ランドリーに通っています。

氏木下さんは洗濯機はあるが乾燥機はなく、カーテンがあるはずのレールに濡れた服を掛けている。 彼のキッチンは、家で栄養学の学位を取得するための宿題をするには小さすぎます。

夫人小松原は自分のアパートから引っ越すことを決めた。

「年齢を重ねるにつれて、自分のニーズ、アパートに求めるものは変わってきました」と彼は言いました。

READ  日本の高齢者を殺しますか? カンヌ映画はクールなアイデアを探求します