logo2

logo

「ひろしま県民倉庫」は、広島県が運営する県政情報のポータルサイトです。 ひろしま県民テレビで出題するクイズの答えや過去放送回、ひろしま県民だよりの掲載情報などにいつでも パソコンやスマホから気軽にアクセスできます! その他にも、地上波や紙面には掲載しきれない、コンテンツを随時アップしていきますので、お楽しみに!

【平成31年度施策・事業特集】欲張りなライフスタイルの実現

欲張りなライフスタイルの実現

広島県では、県民の皆さんが仕事や暮らしへの希望をあきらめることなく追求できる「欲張りなライフスタイル」の実現を目指して、「希望をかなえるための後押し」「ゆとりの創出」「地域活力の基盤づくり」「暮らしを楽しむ機会の創出」などの柱に基づいて総合的に施策を推進しています。平成31年度も、引き続き、県民の皆さん一人ひとりが主役の「欲張りライフ」を応援していきます。ここでは重点的に取り組む事業の一部をご紹介します。

希望をかなえるための後押し

すべての子供が夢を育むことのできる社会づくり

子供たちの個性に応じて、一人ひとりが持っている能力を最大限に伸ばしていけるよう、子育てを地域全体で支える仕組みをつくり、安心して子育てができる環境を整備します。

ひろしま版ネウボラ構築事業

朝ごはん推進モデル事業

ひろしま版ネウボラ構築事業

事業費1億円

妊娠・出産から子育て期まで、切れ目ないサポート体制である「ひろしま版ネウボラ」の全県展開に向けて、現在6市町で実施中のモデル事業の効果や課題を検証します。
詳細は4月号本編へ!

子供の未来応援事業

事業費7,200万円

様々なリスクを抱える子供たちを多面的・継続的に把握し見守り支援する仕組みの検討・構築や、子供の能力と可能性を高めるために必要な生活習慣づくりとして、全ての子供が朝食を食べることができる環境の整備などに取り組みます。

学びのセーフティネット構築事業

事業費1億8,600万円

全ての子供の能力と可能性を最大限高められるように、小学校低学年からの学習のつまずきの要因・背景を把握する新たな学力調査の先行実施や校内適応指導教室の整備など不登校等児童生徒対策の強化に取り組みます。

▲ページトップ

ゆとりの創出

第4次産業革命を好機とした生産性革命

AI/IoT等の新たなデジタル技術の集積と人材の育成を図るとともに、本県の強みであるものづくりのプロセス全体のデジタル化を推進します。

島しょ部傾斜地農業に向けたAI/IoT実証事業

地域産業IoT等活用推進事業

事業費6億600万円

新たなデジタル技術を活用して、課題解決に向けた実証実験を県内外の民間企業等と共創して実施し、広島発の新たなソリューションの創出とデジタル人材の育成・集積を図ります。

「ひろしまものづくりデジタルイノベーション」創出事業

事業費10億7,200万円

産学官で連携した先端的な研究の実施や、県内大学と連携したデータサイエンス分野の人材育成などにより、ものづくりのプロセス全体のデジタル化を推進します。

▲ページトップ

地域活力の基盤づくり

中山間地域の地域力強化・都市圏の活力強化

都市と自然が近接している広島県の特徴を生かしながら、中山間地域の活性化や都市圏の活力強化に取り組みます。

ひろしま「ひと・夢」未来塾

福山駅前再生ビジョン

ひろしま里山・人材力加速化事業

事業費3,000万円

これまで発掘・育成してきた中山間地域の地域づくりリーダーの活動が主体的・継続的に展開されるよう支援するとともに、新たな人材の育成・確保に取り組みます。

チャレンジ・里山ワーク拡大事業

事業費3,400万円

中山間地域の地域資源を生かした、新しいワークスタイルの定着を図るため、関係市町と一体となってサテライトオフィスの誘致を促進します。

都市圏魅力創造事業

事業費700万円

広島都市圏及び備後圏域が、多様な人材を惹きつける魅力と活力ある地域となるよう、エリアマネジメントの推進などに、広島市や福山市と連携して取り組みます。

▲ページトップ

暮らしを楽しむ機会の創出

スポーツを核とした地域づくり

県民の皆さんが気軽にスポーツを楽しめる機会をつくるとともに、スポーツの持つ様々な力を活用して地域・経済の活性化を図ります。

FISE HIROSHIMA 2019

メキシコ体操選手団(地元ジュニア選手らによる出迎え)

スポーツを活用した地域活性化推進事業

事業費1,900万円

スポーツコミッションの設置に向けた準備や、アーバンスポーツの普及や裾野の拡大、選手の育成・強化を担うアカデミーの誘致など、スポーツを通じた魅力ある地域づくりやスポーツの成長産業化に取り組みます。

メキシコ選手団等事前合宿受入推進事業

事業費8,900万円

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、メキシコ合衆国等の選手団の事前合宿を県内各地で受け入れ、スポーツをはじめ、経済、文化等、幅広い分野での交流を行い、県全体の活性化につなげます。
詳細は4月号本編へ!

FISEワールドシリーズ広島2019開催支援事業

事業費5,000万円

アーバンスポーツ世界大会の広島開催を契機として、本県におけるアーバンスポーツの振興、地元経済の活性化につなげます。
詳細は4月号本編へ!

※事業費については、百万円単位で四捨五入

平成31年度の施策・事業の詳細はこちら


目次(その他の記事へのリンク)


【平成31年度施策・事業特集号】

知事メッセージ

【特集1】創造的復興による新たな広島県づくり

 

【ひろしま県民だより2019年4月号】

【特集1】メキシコ選手団が今年もやってくる!

FISE HIROSHIMA

【特集2】ひろしま版ネウボラ

保育士になりたい!復職したい!

【レシピ】ひろしまごはん「アサリと春野菜の簡単蒸し煮」

 

新着記事