logo2

logo

「ひろしま県民倉庫」は、広島県が運営する県政情報のポータルサイトです。 ひろしま県民テレビで出題するクイズの答えや過去放送回、ひろしま県民だよりの掲載情報などにいつでも パソコンやスマホから気軽にアクセスできます! その他にも、地上波や紙面には掲載しきれない、コンテンツを随時アップしていきますので、お楽しみに!

広島の旬の食材を使った簡単レシピを紹介!ひろしまごはん。

◎ 作り方
1タコは食べやすい大きさにそぎ切りに、トマト、キュウリ、豆腐はさいの目切りにする。
2豆腐以外の①をボウルに入れ、塩とレモン汁で全体をかるく和える。豆腐は最後に加える。
3フライパンにちりめんじゃこ、ニンニクのみじん切り、オリーブオイルを入れて弱火にかけじっくり香りを出す。
4皿に盛りつけ、③の熱したちりめんじゃこオイルを全体にかける。最後に刻んだ青シソを乗せて完成。
※熱したちりめんじゃこオイルをかけることで薄味でも美味しくいただけます。

タコ

瀬戸内で育ったタコは身が締まり、プリプリとした食感で、旨味、甘みがあるのが特徴。広島では梅雨が明ける「半夏生」の時期にタコを食べる風習があります。高タンパク、低カロリーで、疲労回復を助ける働きのあるタウリンを多く含み、夏バテ予防におすすめの食材です。

材料プラスでおもてなしレシピ

タコ、アボカド、トマトをわさび醤油で和えた簡単に作れる一品です。夏らしく、練り梅を添えました。

山口ようこ先生

管理栄養士、自宅で気軽に作れる家庭料理教室
「のほほんうさぎの週末しあわせごはん」を毎月開催。
基本の和食からハーブ料理まで、レシピは1,000を超える。

目次(その他の記事へのリンク)


【ひろしま県民だより夏号(令和元年7月1日発行)】

新着記事