logo2

logo

「ひろしま県民倉庫」は、広島県が運営する県政情報のポータルサイトです。 ひろしま県民テレビで出題するクイズの答えや過去放送回、ひろしま県民だよりの掲載情報などにいつでも パソコンやスマホから気軽にアクセスできます! その他にも、地上波や紙面には掲載しきれない、コンテンツを随時アップしていきますので、お楽しみに!

いよいよ7月から!東京2020オリンピック聖火ランナー募集!

聖火ランナー募集のHP画面

東京2020オリンピック競技大会の開幕まで、あと1年。 国内でも様々なイベントやキャンペーンなどが催されるようになってきました。 そして、広島県でも聖火ランナー募集が、いよいよ7月1日から始まります。 事前にその概要をチェックしましょう。

※ 写真は広島県ホームページ内、聖火ランナー募集ページの案内です。

広島県内では来年5月18日、19日に聖火リレーを実施

福島県をスタートし47都道府県を巡り、東京都へとつながる予定の東京2020オリンピック聖火リレー。 来年3月12日(木)にギリシャで採火された聖火は、3月20日(金)には宮城県航空自衛隊松島基地に到着し、3月26日(木)に福島県「ナショナルトレーニングセンターJヴィレッジ」を出発します。

広島県に聖火が届くのは、島根県に続いて25番目。 5月18日(月)に三次市をスタートして、県内12市町を、聖火ランナーが走ります。 三次市は、東京1964オリンピックの開会式で最終聖火ランナーを務めた坂井義則さんの出身地です。

広島県内では、平成30年7月豪雨災害から復興に向けて歩みを進める県南部の市町や、平和記念公園、嚴島神社を有する廿日市市など、以下のような日程・順番で聖火がつながります。

5月18日(月)

三次市→庄原市→東広島市→呉市→坂町→広島市

5月19日(火)

廿日市市→海田町→三原市→尾道市→府中市→福山市

※ルート概要、実施市町とその順番、セレブレーション会場など、上記の記載内容については、今後変更となる可能性があります。


気になる聖火ランナーへの応募方法は?

東京2020オリンピック聖火リレープレゼンティングパートナーによる応募受付も始まっていますが、東京2020オリンピック聖火リレー広島県実行委員会による公募は7月1日(月)から受付を開始します。 募集概要は、以下をご確認ください。

■ 応募要項

▼内容

  • 聖火が灯されたトーチを持ち、約200mを各自のペースで走行
  • 聖火ランナーの走行場所等は、東京2020組織委員会が別途指定
  • 東京2020組織委員会が支給するユニフォームを着用して走行

▼公募人数

23名 (23市町ごとに、各1名を選定)

※ 聖火リレー実施市町においては、1名ずつ追加となる場合があります。

▼応募要件 (主なもの)

  • 2008年4月1日以前に生まれた方 (2020年3月1日時点で18歳未満の方は、保護者の同意が必要)
  • 県内23市町のいずれかに、ゆかりのある方 (本人や家族等が居住、勤務先・学校がある等)
  • 国籍・性別は問わない
  • 参加料は無料 (集合場所までの交通費・宿泊費は自己負担)

など

▼募集期間

2019年7月1日(月)~8月31日(土)

▼応募方法

次の 1. または 2. のいずれかの方法により応募

  1. 県HP上のフォームから応募 (各市町HPからもアクセス可) 【応募フォームは7月1日午前9時から受付開始】
  2. 県内各市町に備付けの応募用紙による応募 (応募用紙に記載の宛先へ送付。8月31日(土)消印有効) 【7月1日から配架予定】

※ 応募にあたっては、申込者自身の自己PR・応募動機 (400字程度) と、申込者をランナーとして推薦する方からの推薦理由 (400字程度) の両方について、記入が必要となりますので、ご注意ください。

▼当選発表

2019年12月以降、当選者に順次連絡 (Emailまたは郵送)

▼問合せ

東京2020オリンピック聖火リレー広島県実行委員会 (事務局:広島県地域政策局スポーツ推進課内)
TEL : 082-513-2418

なお、詳しい応募要件や応募方法は、以下のサイトよりご確認ください。

聖火ランナー募集サイト 

東京2020オリンピック 聖火リレーのコンセプトは、「Hope Lights Our Way (英語) / 希望の道を、つなごう。 (日本語)」です。 皆さんも、日本全国をつなぐ聖火リレーにご参加ください!

新着記事