logo2

logo

「ひろしま県民倉庫」は、広島県が運営する県政情報のポータルサイトです。 ひろしま県民テレビで出題するクイズの答えや過去放送回、ひろしま県民だよりの掲載情報などにいつでも パソコンやスマホから気軽にアクセスできます! その他にも、地上波や紙面には掲載しきれない、コンテンツを随時アップしていきますので、お楽しみに!

菅田将暉さんが呉に!『アルキメデスの大戦』公開記念イベント

『アルキメデスの大戦』公開記念イベントの様子

7月26日(金)から公開される映画『アルキメデスの大戦』。 『永遠の0』、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズなどのヒット作を手がけた山崎貴監督の最新作です。 原作は『ドラゴン桜』、『インベスターZ』なども有名な三田紀房さん。 そして、主演の菅田将暉さんをはじめ、舘ひろしさんや柄本佑さん、浜辺美波さん、笑福亭鶴瓶さん、小林克也さんなど豪華キャストが出演していることでも話題です。 先日、映画と縁の深い地、広島県呉市で映画の公開記念イベントが開催されました!

主演の菅田将暉さんが登場!

映画のロケ地にもなった呉市。 戦艦大和の建造をめぐり、菅田さん演じる天才数学者が帝国海軍という巨大権力に立ち向かう物語であったことから、呉市海事歴史科学館「大和ミュージアム」がイベントの開催場所となりました。

大和ミュージアムに集まるイベント参加者

10分の1戦艦「大和」が展示される「大和ひろば」に菅田さんが登場すると、会場の熱気は一気に最高潮に! 菅田さんも、呉や大和に対する印象や想いを熱く語ってくれました。

菅田将暉さん

菅田さん このタイミングで、この場所 (大和ミュージアム) はアツいですね。 劇中でも大和の模型のシーンがあるんですけど、CGなんですよ。 実際に見られてうれしいです。 呉でのロケ (クライマックスのあるシーンの撮影) は、僕たちはお邪魔している立場だったんですが、周囲の皆さんにすごく快く協力していただきました。 他のロケ地は暑かったんですが、ここは気持ち良かったですね。 晴れている中で、白い制服が格好良いんですよ。 映画としても大事なシーンの撮影だったので、すごく思い出になっています。 広島のお好み焼きも食べました。 大阪人の僕が言うのもなんですが、最高ですね! たこ焼きより好きです(笑)。

当日は、この会場ならではのゲストとして、大和ミュージアム館長で海軍史研究家の戸高一成さんが登場。 菅田さんも参加者の皆さんと一緒に、戦艦大和について学ぶ機会もありました。

戸高一成さん(左)と菅田将暉さん(右)

戸高さん 映画を見させてもらったのですが、フィクションだとわかっていても、本物の大和の建造計画も実に絶妙に絡んでいて、おもしろかったです。 舘ひろしさんの山本五十六は、雰囲気が似ていますよね。 本物の当時の山本さんはもう少し若い年なんですが、迫力がよく出ていると思いますね。 大和の建造の予算は、いろいろな隠れ経費もあるので、菅田さん演じる櫂少佐でも本当の金額はおそらくわからない。 海軍本部で計算した数字は約1億4,000万円 (現在で言うと4,000~5,000億円) 。 ただ、当時の大蔵省に要求した予算は7,400万円と、実際の約半分の額で劇中の数字とほぼ同じ。 造り始めてしまえば何とかなるという思いがあったのだと思います。

菅田さん 今回の作品は史実を元にしたフィクションでしたが、結構当たっているんですね。

戸高さん 戦艦は元々使わないで平和を保つために造られていたんです。 でも、大和は完成した時には太平洋戦争が始まっていた。 いつ使っていいかという判断が、当時の日本の海軍にはできなかったのです。 いつかいつかと思っているうちに負けてしまったというのが実際の流れだったと思います。 戦艦大和には3,000人近くの海兵が乗っていて、生き残った人は1割弱でした。 ミュージアムには、生還者の方の証言や亡くなった方の遺書、想いを書き残したものなども展示しています。 菅田さんにも、皆さんにも見ていただきたいですね。

菅田さん 改めて映画の大きさと言いますか、日本の中でも大きい出来事だったんだと実感しました。 戦艦大和も知っていたし、戦争のことももちろん知ってはいましたけど、僕は実際に演じてみて、話を直接聞いてみて、良かったと思えました。 この映画は、何も知らない若い人とかこれからの時代の人たちに見てもらうと、知って良かったと思ってもらえる作品だと思います。

戸高さん この映画をご覧いただいて、大和を見て、大和の歴史や日本の戦争の歴史を深く考えてみてほしいですね。

菅田さん 26日から映画が公開します。 誰もが楽しめるエンターテイメントになっています。 戦争のことだったり、数学のことだったり、あまりライトには語れないことも入っている映画ではありますけど、ぜったい知って損はしない映画だと思いますので、ぜひご覧になってください。 よろしくお願いします!

菅田将暉さんと参加者で記念撮影

皆さんも映画館に、そして呉市や大和ミュージアムに足を運んでみてはいかがでしょうか? 大和ミュージアムには、県の復興PR施策「顔出しんさい!広島県」で設置された、かわぐちかいじ先生原作『ジパング』とコラボした顔出しパネルもありますよ!

顔出しんさい!広島県 - 『ジパング』とコラボした顔出しパネル

海とともに発展してきたまち「呉」。 呉市には、大和ミュージアムだけでなく、本物の潜水艦を展示した「てつのくじら館」や国内で唯一、潜水艦や護衛艦を間近で見られる公園「アレイからすこじま」、江戸時代に風待ち、潮待ちの港町として栄えた豊町御手洗 (大崎下島) など見どころもたくさん。 海自カレーや肉じゃが、冷麺、そしてお好み焼きなど、呉市にお越しいただき、呉ならではのグルメもお楽しみください。

最後に、映画『アルキメデスの大戦』主演の菅田将暉さんより広報課宛にいただいたサイン入り色紙を抽選で1名の方にプレゼント! ご希望の方は8月2日(金)までに、応募してくださいね。 (当選者の発表は、発送をもってかえさせていただきます。)

菅田将暉さんサイン色紙

プレゼント応募フォーム 

新着記事