logo2

logo

「ひろしま県民倉庫」は、広島県が運営する県政情報のポータルサイトです。 ひろしま県民テレビで出題するクイズの答えや過去放送回、ひろしま県民だよりの掲載情報などにいつでも パソコンやスマホから気軽にアクセスできます! その他にも、地上波や紙面には掲載しきれない、コンテンツを随時アップしていきますので、お楽しみに!

スポーツの秋。熱戦が続く、ワクナガレオリックの試合を初取材

ワクナガレオリックの試合の様子

皆さんは、ハンドボールのトップチームの試合を見たことがありますか? 日本ハンドボールリーグ (JHL) という国内最高のリーグがあり、男子10チーム、女子9チームが参加しているのですが、実は広島県には、このリーグに参加するチームが男子・女子ともに1チームずつあるんです。 スポーツネタが続いている感は否めませんが、やはり「スポーツの秋」ですし、スポーツ観戦大好き県民の一人として広報課職員が試合を観戦してきましたので、ぜひその様子を報告させてください。

初心者でも楽しめます

ワクナガレオリック メンバーのみなさん

先ほども述べたように、広島県にはJHLに参加するチームが2つあります。 男子は安芸高田市を拠点とする「湧永製薬『ワクナガレオリック』」、女子は広島市を拠点とする「イズミメイプルレッズ」です。 ワクナガレオリックは、JHL発足時から所属する古豪で、これまでにリーグ戦や全日本選手権などで数多く優勝しています。 (ちなみに、イズミメイプルレッズも7年連続リーグ優勝という記録を持つ強豪チームなんですよ。) 今回は、9月16日(月・祝)に広島市中区スポーツセンターで開催されたリーグ戦のホームゲーム、昨季王者のトヨタ車体「ブレイヴキングス」との一戦を観戦してきました。

ハンドボール

今回は、初めてのハンドボール観戦でした。 ルールもほとんど知らなかったので、事前に調べて会場へ向かいます。 コートの広さは、20m×40m。 コートの両側にゴールがあり、それぞれゴールキーパー1名がゴールを守ります。 コートプレーヤーは各チーム6名で、主にパスを駆使しながら、ゴールを目指して相手陣地に攻め込んでいきます。 ハンドボールというと、イメージするのはやはり華麗なジャンプシュートではないでしょうか? オフェンス時はゴールから6m離れた「ゴールエリアライン」の外からシュートしなければなりませんが、ライン内の空中に入って行うシュートは認められているため、ジャンプシュートが多く見られるそうです。 試合時間は前後半それぞれ30分。 にわか知識で細かいルールや選手のポジションまでは理解できませんでしたが、個人的には「サッカーとバスケットボールをミックスし、良いとこ取りをしたスポーツ」と感じました。

ワクナガレオリックの横断幕

試合前に会場に入ると、両チームが練習中。 スタンドでは、両チームの応援団がエールを送っていました。 ホームのワクナガレオリックの横断幕もインパクトがあります。 私も見よう見まねで、ワクナガレオリックを応援します。

ワクナガレオリックの試合の様子

そして、いよいよ試合開始。 「キュッキュッ」というシューズの音がよく響き、選手たちがコート上を右に左に駆け回ります。 パスや選手の動きが早く、目で追うのが精いっぱいなくらいです。 ジャンプシュートはやはりカッコ良かったのですが、そこに至るまでの正確なパス回しやシュートを阻む厚いディフェンス、一瞬の隙を突くパスカットなどは、生で観戦するからこそ迫力があり、息を飲む瞬間が多くありました。 会場内の実況アナウンスも、一体感を高めます。 皆さんにも、ぜひこの雰囲気を会場で感じてもらいたいですね。

試合は、前半が終了した時点で16対16の互角。 しかし、後半はブレイヴキングスの展開の速い攻撃が勝り、29対32でワクナガレオリックの敗戦となってしまいました。 ホームゲームの試合後には、サイン会も開催されるようで、私は時間の都合で参加できませんでしたが、ファンには魅力的な企画ですね。 9月27日時点で、ワクナガレオリックは3勝7敗と負けが先行しています。 次に向かって、がんばれ!レオリック!

この秋、ぜひ生でスポーツを観戦しよう

ワクナガレオリックの試合の様子

広島県にはワクナガレオリックをはじめ、広島東洋カープ、サンフレッチェ広島など県内に本拠地を置いて活躍する多くのトップスポーツチームがあり、多くの試合が開催されています。 平成28年社会生活基本調査 (総務省統計局) の結果によると、広島県は「スポーツ観覧」の都道府県別行動者率 (10歳以上人口のうち過去1年間にスポーツ観戦をした人の割合) で第1位。 47都道府県の中で最も生スポーツ観戦が盛んな県ということです。

 生スポーツ観戦が盛ん!?ランキング 全国1位! – 月刊こちら広報課「今月の注目数字」 (2018年2月)

ワクナガレオリックの試合もまだまだ続きます (男子のJHLリーグ戦は、来年2月末まで)。 皆さんも、ぜひ生で観戦し、会場でしか味わえない音、迫力を味わってみてください。 そして、目の前の選手に熱いエールを送りましょう。

私は、次は、ハンドボールの女子チーム「イズミメイプルレッズ」の試合を見たいなと思っています。 試合会場などを調べなくては!

新着記事