logo2

logo

「ひろしま県民倉庫」は、広島県が運営する県政情報のポータルサイトです。 ひろしま県民テレビで出題するクイズの答えや過去放送回、ひろしま県民だよりの掲載情報などにいつでも パソコンやスマホから気軽にアクセスできます! その他にも、地上波や紙面には掲載しきれない、コンテンツを随時アップしていきますので、お楽しみに!

Break through!広島ドラゴンフライズ地元開幕戦を観戦!

ダンクをするエチェニケ選手

ラグビーやバレーボール、体操、陸上、ゴルフ、野球など、この秋は注目されるスポーツの大会やリーグ戦などが数多くあり、観戦や応援、そしてご自身でのプレーなど忙しく過ごしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 バスケットボールも、13年ぶりの男子日本代表のワールドカップへの出場や女子日本代表のアジアカップ4連覇、NBAチームとの日本人選手との契約など注目を集める中、Bリーグの2019-20シーズンがいよいよ開幕。 B2リーグの広島ドラゴンフライズは、10月11日現在、西地区の首位とスタートダッシュに成功しています。 9月28日に開催された地元開幕戦を、広報課職員が取材、応援してきました。

今シーズンのスローガンは「Break through」

今シーズンのスローガン「Break through」

会場は、広島ドラゴンフライズのホームアリーナの1つ、広島サンプラザホール (広島市西区)。 会場に着くと、今シーズンのスローガン「Break through (ブレイクスルー)」があちらこちらで目に留まります。 実は、広島ドラゴンフライズの試合はもちろん、プロのバスケットボールの試合を観戦するのは、今回が初めて。 会場には既にたくさんの人がおり、入口付近のお店やオフィシャルグッズ売り場も賑わっていて、自然と気持ちが高まり、これから始まる試合にわくわくしてきます。

広島ドラゴンフライズ 試合の様子

そして、会場内へ。 当日はまだ残暑の厳しい9月末。最高気温は30度を超えていましたが、当然ながら会場は屋内で、そして涼しい…! 屋外のスポーツ観戦では汗だくになっていたことを思い出し、快適な環境に感動すら覚えます。

試合は、とにかく熱い!

ダンクをするエチェニケ選手

この日の対戦チームは、昨シーズン西地区優勝の「熊本ヴォルターズ」です。 この相手に勝たなければ、今年も優勝はありません。 試合が始まると応援にも力が入り、興奮はすぐにMAXに。 飲み物も食べ物も喉を通りません。涼しいはずの会場が、とにかく暑い、いや、熱い! 試合中は、もう1プレー1プレーに目が釘付けでした。

ゴール下のエチェニケ選手私が感じた、バスケットボール観戦の魅力は「スピード」と「パワー」。 選手がコート上を走り回り、一瞬で試合展開が変わる「スピード」と、選手同士が力と技術でせめぎ合う「パワー」。 一見、相反するような2つの要素が入り混じって、間近で見ていると本当に迫力がすごい!

当日、私が注目した選手は3人。 一人目は、今季、島根から移籍してきた、#8グレゴリー・エチェニケ選手。 特に、ゴール下でのボールの取り合いは「パワー」の発揮のしどころで、エチェニケ選手が圧倒的な存在感を発揮します。 周りに相手選手が何人いようともお構いなし。 豪快に、着実に得点を重ねていきます。強い!

スリーポイントシュートを打つ朝山選手

二人目は、#2朝山正悟選手。 38歳のベテランですが、若い選手と遜色ない、スピーディーな動き! また、要所でスリーポイントシュートを決める姿は「さすが」の一言に尽きます。 この日は、来場者全員に朝山選手モデルのTシャツが配られたので、着て応援しました。

古野選手のディフェンス

そして、もう一人、気になる選手を発見。 この日の対戦相手の熊本ヴォルターズから今年移籍してきた、#30 古野拓巳選手。 ポイントガードとして、ゲームを組み立てる選手です。 優勝、そしてB1昇格を目指し、広島ドラゴンフライズでの活躍も期待しています!

B1昇格を目指して、がんばれ!

広島ドラゴンフライズ チアの皆さん

試合は、101対51で、見事に広島ドラゴンフライズが勝利! 試合前の練習を含め、90分ほどの観戦でしたが、あっという間でした。1Q (クォーター) 10分×4Q の試合中はもちろん、一時的に試合が中断するタイムアウト時や、各クォーター間のインターバル・ハーフタイムの時も、チアの方々やMCの方が会場を盛り上げてくださり、終始、会場の一体感を感じることができました。

観客に挨拶する広島ドラゴンフライズのメンバー広島ドラゴンフライズは、現在B2 リーグを戦っています。 が、戦力も補強し、チーム、ファンをはじめとした地域が一丸となって挑むことで、今年こそ悲願のB1昇格の壁を突破 (Break through) しましょう!!

10月12日・13日には東広島運動公園体育館で、10月16日にはマエダハウジング東区スポーツセンターで、10月26日・27日には広島サンプラザホールでそれぞれホームゲームがあります。 皆さんも、会場でこの熱さを感じてみてください! そして、来年開催の東京オリンピック・パラリンピック。 もちろん、バスケットボール・車いすバスケットボールも実施競技です。 そういった視点でも、バスケットボールに注目してみてはいかがでしょうか?

新着記事