logo2

logo

「ひろしま県民倉庫」は、広島県が運営する県政情報のポータルサイトです。 ひろしま県民テレビで出題するクイズの答えや過去放送回、ひろしま県民だよりの掲載情報などにいつでも パソコンやスマホから気軽にアクセスできます! その他にも、地上波や紙面には掲載しきれない、コンテンツを随時アップしていきますので、お楽しみに!

【特集】2020年の広島はとびっきりにあふれている! 1


2020年の広島県は、いつにも増してとびっきりのイベントなどが県内各地で開催され、出会いや笑顔、感動のきっかけにあふれています。これらの機会に参加して、皆さんも欲張りな1年にしてみましょう。


FISE WORLD SERIES HIROSHIMA 2020

期間:2020年4月3日(金)~4月5日(日)
会場:広島市中央公園など

アーバンスポーツの祭典が今年も広島を熱くする!

昨年は延べ10万人以上が来場し、大いに盛り上がったFISE。今年は、東京オリンピックで日本人のメダル獲得が期待されるBMX パークや、初めて国際体操連盟の世界選手権として開催されるパルクールなど、7種目を実施。世界を代表する選手達が広島に集結します。

選手も参加した記者発表。「競技をより知ってもらえるようにがんばりたい」と、広島出身の西川佳宏選手(BMX フリースタイル フラットランド/2枚目の写真・右から2番目)。

FISE WORLD SERIES HIROSHIMA 2020(外部サイト)


第37回全国都市緑化ひろしまフェア「ひろしま はなのわ 2020」

期間:2020年3月19日(木)〜11月23日(月・祝)※開催期間は会場によって異なります。
メイン会場:中央公園(旧広島市民球場跡地を中心とする区域)及びその周辺
協賛会場:国営備北丘陵公園、県立せら県民公園、県立びんご運動公園、県立みよし公園
スポットイベント会場:県内23市町のスポットイベント会場(150を超えるイベントを開催)

国内最大級! 花と緑の祭典

「全国都市緑化フェア」としては、初めて県内全ての自治体が主催者となって開催します。過去最長となる250日間、花や緑の地域資源の「環」をつないで、豊かな地域づくりの「輪」、笑顔の交流の「話」、平和を基調とする国際交流の「和」を広げ、花と緑が広島県におおきな「わ」をつくります!

「♬「花笑(はなえみ)」ひろしまから花と笑顔と平和の わ ♬」をテーマに、250日間にわたり県内全域で開催。「STU48」がフラワーアンバサダーを務め、イベントを盛り上げます。

県や各市町にゆかりのあるキャラクターで結成された「はなのわ応援隊」もイベントを盛り上げます。

メイン会場のイメージ

ひろしま はなのわ 2020(外部サイト)


ひろしまQuest

実課題や実データを使ったAI人材育成が本格始動!

県内の大学生や高専生などを主な対象とする、AI人材(特に、データの利用や活用についての思考や企画力を持つ人材)の育成プラットフォーム「ひろしまQuest」がスタート。県内企業や自治体の実際の課題やデータを使い、「砂場(サンドボックス)」のように試行錯誤しながら、知識や知見を共有していくことが特徴です。将来的には、より実践的な技術を習得したAI人材と企業とのマッチングなども期待されます。

オンライン学習プログラムは、誰でもいつでも受講できます。4月以降には、AI開発コンペなどを開始する予定です。

ひろしまQuest(外部サイト)


ミタイケンひろしませとうち広島デスティネーションキャンペーン

期間:2020年10月1日(木)〜12月31日(木)

ここでしか体験できない“広島ならでは”がいっぱい!

大自然の絶景を観る「観タイケン」、美味しいグルメを味わう「味タイケン」、アクティビティを体験する「実タイケン」、伝統や文化を感じる「魅タイケン」。この4つの「ミタイケン」を軸に、まだ体験したことのない広島の魅力と感動に出会える大型観光キャンペーンを、JRグループ6社や地方自治体、地元観光事業者、旅行会社が一体となって展開します。秋に向けて観光客の皆さんをお迎えする準備が進んでいます。

海、山、文化、食など、広島県の多彩な観光資源を「観・味・実・魅」の切り口で紹介。

ミタイケンひろしま(外部サイト)


瀬戸内しまなみ海道・国際サイクリング大会 サイクリングしまなみ2020

日程:2020年10月25日(日) ※エントリーは4〜5月頃開始予定

世界に誇る絶景の中を走ろう!

日本では唯一、供用中の高速道路本線を走行できる大会。昨年11月にナショナルサイクルルートに指定された「しまなみ海道」の魅力を堪能できます。

サイクリングしまなみ2020(外部サイト)


縮景園 築庭400年

四季折々に美しい名園。

広島藩主・浅野長晟 (ながあきら)の命により、茶人としても知られる上田宗箇(そうこ)が元和6(1620)年に築いた「縮景園」。築庭400年の今年は、様々な催しを行う予定です。

縮景園(外部サイト)


MÉXICO AMIGO!
メキシコ選手団事前キャンプ

東京2020大会に向けてメキシコ選手団がやってくる!

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、2018年から広島で事前合宿を行っているメキシコ選手団。今年はいよいよ本番を直前に控えた出場選手がやってきます。ぜひ、オリンピックで活躍が期待される選手達の技に間近で触れてください。

Interview

ソフトボール メキシコ代表 #8

ビクトリア・リア・ビダルス選手

尾道の人たちにこんなに歓迎してもらえるとは想像していませんでした。食事もすごくおいしいですし、手厚いサポートに本当に感謝しています。練習以外の時間には、高校生に書道を教えてもらったり、小学生と交流したり、楽しく有意義な時間を過ごすことができました。
オリンピック出場が決まり、尾道で合宿をしたことは、チームとしてとても良いスタートとなりました。オリンピックは子供の頃から夢に見てきた舞台。ぜひメダルを取りたいです。広島の皆さんにも「GO!メキシコ」と応援してもらえると嬉しいです。

広島県キャンプメヒコ公式サイト(外部サイト)


新着記事