5月 18, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

IINが設計したカルティエの新しい日本本社を見回します

カルティエの日本本社:互換性のあるブランドの説明

東京を拠点とするスタジオIINは、カルティエの新しい日本本社を設計しています

東京の半蔵門地区にあるカルティエの新しく改装された日本本社は、エレガントで控えめなキャプションであるだけでなく、マルケスの視覚的アイデンティティをオフィススペースに効果的に変換する方法についての静かな研究です。

東京を拠点とするスタジオIINの場合、特に課題は、カルティエの従業員が最高レベルでブランドアイデンティティを感じ、触れることができるシステムを作成することです。 「カルティエはどのようにして関連する贅沢の本質を職場にもたらすことができますか?」 スタジオの創設者であるデルイ陽平と湯山宏に聞いた。 解決策として、オープンプランのスペースでは、色、特別に指定されたテキスタイル、照明(天然および合成)が使用されました。

カルティエに長い間関連していた色である赤は、戦略的な場所に現れます。石英布で覆われたホワイエのシルクの円形ソファの上にあります。 京都を拠点とする職人ホーチミンが、畳を高くした台の上に作成しました。 そして、スタッフのロッカールームのアクセント。 もう1つのカルティエの特徴であるシャンパンゴールドは、垂直の床から天井までルーバーパネルに表示されます。 日本で最も古いカーペット供給業者の1つである山形絨毯によって織られた絹の敷物。 ビジューテーブルスタンド; 圧縮シャンデリアとウォールアート。 そして、拡大された中央の作業台の上の金属ストリップさえ。

あらゆる点で、ムードボードは確かな贅沢であり、穏やかな日本の存在感に覆われたフランスのブランドの調和のとれた解釈ではありません。 そして、皇居の庭園の荒野の景色から始めましょう。

これは平均的な偉業ではありません。 照井さんや湯山さんが指摘するように、オフィススペースは機能性が高く、ブランドアイデンティティを明らかにするという限られた目的しかありません。 しかし、カルティエの日本本社でのカップルの仕事が示すように、架空のオフィスでは、スタッフが「毎日深くブランドアイデンティティを感じ、触れる」ことができます。 ⁇

READ  日本経済は堅実なコストで回復し、オミクロンの雲の見通し