12月 3, 2023

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

USAG Japan、JAMA JCIスポーツクリニックと初の共同イベントを開催 | 記事

USAG Japan、JAMA JCIスポーツクリニックと初の共同イベントを開催 | 記事












1/3

タイトルを表示 +
タイトルを隠す –


エピナ・ミネルヴァ出身のプロサッカー選手、リュウジ・ヴァン・デューセンは11月25日生まれ。 2023 年 3 月 3 日、日本の坂見原ファミリー住宅地区で行われた青少年スポーツクリニックで、子供たちがサッカーの正しいキャッチ方法を示しています。 在日米陸軍駐屯地とJAMA青年会議所の共催となる初めてのイベントで、日米の子どもたち約150名が参加。
(画像クレジット: Sean Kimmons)

原文を見る




2023年11月3日、日本の坂見原ファミリー住宅地区で行われた青少年スポーツクリニックの前でサッカーの練習を受けるトロイ・ギブソン君(6歳)。約150人の日米の子供たちが参加したこのクリニックは、米軍が共催した初のイベントとなった。 ギャリソンジャパンとJAMA青年会議所。








2/3

タイトルを表示 +
タイトルを隠す –


2023年11月3日、日本の坂見原ファミリー住宅地区で行われた青少年スポーツクリニックの前でサッカーの練習を受けるトロイ・ギブソン君(6歳)。約150人の日米の子供たちが参加したこのクリニックは、米軍が共催した初のイベントとなった。 ギャリソンジャパンとJAMA青年会議所。
(画像クレジット: Sean Kimmons)

原文を見る




坂上原ファミリー住宅地区、11月 2023年3月3日、日本の相模原市ファミリー住宅地区で行われた青少年スポーツクリニックの終わりに歓声を上げる子どもたち。 約150人の日米の子供たちがこのクリニックでサッカーとチアリーディングのスキルを学びました。この種のクリニックは米国が共同で主催する初めての試みでした。 日本陸軍駐屯地とJAMA青年会議所。








3/3

タイトルを表示 +
タイトルを隠す –


坂上原ファミリー住宅地区、11月 2023年3月3日、日本の相模原市ファミリー住宅地区で行われた青少年スポーツクリニックの終わりに歓声を上げる子どもたち。 約150人の日米の子供たちがこのクリニックでサッカーとチアリーディングのスキルを学びました。この種のクリニックは米国が共同で主催する初めての試みでした。 日本陸軍駐屯地とJAMA青年会議所。
(画像クレジット: Sean Kimmons)

原文を見る

日本、坂見原市住宅地 — 金曜日、約150人のアメリカ人と日本人の子供たちが、文化的理解を高めるためにここで行われたサッカーとチアリーディングのクリニックに参加した。

このクリニックは、在日米陸軍駐屯地とJAMA青年会議所が共催する初のイベントとなった。

イベントのキックオフとして、USAG Japan 副司令官のジェニファー L. ピーターソン氏は、無料クリニックに参加したりボランティア活動をしてくれた皆さんに感謝し、その中にはエピナ・ミネルバのプロサッカー選手も子供たちのために訓練を行っていた。

「ジャマ・ナガルの地元コミュニティから多くの参加者に会えてうれしいです」と彼は言いました。 「今回のスポーツ交流を通じて、地域との友好をさらに深めていきたいと思います。」

JAMA JCI会長の井上勇人氏は、アーン小学校の隣の運動場でのイベントの開催を手伝ってくれたギャリソン氏に感謝すると述べた。

「私たちはアメリカと日本の子供たちに同様の機会を提供したいと考えています。 [with] お互いに異なる文化や言語に触れ、グローバルな視点を与えましょう」と彼は言いました。 それがこのイベントを企画した理由です。

このイベントには、アーン小学校と地元の日本人学校の1年生から6年生までの児童が招待されました。

参加者はいくつかのチームに分かれてフットボールのパスやキャッチ、40ヤードダッシュなどのさまざまな訓練を行い、別のグループの子どもたちはフィールドの反対側で応援の練習をした。




2023年11月3日、日本の坂見原ファミリー住宅地区で行われた青少年スポーツクリニックで、参加者にサッカーボールを渡すボランティア。 約150人の日米の子供たちが参加したこのクリニックは、米陸軍駐屯地が共同で主催する初のイベントとなった。 日本とJAMA青年会議所。








1/4

タイトルを表示 +
タイトルを隠す –


2023年11月3日、日本の坂見原ファミリー住宅地区で行われた青少年スポーツクリニックで、参加者にサッカーボールを渡すボランティア。 約150人の日米の子供たちが参加したこのクリニックは、米陸軍駐屯地が共同で主催する初のイベントとなった。 日本とJAMA青年会議所。
(画像クレジット: Sean Kimmons)

原文を見る




2023年11月3日、日本の坂見原ファミリー住宅地区で行われた青少年スポーツクリニックで準備運動をするアメリカ人と日本の子供たち。 在日米陸軍駐屯地が主催する初めてのイベントで、クリニックには約150人の子どもたちが参加した。  JAMA青年会議所。








2/4

タイトルを表示 +
タイトルを隠す –


2023年11月3日、日本の坂見原ファミリー住宅地区で行われた青少年スポーツクリニックで準備運動をするアメリカ人と日本の子供たち。 在日米陸軍駐屯地が主催する初めてのイベントで、クリニックには約150人の子どもたちが参加した。 JAMA青年会議所。
(画像クレジット: Sean Kimmons)

原文を見る




2023年11月3日、日本の坂見原ファミリー住宅地区で行われた青少年スポーツクリニックで、チアリーディングのトレーニングの指示を待つアメリカ人と日本の子供たち。 約150人の日米の子供たちが参加したこのクリニックは、初の共同イベントとなった。 在日米陸軍駐屯地とJAMA青年会議所。








3/4

タイトルを表示 +
タイトルを隠す –


2023年11月3日、日本の坂見原ファミリー住宅地区で行われた青少年スポーツクリニックで、チアリーディングのトレーニングの指示を待つアメリカ人と日本の子供たち。 このクリニックには、日米両国の子ども約150人が参加し、共同で開催された初のプログラムとなった。 在日米陸軍駐屯地とJAMA青年会議所。
(画像クレジット: Sean Kimmons)

原文を見る




2023年11月3日、日本の相模原市ファミリー住宅地区で青少年スポーツクリニック中にサッカーボールをキャッチする日本の小学生。 約150人の日米の子供たちが参加したこのクリニックは、米陸軍駐屯地が共同で主催する初のイベントとなった。 日本とJAMA青年会議所。








4/4

タイトルを表示 +
タイトルを隠す –


2023年11月3日、日本の相模原市ファミリー住宅地区で青少年スポーツクリニック中にサッカーボールをキャッチする日本の小学生。 約150人の日米の子供たちが参加したこのクリニックは、米陸軍駐屯地が共同で主催する初のイベントとなった。 日本とJAMA青年会議所。
(写真提供: ショーン・キモンズ)

原文を見る

冠秀和さんは娘と息子を連れて、プロサッカー選手や士気・福祉・レクリエーション関係者らによるサッカー訓練を実施した。

彼女は、子供たちが学校でチラシが配布されたときにこのイベントのことを知り、娘もアメリカ文化にとても興味があるので参加したいと言いました。

冠さんは「子供たちには国際経験を積んでもらいたい」と語った。 「とても近いので、この機会に子供たちにこの二国間イベントを体験してもらいました。」

第1軍団(前線)兵士の妻であるブリン・ライリーさんは、娘が応援する間、2人の息子にサッカーの訓練をさせ、その後、観衆に向けてデモンストレーションを行ってイベントを終えた。

「ここでは私たちがバブルの中に生きているような気がするので、こうした超党派の活動をするのは素晴らしいことだ。 [our children] 日本の子供たちに会わなければなりません。」

ライリーさんは、子供たちに日本文化への理解を広げる機会を与えるために、家族で屋外イベントによく参加していると語った。

言葉の壁があるにもかかわらず、ライリーさんは、子どもたちがこうしたイベントでランダムな日本人の子どもたちと友達になり、彼女に紹介してくれると語った。

「彼らはいつも戻ってきて、『これは私の友達です』と言うのですが、私は『彼らの名前は何ですか?』と思いました。」 彼らは『分からないけど、友達だよ』って言うんです」と彼女は笑う。 「私たちがどこにいても、子供たちが子供であるのを見るのは彼らにとって良いことです。」

関連リンク:

日本米陸軍駐屯地ニュース

USAGジャパン公式サイト

READ  セルフレジでの盗難が増加しているため、日本の小売業者は対応を調整している