9月 28, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

USMNT は友好的な損失で日本に答えがない

USMNT は友好的な損失で日本に答えがない

デュッセルドルフ、ドイツ – ワールド カップのキックオフまであと 2 か月を切り、米国男子代表チームは日本との試合に磨きをかけることを望んでいました。前半の両サイドでのゴール 鎌田大地 そしてその 三苫 薫 2-0で勝つために。

結果は、アメリカ人が試合を通して完全に同期していないように見えたため、チーム USA の不運なパフォーマンスを示しました。 この終盤になっても、米国のヘッドコーチであるグレッグ・バーハルターにはやるべきことがいくつかあることは明らかです。

ジャンプ先: プレイヤーの評価 | | 最高/最低のパフォーマー | | ハイライトとハイライト | | 試合後のコメント | | 主な統計 | | 今後の試合


早い反応

1. 米国は日本のマスコミに対して答えを持っていない

Berhalter は、チームが前線でプレーすることを望んでいることがよくあります。 しかし、この日、日本はアメリカ人に彼らの薬の味を与え、それは完璧に機能しました. 例としては、24 分に逆転した日本のゴールです。 ウェストン・マッキーニー 転機のきっかけとなった 森田秀政 鎌田は最後の横足まで大きく開いていた マット・ターナー 米国のターゲットで。

また、米国はあらゆることに反応するのが遅く、時には恥ずかしがり屋のように振る舞うこともありました。 ワールドカップが近づくにつれ、それは緊張の状態なのか、それとも安全なプレーの状態なのか? それはありそうもない。

日本の圧力の有効性は、米国がそれを脅かす可能性のある場所にめったに立ち入らないことを意味した 権田修一 日本戦では、前半の日本のペナルティエリアでのタッチはわずか5回で、2019年以来の親善試合でのUSMNTのタッチが最も少なかった. セルジーノ・デスト 魅力的なクロスを贈る イエス・フェレーラ 8分、FCダラスのストライカーがヘディングでクロスバーを越えた。 フェレイラのトップでの物理的な存在感の欠如と、 クリスティアン・プリシッチ ノックアウトのせいで、アメリカチームのボールとの闘いは 2 倍になった。 米国はより脅威に見えた ジョシュア・サージェント 後半ですが、あまりありません。

– ESPN+ でストリーミング: LaLiga、Bundesliga、MLS など (米国)

米国が後ろからプレーすることの難しさを考えると、これは中盤の問題であり、バックラインの問題でもあった. アメリカンディフェンスの入手方法について。

2. ターナーは全米ナンバーワンのジャージを手に入れましたか?

米国は、ターナーがわずか1ゴール差で前半に入ったことに感謝しなければなりませんでした。 特に、13分には相手からのギブアウェイから明らかにネットに入っていたところを鎌田からセーブ。 ウォーカー・ジマーマン それはすごかった。 彼はまた、胸をうまくコントロールし、彼が想定されていたルーチンのセーブを行いました.

唯一の不満は、場合によってはターナーの分布で、ボールとの接触と精度が標準以下でした。 彼は、ワールドカップまでの残りの数週間でそれを研ぎ澄ます必要があります。

ゴールキーパーのスタート地点をめぐる戦いで、鼻を前に突き出すだけで十分でしたか? そう思うに違いないが、Berhalter はずっと以前から弱みを持っていた ザック・スティーブン. その答えは、11 月まで確実にわからないでしょう。

3. 限界プレーヤーはほとんど効果がない

名簿の最後のいくつかのスポットを争うプレーヤーにチャンスが訪れた日、あまり動きはありませんでした。 両方 レジー・キャノン そしてその マーク・マッケンジー 彼らは代替の役割でうまくクリアしましたが、他に注目すべきことはあまりありませんでした. 前菜に関しては、 サム・ヴァインズ 彼は在庫をまったく改善しませんでした、同じことが当てはまりました アーロン・ロング試合のペースを楽しみにしている選手はいなかった。

実際、どちらかといえば、この日は負傷したプレーヤーの不在が私たちに教えてくれる日でした. 攻撃でプリシッチ、 ユネス・ムサ ミッドフィールドと クリス・リチャーズ 防御の中心では、全員ができるだけ早く回復する必要があります。


プレイヤーの評価

合衆国: マット・ターナー 8、サム・バインズ 4、アーロン・ロング 4、ウォーカー・ジマーマン 5、セルジーノ・デスト 5、 ルカ・デ・ラ・トーレ 4、 タイラー・アダムス 4、ウェストン・マッキニー 3、 ジョバンニ・リナ 5、イエス・フェレイラ 4、 ブレンダン・アロンソン 5

サブ: ジョーダン・モリス 5、マーク・マッケンジー 6、ジョシュ・サージェント 5、レジー・キャノン 6、 マリク・ティルマン 5、ジョニー・カルドソ 5

日本: 権田修一 5、 冨安 武宏 6, 酒井宏樹 7、 中山雄太 7、 吉田麻耶 6, 遠藤 渉 8, 久保建英 7, 森田メディマサ 6, 伊藤潤也 6、鎌田第一7、 大山まいだ 6

サブ: ダニエル・シュミット 5、しょっとまちの5、 伊藤宏樹 5、三苫薫 7、 ドゥアン・リツ 5、原口元気 N/R


最高のパフォーマーと最低のパフォーマー

ベスト:鎌田第一、日本。 選りすぐりの選手がたくさんいました。 遠藤は中盤でショーを運営し、酒井と中山のセンターバックコンビが全体を通して構成されていたが、鎌田はうまく狙いを定め、他のいくつかの素晴らしい援軍に関与した.

最悪: Weston McKinney、アメリカ合衆国 同じことがスペクトルの反対側にも当てはまりましたが、鎌田のゴールにつながるシーケンスに火をつけ、パスの 69.2% しか成功しなかったというマッキニーの寄付は、他のものより際立っていました。


ハイライトとハイライト

数字と付随するグラフは、日本に対する米国の無力さを物語っている。

日本は三笘のナイスショットで最後の仕上げを行い、キャノンと残りのアメリカの守備陣を打ち負かしました。


試合後:選手・監督の声

バーホルター: 「やるべきことがある。明らかに改善する必要がある」

バーホルター: 「私たちはキャラクターを持ってプレーする必要があり、クールにプレーする必要があり、ハードにプレーする必要があります。これらのことを行うとき、私たちは本当に良いチームです。しかし、そうでないとき、私たちは平均的なチームです.」


主な統計 (ESPN Statistics and Information 提供)

今年の米国は、11 月のワールドカップ出場権を獲得したチームに対して 1 勝 3 敗 2 敗となっています。

READ  「私が男だったらいいのに」と、腹痛がフランスオープンを終えるとき、チェン・チンウェンは言います

金曜日は、2021 年 10 月のワールドカップ予選でパナマに 1-0 で敗れて以来、USMNT チームが枠内でシュートを失ったのは初めてのことでした。

ターナーの 6 セーブは、2019 年 1 月に就任したバーハルターの米国のゴールキーパーに次いで 2 番目です。


次の

合衆国: USMNT は、火曜日にムルシアでサウジアラビアとの親善試合を行うためにスペインに向かいます。 米国の決勝戦は、11 月 21 日のワールドカップ グループ ステージの開幕戦であるウェールズとの試合の前に行われます。

日本: さらに 2 つの親善試合が予定されています。 最初は火曜日にエクアドルとデュッセルドルフで開催されます。 その後、11 月 17 日にドバイでカナダと対戦し、11 月 23 日のワールド カップでドイツと対戦するわずか 1 週間前です。