7月 30, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本がミャンマーからのイラン人の国境を引き締める

日本政府は水曜日に、コロナウイルスの非常に伝染性の高い新株の拡散を防ぐために、ミャンマーやイランを含むいくつかの国への訪問者に対する国境制限を強化すると発表した。

土曜日に発効する国境管理措置の変更パッケージでは、ミャンマーからの訪問者は、到着後6日間は指定された施設に滞在し、3日目と6日目に追加のウイルス検査を受けるよう求められます。

イラン、オマーン、米国オクラホマ州、ミズーリ州、およびイヴァノヴォとウラジミールからの旅行者も、指定された施設で3日間の隔離を観察し、3日目に高コロナウイルス検査を受ける必要があります。

現在、パキスタンから来る人々には6日間の隔離が必要であり、これは10日から短縮されており、3日目と6日目にテストを繰り返す必要があります。

ウガンダから来る乗客は、6日から3日の隔離を観察するように求められます。

エジプト、スウェーデン、米国のニューメキシコ州の人々は、検査結果が陰性の場合、指定された施設に滞在する必要はなくなりますが、日本に入国してから14日以内に自己隔離する必要があります。


関連する報道:

専門家は、オリンピック期間中の東京での「複雑な」COVID蜂起について警告します

イタリアとトルコは来週から日本の予防接種パスポートを受け入れます

WHOのリーダーは東京オリンピックでCOVIDリスクをゼロにすることはできないと言います


READ  ドミノの日本のフィッシュアンドチップスピザの奇妙な点は、フィッシュアンドチップスではなく、味のテストです。