2月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

「ネズミ鉱山労働者」救出:インドで閉じ込められたトンネル労働者はどのように救出されたのか

「ネズミ鉱山労働者」救出:インドで閉じ込められたトンネル労働者はどのように救出されたのか

シルキャラ(インド)(ロイター) – インドのヒマラヤ山脈のトンネルに労働者41人が閉じ込められている瓦礫を突破しようとして重機が故障したとき、当局は同国で事実上禁止されている職業「ネズミ穴採掘」の人々のグループを召喚した。 。」

掘削機は残骸のほぼ4分の3を水平に掘ることができたが、火曜日に閉じ込められた作業員に到達するのは、狭い空間を掘ることに熟練した6人の鉱山労働者にかかっていた。

救助隊は17日間の試練の末、残骸に押し込まれた幅広のチューブを介して車輪付き担架に乗った作業員を無事救出した。

「大変な仕事でしたが、私たちにとって難しいことは何もありませんでした」と鉱山労働者の一人であるフィロズ・クレシさんは、夜間に掘った後、顔に白い粉をかぶってトンネルの外で同僚たちと立っていた。

2台目の掘削機が故障したため、「ネズミ採掘労働者」たちは月曜遅くに作業を開始し、閉じ込められた男性たちに到達できるのは60メートルのルートのうちわずか15メートルだけとなった。

彼らはそれぞれ3人からなる2つのチームに分かれて作業し、1人が土を掘り、2人目が瓦礫を集め、3人目が瓦礫をパイプから押し出した。

彼らは24時間以上働いたと述べた。

6人の鉱山労働者のうちの1人であるナセル・フセインさんは、「漏洩後にトンネル内で彼らを見たとき、私たちは彼らを家族の一員であるかのように抱きしめた」と語った。

ラットホール採掘は、北東部のメガラヤ州で石炭の薄い層を採掘するために広く使用されている危険で物議を醸している方法ですが、2014年に環境裁判所が環境破壊と多数の死者を理由にこの行為を禁止しました。

救助活動に参加した鉱山労働者の中には、石炭採掘には関与しておらず、デリーで訓練を受けたと述べた人もいる。

地面に穴を掘るネズミに似ていることからこの名前が付けられました。 ピットが大きいため、ほとんどが子供である労働者が石炭を取り出すためにロープやはしごを使って降りることができますが、多くの場合、適切な安全対策や換気対策が講じられていません。

メガラヤ州の「ネズミピット」鉱山では、2019年1月まで1か月以上閉じ込められ、少なくとも15人の鉱山労働者が死亡した。権利団体によれば、このような鉱山で1万人から1万5千人が死亡したと同州で起きた多くの悲劇の1つである。 2007 年から 2014 年の間。

この行為はインドが炭鉱を国有化し、国営コール・インディア・コーポレーションを独占した1970年代に違法となった。

しかし、多くの小規模鉱山所有者は、違法に石炭を採掘するために背の低い人や子供を雇用し続けており、州の遠隔地と低品質の石炭を考慮して連邦政府は介入しなかった。

(シルクヤラのサウラブ・シャルマとニューデリーのシヴァム・パテルによる報告)、編集:アンガス・マクスワン

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権の取得、新しいタブが開きます
READ  ニコライ・ペスコフ:プーチンのスポークスパーソンの息子がウクライナでワグナーに加わった