4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

「戦前」の欧州、ポーランドのトゥスク首相、ロシアの脅威を挙げて警告

「戦前」の欧州、ポーランドのトゥスク首相、ロシアの脅威を挙げて警告

ヴォイテク・ラドワンスキー/AFP/ゲッティイメージズ

トゥスク氏はドイツメディアのインタビューで「戦争はもはや過去の概念ではない」と語った。



CNN

ポーランド首相 ドナルド・タスク 同氏は、欧州は「戦前の時代」を経験しているものの、テロの脅威に立ち向かう準備が整うまでにはまだ「長い道のり」があると警告した。 ロシア

「戦争はもはや過去の概念ではない。戦争は現実であり、2年以上前に始まった。現時点で最も懸念されるのは、文字通りどんなシナリオも起こり得るということだ。我々はそのような状況を目撃したことがない」とタスク氏は語った。金曜日に掲載されたドイツの新聞ディー・ヴェルトとのインタビューで語った。1945年以来。」

「特に若い世代にとって、これが壊滅的に聞こえることは承知していますが、戦前の時代という新しい時代が始まったという事実に私たちは慣れなければなりません。誇張ではありません。それは日に日に明らかになってきています。」

ロシアがフルレンジを発売して以来 ウクライナ侵攻 2022年2月、欧州の指導者や軍当局者らは、紛争が国境付近の他国に広がる可能性について懸念を強めた。 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、ロシアがNATO諸国を攻撃する意図があることを繰り返し否定してきた。

ロシアの戦争は冷戦後の地政学的秩序をひっくり返し、数十年にわたる軍事予算の減少を経てヨーロッパは防衛をより真剣に受け止めることを余儀なくされ、国境沿いの国々にはより厳しい措置をとるよう迫られている。

スウェーデン そして フィンランド 最近NATOに加盟しましたが、中立国として有名なスカンジナビアの2か国にとっては2年前までは考えられなかったことです。 バルト三国では、 エストニア そして リトアニア NATOの最低額であるGDPの2%をはるかに超えて国防予算を増額した。 そして モルドバウクライナと国境を接するアラブ首長国連邦は長年ロシアの干渉に脆弱であり、欧州連合への歩みを加速している。

一方その頃、トリオは フランスドイツ ポーランド、いわゆる「ワイマール・トライアングル」は、再軍備を進め、ロシアのさらなる侵略から自国を守る大陸の取り組みを主導してきた。

オッド・アンダーセン/AFP/ゲッティイメージズ

2024年3月15日、ドイツのベルリンにて、ドイツのオラフ・ショルツ首相、ポーランドのドナルド・トゥスク首相、フランスのエマニュエル・マクロン大統領。

トゥスク氏は昨年の総選挙後に政権に復帰し、以来約10年ぶりにポーランドを欧州の主流に復帰させようと努めている。 権威主義的な統治 ポピュリズムの法と正義党のもとで。

ドイツとロシアの間に位置するポーランドは、強力な守備の重要性を長年理解していた。 今年のポーランドの軍事予算は国内総生産の4%以上で、これはNATOガイドラインの2倍だった。 また、ロシアの侵略から逃れてきた数百万人のウクライナ人も歓迎した。

ポーランドは先週末、ロシアの巡航ミサイルがウクライナを標的にしたと発表した。 領空に入った発生頻度 2年以上の戦争中、モスクワに説明を要求した。

欧州は防衛を強化しようと努力しているにもかかわらず、トゥスク氏は大陸は「まだ長い道のりがある」と述べた。 同氏は、米国との強力な同盟関係を維持しながら「防衛に関しては独立して自給自足」すべきだと述べた。

ジョー・バイデン米大統領はウクライナ支持を堅持し続けたが、前大統領は ドナルド・トランプ 同氏は先月、11月に再選されれば、国防費のガイドラインを遵守しないNATO加盟国に対して「望むことは何でも」行うようロシアに奨励すると述べた。

トゥスク氏は「米国の大統領が誰であろうと、われわれの使命は大西洋を越えた関係を強化することだ」と述べた。

トゥス氏はまた、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領がテロ攻撃を悪用する可能性があると警告した。 クロッカス市庁舎 モスクワでは、ウクライナ戦争を激化させる口実として。

同氏は、チェチェン武装勢力がロシアで800人を人質とした2002年の出来事を思い出しながら、「プーチン大統領がそのような悲劇を自らの目的のために利用していることは歴史から分かっている」と付け加えた。 モスクワのドゥブロフカ劇場 2004年、チェチェンの反政府勢力が学校で1,200人の子供と大人を人質に取ったとき ベスラン、ロシア南部。

プーチン大統領は証拠を一切示さなかったものの、この攻撃を準備したのはウクライナだとすでに非難し始めている。 「ウクライナの民間施設に対するますます暴力的な攻撃を正当化する必要性を同氏が感じていることは明らかだ」とトゥスク氏は述べた。

READ  BRICSサミット:アフリカにおける中国とロシアの影響力はいかに増大しているか