6月 16, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

「東京木材」の魅力を伝えるショールームをオープン

「東京木材」の魅力を伝えるショールームをオープン

Japan 2 Earth で全文を読む – 「東京木材」の魅力を伝えるショールームをオープン

東京都は、多摩地域の樹木の利用拡大を目指して開設しました。 東京もぐナビショールーム 9月15日。 新宿パークタワー内に位置し、東京の木製品の展示と情報を発信する施設です。

多摩の木材は主に建築材として使われています。 このショールームの目的は、日常の消費者に地元の木を使ってもらうことです。

タマが樹木を認定

東京都は、2006年に多摩木材の認証制度を導入しました。 多摩認定木材の基準を定める制度です。 生産から販売までの流通過程をシステムに登録した事業者が担うことなどが盛り込まれている。

この方法の出現により、タマの木の利用が急速に増加しました。 多摩木材センター組合は、東京都域内で唯一の木材市場を運営しています。 2006年当時、同社が取り扱う木材のうち多摩産材はわずか3割程度だった。 2021 年までに、この数字は 90% に達すると予想されます。

東京木材製品は、2023年9月15日に東京の新宿パークタワーにある多摩木材の東京もくナビショールームで展示されます。 (©産経・吉澤友美)

スギなどの花粉症の原因となる樹木の使用増加が全国的な問題となっている。 こうした考えに沿って、都は地産地消を実現しています。 タマの木は、花粉対策のために伐採された木を東京都の公共施設で利用しています。 「この方法なら、木が余るということはない」と組合の代表者は言う。

全文を読んでください 日本 2 地球 新しい東京もぐナビショールームについて詳しくはこちらをご覧ください。

そして、私たちの新しいウェブサイト、Japan 2 Earth (J2E) では、環境と未来への変化を促す SDGs 達成の課題に関する素晴らしい記事を見つけることができます。

関連している:

(日本語で記事を読んでください。)

著者:吉澤友美

広告


READ  オリンピックのGoogleDoodleゲームは日本への美しい賛辞です