5月 23, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

『The Blind Side』の著者、マイケル・オヘア氏が支払いを拒否し、トゥーイ家を擁護すると語る – その他

『The Blind Side』の著者、マイケル・オヘア氏が支払いを拒否し、トゥーイ家を擁護すると語る – その他

『The Blind Side: The Evolution of a Game』の著者であるマイケル・ルイスは、ショーン・トゥーヒーとリー・アン・トゥーヒーに対するマイケル・オヘアの告発に答えた。

「ブラインド・サイド」の中心人物であるNFLスターのオヘアさんは、テューイ夫妻がオスカー受賞作からの利益を拒否し、実際にオヘアさんを養子にせず、その代わりにオヘアさんをだまして夫妻をボディーガードに仕立て上げたと主張した。

ワシントン・ポスト紙のインタビュールイス氏は、テューイ夫妻がこの映画で数百万ドルを稼いだ一方、オーアー氏には補償がなかったというオーアー氏の主張を否定した。

「誰もがハリウッドのスタジオシステムに怒るべきだ」とルイス氏は語った。 「マイケル・オヘアは作家のストライキに参加すべきだ。ハリウッドの会計の仕組みはとんでもないが、その金はトウヒーのポケットにあるわけではない。」

ルイス氏はワシントン・ポストに対し、20世紀フォックスは『ブラインド・サイド』の権利として25万ドルを支払ったが、作者はそれをトゥーイ家と折半したようだと語った。 テューイ夫妻は、オアー氏を含む家族間で分け前を平等に分けたと主張した。 税金とエージェント手数料を差し引いたルイス氏は、記事オプションとして約7万ドルを手に入れたと同紙に語った。 さらにルイスは、サンドラ・ブロック、ケントン・アーロン、ティム・マグロウ、リリー・コリンズを含むキャストに映画の純利益の分け前を提供したと述べた。

税金とエージェント料を差し引いたルイス氏とトゥーイ家は、「ブラインド・サイド」で約35万ドルを稼いだという。 ワシントン・ポスト紙によると、「ルイス氏は、トゥーイ家がオーアー氏を含む家族間で印税を分け合う計画だったと述べたが、オーアー氏は印税の小切手を拒否し始めた」とルイス氏は述べ、トゥーイ氏一家がオーアー氏の取り分を財団に預けていたと信じていると語った。オアー氏の息子のための信託基金。」

ルイス氏は、2年前にオヘア氏から電話があり、『ブラインド・サイド』について話し合ってお金を稼ぐための講演ツアーを行うことについて尋ねられたと付け加えた。 著者はそのアイデアをエージェントに持ち込んだようですが、何も生まれませんでした。

「本当に悲しいのは、すべてを間近で見ていたことだ」とルイスさんは語った。 彼らは彼にリソースと愛を注ぎました。 彼らを疑うのは素晴らしいことです。 こんなことをする人はどんな精神状態にあるのだろう――彼には同情するよ。」

オヘア氏は嘆願書の中で、トイ家と二人の実の子供たちが22万5000ドルと「特定された純収益」の2.5%を「ブラインドサイド」から受け取った一方、オヘア氏は何も提示していないと主張した。 オヘア氏は2007年に自分の生命の権利を「一切の支払いなしで」20世紀フォックスに譲渡する別の契約に署名したとされているが、オヘア氏はその契約書に署名した覚えはなく、もし署名したとしても誰も署名しなかっただろうと述べている。彼にその影響について警告した。 (20世紀フォックスは最終的にこの映画を製作することはなく、アルコン・エンターテインメントが製作し、ワーナー・ブラザースが配給した)

オヘア氏は請願書で、テネシー州の裁判所に対し、判決を打ち切り、トゥーイ夫妻が自身の名前と肖像を使用することを禁じる差し止め命令を出すよう求めている。 元ボルティモア・レイブンズ選手でスーパーボウル優勝者でもある彼は、トゥーイ家がオアーの名前を使って稼いだ金の全額の説明も要求している。 同氏はテューイ家に対し、「利益の公平な取り分」と「不特定かつ懲罰的な損害賠償」を求めている。

オヘアの弁護士、J.J. Gerard Strech 4、すぐに 多様なコメントリクエスト。

READ  カイリーアービングの最新情報| 噂のフープ