6月 13, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

いすゞ、日本初のBEV平床路線バス「エルガEV」を導入

いすゞ、日本初のBEV平床路線バス「エルガEV」を導入

いすゞ自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長兼COO:南 伸介、以下「いすゞ」)は、本日、蓄電池式電気自動車(BEV)平床路線バスの第一弾シリーズ「エルガEV」を発売します。 (ショートホイールベースアーバンモデル)、日本で。 同バスは昨年10~11月に開催されたジャパンモビリティショー2023で世界初公開された。 エルガEVは、ゼロエミッションBEV技術を取り入れた日本初のフルフラットフロアデザインのバスです。 エルガEVは日本における次世代バスの導入をリードし、公共交通機関におけるカーボンニュートラル(CN)に向けた機運を推進します。


フルフラットフロア設計により乗客の快適性と利便性が向上


高電圧バッテリーのレイアウト

日本政府の「2050年カーボンニュートラル実現によるグリーン成長戦略」では、バス事業者に脱炭素化への取り組みを求めている。 いすゞでは、決められたルートを走行する路線バスを中心としたCN電源としてBEVが大いに期待できると考えています。 また、来年4月には2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)の開幕が予定されており、技術の進歩したBEV交通バスへの期待も高まっています。 いすゞは、長年にわたる商品開発の経験を活かし、乗客、ドライバー、道路状況を考慮したBEV路線バスを開発しています。

主な特長

エルガEVは、リアアクスルの両側にモーターを搭載した「インアクスルモーター」の採用により低床化を実現。 バッテリーパックを車両後部の屋根下と床下に配置することで、フロントエントランスから後部座席まで段差のないシームレスなレイアウトを実現し、柔軟性を最大限に高めています。 乗客の快適性と安全性が大幅に向上しました。 BEV のスムーズな加速と低騒音・低振動により、快適性が大幅に向上しました。

エルガEVは、従来の路線バスと同等の航続距離とディーゼルエンジン車と同等の運動性能を実現※1。国内標準の350V充電器で20%から充電可能な高電圧バッテリーを採用。 3.2時間で80%(V2L運転※3)。

安全

ERGA EVは、従来のディーゼルモデルと同等のドライバビリティを備えながら、安全性とドライバーの快適性を優先し、運転席周りの計器や制御装置、クリープ性能も同様に備えています。 先進安全装備では、路線バスとしては国内で初めてドライバーの異常を検知し、坂道でも安全に車両を停止させるDSM※4とEDSS※5をエルガEVに搭載しました。 また、バスにはブラインドスポットモニターが装備されており、バス周囲の歩行者や自転車を検知して警告し、事故の回避に貢献します。

繋がり

エルガEVには、バスとしては初めて、車両の運行状況を遠隔監視できるいすゞの先進コネクティッドサービス「PREISM」を搭載。 PREISMを利用することで、バス事業者はバッテリーの充電状態(SOC*6)や航続可能距離を監視できるため、BEVバス事業者にこれまでと同様の安心感を与えることができます。

BEV路線バスの運行には急速充電器の使用が必要となり、ピーク時の需要増加により電気料金が増加します。 このため、いすゞの運行管理サービスでは、充電スケジュールや遠隔充電管理の機能を拡張し、バス乗務員のエネルギー管理システムとの連携も可能とした。 同サービスは、発電量予測に基づいた充電スケジュールを実施することで、バス事業者の電気料金削減に貢献する。

いすゞは、「世界を動かす – For You」という企業使命のもと、お客様、社会、すべてのステークホルダーが直面する課題の解決に取り組んでいきます。

※1 航続距離は外気温、エアコンの使用状況、乗車人数などにより異なります。
※2 急速充電(CHAdeMO)、外気温20℃における充電出力50kWの場合。
※3台積載必須となります。 日本で施行されている規格(EVPS-004:2014)に準拠しています。
※4 ドライバーステータスモニター
※5 緊急運転停止システム
※6 責任のレベル。 バッテリーの充電残量を示します。

ゼルガEV ショートホイールベースアーバンモデル 主な仕様

タイプ ZAC-LV828L1
長さ×幅×高さ 10,545mm×2,485mm×3,330mm
ホイールベース 4,990mm
モーターの種類 AC誘導モーター
最大出力・最大トルク 250kW(125×2)/960N・m(480×2)
電池のタイプ リチウムイオン電池
バッテリー容量 245.3kWh(社内参考値)
充電方法 急速充電(CHAdeMO)
運賃ごとの走行制限 360km(定速30km/時、国土交通省届出値)
最小回転半径 7.8m
座席定員 乗客70名

「目標販売数量」

150台/年

東京地区の希望小売価格

ZAC-LV828L1型
59,801,800円(消費税込み65,781,980円)

ソース: いすゞ

READ  日本の独占禁止機関がGoogleに対し、Yahoo!に影響を与える広告検索制限を修正するよう命令した。