6月 25, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

この病気について専門家が語ること

この病気について専門家が語ること

キャサリン妃は「予防化学療法のコース」を受けていると語った。

ウェールズ王女キャサリン妃は、がんと診断され、治療の「初期段階」にあることを明らかにした。 彼女がどのような種類のがんを患っているかは不明だが、腫瘍学者らは、彼女がビデオメッセージで説明したこと、つまり「腹部の大手術」中にがんが発見されたことは非常によくあることだと述べた。 金曜日に発表された公式声明の中で、キャサリン妃は1月に腹部手術を受けた後に診断を受けたと述べた。 彼女の状態は当初、癌ではないと考えられていたが、その後の検査で「癌の存在が示された」と付け加えた。 さて、キャサリン妃が受けた手術についての憶測はせずに、英国王女の癌について専門家が知っていると述べていることを以下に挙げる。

に話しかける ニューヨークタイムズイェールがんセンターの婦人科腫瘍医であるエレナ・ラトナー博士は、女性が子宮内膜症を治療するために手術を受けるケースについて説明した。子宮内膜症とは、子宮内膜に似た組織が腹部の他の場所で見つかる状態である。 ラトナー医師によると、子宮内膜症が卵巣に現れ、良性の卵巣嚢腫を引き起こしたのではないかと考えられていることが多いという。 しかし数日後、良性組織が調査され検査されたとき、病理学者は癌を発見したと報告した。

医師らはまた、キャサリン妃が「予防化学療法のコース」を受けていると述べたことにも注目した。 これも一般的であり、医療現場では通常、これが補助化学療法と呼ばれていると彼らは説明した。

こちらもお読みください | キャサリン妃は、英国で癌に直面した3人目の王族となる。 残りの2つはこちら

イェールがんセンター所長のエリック・ウェイナー博士によると、術後補助化学療法は「さらなる問題を防ぎ」、がんの再発を防ぐことが期待できるという。 また、アーカンソー医科大学ウィンスロップ・P・ロックフェラーがん研究所所長マイケル・ベアラー博士は、これは手術で見えていたものを「すべて取り除いた」ことを意味すると述べた。

同紙によると、ベアラー博士は、微細ながん細胞が存在する可能性があるため、がんを見ることはできないと付け加えた。 彼は、化学療法は微細な病気を攻撃する方法であると説明しました。

別途ご相談ください CNN米国癌協会の最高経営責任者(CEO)であるカレン・クヌッセン博士は、予防化学療法は癌の再発の可能性を減らすための「補助」治療として手術後によく使用されると説明しました。

キャサリン妃が1月に手術を受けて以来、公の場から姿を消しており、健康状態についての憶測が高まっていることは注目に値する。 さらに、英国国王チャールズ3世が前立腺肥大の手術後にがんと診断された後に、このショック診断が下された。

READ  「スーパーナチュラル」俳優ジャレッド・パダレッキ「ラッキー・トゥ・ビー・アライブ」がパートナーのジェンセン・アクレスを明らかに