6月 13, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

なぜ日本の都市の半分が100年後に消滅の危機に瀕するのか

なぜ日本の都市の半分が100年後に消滅の危機に瀕するのか

今はなき雑誌『日本と日本人』の 1920 年 4 月号では、当時の著名人、知識人、文化人約 370 名が寄稿し、100 年後にこの国がどうなるかについての特集が掲載されました。

当時の政府林務局長の鶴見早紀夫氏は、同国の人口は2020年までに5倍近くの約2億6000万人に増加し、現在のほぼ2倍になると予測した。 早稲田大学の帆足理一郎教授は、政府支出のほとんどが教育に集中すると予想していたが、実際には高齢化により社会保障費が増加した。 国民英語会英語学校の会長である磯部弥一郎は、漢字が廃止され、英語が日本の第二公用語として採用されるだろうが、これは今日の日本の教室やオフィスの言語的現実とはかけ離れている、と書いている。

ただし、すべての予言が完全に暗示されているわけではありません。 医師の敷津林月氏が推測したように、医学と衛生の進歩により、日本の平均寿命は実際に 80 ~ 90 歳に達しています(逆もまた同様です)。 42~43年くらいかな 1920年代初頭)。 技術の進歩により、太陽エネルギーからの電力の生成と貯蔵が可能になりました。これは土木技師の石橋綾彦氏が予見したことでした。

READ  日本で投獄された水兵の支持者がキャンプ・スミスでピケを張った