8月 9, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

なぜ日本は大声で絶え間なく鳴く蝉の鳴き声を本当に愛しているのですか?

日本の多くの人々にとって、季節の昆虫の信じられないほど大きな鳴き声ほど歓迎すべき音はありません。

日本の文化は季節の移り変わりに深く感謝しています。 だから、人々が詩的なワックスをかけるのをよく耳にするのです コヨ秋の紅葉ゆきみぶろ冬は雪の毛布に囲まれた野外温泉、 毎年春に咲く桜さくら

ああ、そしてもちろん、 mi-nmi-nの夏の叫びを指します 。 はい、不気味な虫の大きな音は、初心者には電線の音のように聞こえますが、多くの日本人の耳には音楽です。

▼証拠として、450万回以上再生された蝉の鳴き声の90分の動画をご覧ください。

なぜ日本は蝉(または日本語で呼ばれるセミ)の音にこんなに弱いのですか? より良いアイデアを得るために、私は日本のライティングチームのメンバーに尋ねました。

ケーシー:「ねえ、蝉の鳴き声についてみんながどう感じているのかしら。」

PK Sanjun: “大好きです。 まあ、それほど多くはないように聞こえますが、それは私にそれが感じさせる方法です。 「はい、夏はここにあります!」のようなものです。

羽鳥: “大好きです! 私を完全にシーズンに連れて行ってくれます。 聞こえないと緊張し始めます 完璧な夏がありません。「」

高橋原田: 「はい、それは夏の雰囲気の一部なので、私はそれが好きです。」

砂駒正貫: 「蝉の鳴き声が大好き!冬でももっと歌ってほしい!夏が大好きだからだと思います。ああ、でも蝉がスクリーンのドアにくっつくと怖いので、それをやめるために。私はそれが好きです。

中澤誠二: “大好きです。”

まあ、それはかなり満場一致でした。 しかし、多分それは後天的な味ですか?

ケーシー:「それで、あなたは子供の頃にそのように感じましたか、それともあなたが年をとるにつれてあなたの意見は変わりましたか?」

PK: 「私はいつもしたかったと確信しています」

行け: 「幼い頃から音が大好きで、少し変わっていません!」

高橋: 「私も、とても。」

マサヌキ: 「ええ。子供の頃は基本的に『夏休みの音』でした。

しばらく前に蝉のことを考え直した清治。 あなた

CG: 「私は数年前にそれが好きになり始めました。 実は33歳になるまでは夏が嫌いで、蝉の季節を思わせる音なのでなんとも迷惑だと思っていました。

誰かに何かしてもらうと夏は楽しい季節だといつも思っていましたが、10代、20代、30代前半には友達があまりいませんでした。 だから、夏の楽しいことをする人が誰もいなかったので、毎年夏が終わるまで待ちました。

でも今は一人でもサイトの読者と一緒に過ごしたい気がしますが、夏には面白いことがたくさんあります。 実際、私たちの記事の読者であるこの作品のおかげで、私は今夏が大好きで、蝉の鳴き声が大好きです。

▼セイジが夏をもっと前向きに見せるのを手伝ってくれてありがとう!

繰り返しますが、それは人々が好むように見える音ではなく、それが彼らに呼び起こす感情です。

ケーシー:蝉が歌うのを聞くと、その音はどのようなイメージや記憶を呼び起こしますか?

PK: 「蝉は地下で7年くらい過ごして、それから1週間しか出てこないんですよね?その7年の間に東京の何人かの人が地面をアスファルトで覆ったと計算しなければなりません。だから歌を聞くといつも思います」 「あなたはここにいます。」あなたはそこにたどり着くために一生懸命働いた! 7年かかりましたが、やったので、好きなだけ歌ってください!

行け: 「この音は、私がまだ幼い頃の夏休みの思い出をいつも思い出させてくれます。」

高橋: 「私は田舎で育ち、都会よりも蝉の数が多かったので、それを聞くと、まるで故郷の写真を見るようなものです。

マサヌキ: 「何が行われたかを覚えています ラジオディソ体操 夏休みの朝や、砂の上に建てられたその場しのぎのビーチハウスレストランでぶらぶらしています。」

CG: 「私が育った家の前の山の思い出がよみがえり、夏は夕方になります。田舎に住んでいて、雨がやんだら蝉が鳴り響き、まるで音の壁のようでした。 。エヴァンジェリオンマンガの第1巻には、「蝉がたくさんいて、他に何も聞こえない」という詩があります。そう感じました。」

現時点では 氏佐渡 議論に没頭している彼は、ご想像のとおり、やや独特の視点を持っています。

「蝉の鳴き声が好きか嫌いかは言えませんが、確かに夏のような気分にさせてくれます。子供の頃も田舎に住んでいて、山の近くにいたので蝉はとてもうるさくて迷惑です。ここ東京では、それほど多くはありませんでした。それほど悪くはありません。

日本には2種類のセミがあり、7月に出現するミンミンゼミやツクツクボシなどがたくさんあります。 でもひぐらしの声はもっと感情的です (ヒグラシ)。 彼らは8月下旬に歌い始め、彼らの音は私に悲しい、孤独な「夏の終わり」の気持ちを与えます。

▼悲しそうな気分ならひぐらしのなく頃に泣く動画。

私にとって、初めての日本旅行は蝉の季節とは一致しませんでした。 5年のギャップの中で、日本のテレビドラマやアニメを見るのに十分な時間を費やして、2位になり、サウンドの準備ができたので、夏の真ん中に2番目の旅行で日本に到着したとき、私は、 。 日本と言う蝉の鳴き声を聞いて、できる限り前向きに考えてみてください。 それ以来、毎年夏の一部を日本で過ごしており、環境から離れると耳には甘く感じられなくなったものの、それを聞くと毎年少しずつ心が温まります。 シーズンの最初のmi-nmi-n。

写真©SoraNews24
●SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? フェースブックでフォローしてツイッター

READ  日本のSkylarkが非接触食品のロボットウェイターをリリース