5月 17, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ほとんどの日本人はブースターショットの進歩に満足していません-調査

地元の人々は、2022年1月31日に、日本の東京にある日本国防軍が運営する集団免疫センターで、現代コロナウイルス(COVID-19)ワクチンの追加接種を受けるために登録しました。 Eugene Hoshiko / REUTERS経由のプール

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

東京、2月21日(ロイター)-ほとんどの日本人は、Kovit-19に対するブースターショットのリリースが遅すぎると考えており、岸田文雄首相のコロナウイルス発生への対処について、先週の国境規則緩和の決定を含め、さまざまなレビューを提供しています。 世論調査が示しています。

日本政府によるエピデミックへの対応に対する怒りは、岸田文雄の先駆者である須賀義ヒット政権を打倒するのに役立っており、岸田文雄は7月に参議院選挙に臨む。

週末の京都通信社の世論調査の回答者の約73%は、日本のブースターショットのリリースが2遅いと感じていましたが、全体で54.1%がコロナウイルスへの対処方法を認めていました。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

金曜日の時点で、約30%の人が65歳以上でしたが、ブースター不安のリスクが高いにもかかわらず、ブースターショットを受けたのはわずか12%でした。 続きを読む

岸田は先週の記者会見で、ブースターはまだ受け取っていないが、3月上旬にブースターを受け取る必要があると語った。

2日間の電話調査では、回答者の半数近くが国境管理の緩和は「早すぎる」と述べ、先進国の間では厳しいと述べたが、この動きは最初に行われる予定であると企業や学者に誹謗中傷されていた。 3月のフェーズ。 1.1。

約45.7%が観光客以外の外国人に国境を開放する決定が早すぎると述べ、京都は34.9%が「適切」であると述べ、16.3%が遅すぎると述べた。

全体として、岸田の支持はわずかに上昇して56.6%になりましたが、彼の政府の反対は2.2ポイント上昇して27.4%になりました。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

ElaineLiesによるレポート。 ジェリー・ドイルによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  日本の粗製機は懐かしい超小型本を販売しているので試してみました