10月 26, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

アジア太平洋地域の株式はウォール街のリバウンドで上昇を続けています-NBC5ダラス-フォートワース

  • 水曜日の朝、アジア太平洋地域の株式は取引で上昇した。
  • 中国本土の市場は水曜日の祝日は休業となります。

シンガポール-アジア-太平洋の株式市場は水曜日の朝に取引で上昇し、ウォール街で一晩ジャンプした後、月曜日の損失から株式が回復した。

日本では、 Nikki225 東証株価指数は0.92%上昇し、初期の取引では0.85%上昇しました。 韓国の コスビー 0.71%高い。

オーストラリアのシェアも上昇しました S&P / ASX200 約0.2%まで。

日本国外では、MSCIのアジア太平洋株の最も広い指数は0.12%上昇しました。

中国本土の市場は水曜日の祝日は休業となります。

一晩で、ダウ工業株30種平均は311.75ポイント上昇して34,314.67になり、S&P 500は1.05%上昇して4,345.72になりました。 ナスダックコンパウンドは1.25%上昇して14,433.83になりました。

火曜日の上昇にもかかわらず、ウォール街の3つの主要な平均はすべて1週間まだ下がっています。

コインとオイル

NS 米ドルインデックス、グリーンパックは同業他社のバスケットに対して93.984で、週の初めに93.9を下回っていました。

NS 日本円 ドルに対して111.53で取引され、昨日のグリーンバックに対して見られた111.2レベルよりも弱かった。 NS オーストラリアドル ハンドは$ 0.7285で変わり、昨日見られた$ 0.728を下回るレベルを上回りました。

原油価格は、国際基準により、アジアの取引時間中の朝に高かった ブレント原油の未来 0.16%から1バレルあたり82.69ドル。 米国の原油の未来 前払金は1バレルあたり0.2%から79.09ドルの範囲でした。

READ  日本がミャンマーからのイラン人の国境を引き締める