6月 16, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

アジア市場に関するライブ最新情報: RBA会議、中国との貿易

アジア市場に関するライブ最新情報: RBA会議、中国との貿易

1時間前

インドネシアの第1四半期GDPは過去3四半期で最も速いペースで成長

第1四半期のインドネシアGDP 前年同期比は5.11%上昇し、ここ3四半期で最も高い伸びを記録した。

この数字はロイターがまとめたエコノミスト予想の5%成長も上回った。

四半期ベースでは、東南アジア最大の経済大国は0.83%減を記録し、ロイター調査の予想0.89%を下回った。

– イム・ヒジ

3時間前

4月の売上高が20%近く増加したことを受け、フォックスコン株は7%近く上昇した

iPhoneメーカーのフォックスコンの株価は、同社が2019年に前​​年比19.03%の上昇を報告した後、最大6.73%上昇した。 4月の収入。

台湾で鴻海精密工業の名で事業を展開するフォックスコンは、3月の売上高4,475億4,000万台湾ドルに対し、4月には5,109億台湾ドル(158億3,000万米ドル)の売上高を計上した。

同社は、コンポーネント事業とクラウドおよびネットワーク製品が「力強い成長を遂げた」一方、スマート家電およびコンピューティング製品部門は「前年比で大幅な収益増加」を示したと述べた。

4時間前

円は対ドルで150円が抵抗となる:三井住友銀行

SMBCのエコノミスト、安部良太氏は、先週日本当局による2回の介入疑惑にもかかわらず、日本円は対米ドルで150円台の上値抵抗線に直面するだろうと予想する。

4月29日と5月2日に円が突然上昇したため、アナリストらは日本の財務省が通貨下落を食い止めるために円を買ったのではないかと考えている。

安倍首相はまた、円が再び安くならない限り、日本当局が介入する可能性は低いと述べた。 ただ同氏は、日米両国の中央銀行が金融政策を変更しない場合、日米の金利差は変わらないとも述べた。

東京時間午前11時18分現在、円は153円64銭で取引されている。

5時間前

4月の財新中国サービスPMIは52.5となった

特別調査により、中国におけるサービス活動の拡大が明らかになった 4月になって少し落ち着いてきました 3月から。

財新/S&PグローバルサービスPMIは4月に52.5となり、3月の52.7から低下した。

調査では「若干鈍化したものの、成長は再び力強く、現在は16カ月連続で続いている」としている。

PMI測定値が50を上回ると活動の拡大を示し、このレベルを下回る測定値は縮小を示します。

– シュレヤシ・サンヤル

6時間前

香港の民間部門は4月に緩やかなペースで拡大した

香港における民間部門の事業活動 S&Pグローバルによると、4月はより遅いペースで拡大した。

同市のPMIは3月の50.9から50.6に低下した。

S&Pグローバル・マーケット・インテリジェンスの経済部門アソシエート・ディレクター、ジンイー・パン氏は、この数値は第2四半期初めに業況が再び改善したことを示していると述べた。

しかしパン氏は、成長は「不安定な状況」にあるようだと述べ、4月の新規事業受注の減少などの将来見通しに関する指標は状況の悪化を示していると強調した。

– イム・ヒジ

7時間前

CNBCプロ: サムスンかSKハイニックス? ほとんどのプロによると、AI ブームに乗ってプレーするのが最善だという

AI ブームのおかげで、Nvidia のような大手テクノロジー企業が注目を集めており、他のチップメーカーもスポットライトを共有しています。

AIのサプライチェーンは広範囲に及びます。 これにはアジア太平洋地域の企業が含まれており、AI グラフィックス処理装置のメーカーからプリント基板まで多岐にわたります。

人工知能の台頭により、特にメモリーチップが注目を集めています。

メモリチップ市場はサムスンとSKハイニックスの2銘柄が独占した。

AIブームで最も優れたゲームはどれですか? CNBCプロはプロに話を聞いて調べた。

CNBC Pro 購読者はここで詳細を読むことができます。

– ウィージン・タン

7時間前

CNBC Pro: ゴールドマン・サックスが世界株の有罪判決リストを更新 – 67% 上昇


ゴールドマン・サックスは、世界のトップ銘柄のリストを更新し、いくつかを追加し、その他を削除しました。

これらのリストは「非難リスト – 監督版」と呼ばれ、ヨーロッパ全土とアジア太平洋地域の名前が含まれています。

投資銀行の「非難カットリスト」は、買いと評価される15~25銘柄の「厳選されたアクティブな」リストを投資家に提示しようとしている。

CNBC Pro 購読者は、ここで最新の追加情報について詳しく読むことができます。

– アマラ・バラクリシュナー

2024 年 5 月 3 日金曜日、午後 2 時 57 分(東部標準時)

ディフェンスETFが新高値を更新

チャートを参照…

欧州研修財団の歴史

同ファンドは2024年初めと比べて4%以上上昇した。

-アレックス・ヘリング、ジーナ・フランコラ

2024 年 5 月 3 日金曜日、午前 8 時 34 分(東部標準時)

米国経済が4月に追加した雇用者数は予想よりも少なかった

4月の非農業部門雇用者数報告では雇用増が17万5000人で、ダウ・ジョーンズが調査したエコノミスト予想の24万人を下回った。

労働統計局によると、失業率は前月の3.8%から3.9%に上昇した。

2月と3月の雇用者数の改定により、同期間に追加された累積雇用者数は2万2000人減少した。

-ジェシー・パウンド

2024 年 5 月 3 日金曜日午前 2 時 35 分東部標準時間

日本円は対米ドルで4.5%回復し、ここ1年で最高の週を記録した

日本円は対米ドルで152.93円で取引されており、月曜日には1990年以来の安値水準となる160.03円に達したにもかかわらず、1年以上で最良の週を終えようとしている。

バンク・オブ・アメリカなどのアナリストらは、月曜日と水曜日の週に日本の当局による介入が2回行われた可能性が高いと指摘した。 当局はまだ介入を確認する公式声明を発表していない。

CLSAの日本ストラテジスト、ニコラス・スミス氏はCNBCに対し、「政府は介入したか否かを明らかにすることを拒否しているが、疑問を抱いている人は多くないと思う」と語った。

円は月曜日に34年ぶりの安値を付けて以来、約4.5%回復した。

READ  ビットコインの2023年の上昇は40,000ドルに向けた7.5%の短期間の下落で静まる