2月 21, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

アジア野球選手権タイトル戦で台湾が日本に敗れた

アジア野球選手権タイトル戦で台湾が日本に敗れた

台北、12月 12日(CNA) 日曜日の夜、台北ドームで行われたトーナメントのタイトル戦で日本が台湾を1対0で破り、PFAアジア野球選手権大会で優勝した。

その結果、チャイニーズ・タイペイとして出場した台湾は、1954年に初めて大会が始まって以来、30回の出場で13回目の準優勝となった。

アマチュア選手が老舗クラブでプレーする訪問中の日本人選手は、圧倒的なトーナメントで20回目のタイトルを獲得した。

日曜夜の決勝戦に臨む台湾と、台湾の中国プロ野球リーグ(CPBL)のプロ選手が大半を占めるチームは、12月8日に延長戦で1対0で負けた日本にリベンジしたいと願っていた。

12月4日、先発投手の許承熙(徐若熙)は7イニングで10奪三振のパフォーマンスで韓国を白塗りし、日曜日には台湾にチャンスを与えるのに十分な好投を見せた。

CPBLの台湾シリーズMVPである23歳の火の玉は、先月、魏伝ドラゴンズの24年ぶりのCPBLタイトル獲得に貢献し、5イニングで4安打、8奪三振、自責点を許さなかった。 。

しかし、3回にこの試合唯一の得点を記録した。 1アウトとランナー1塁で、二塁手の矢野由紀亜が三塁手の劉基宏(劉基宏)にダブルプレーの可能性のあるバウンサーを打ちました。

劉選手は二塁でアウトを取りましたが、二塁手の林靖凱選手の送球は一塁手の頭上を越えて第一の井戸に入り、台湾側のダッグアウト上のネットに決まりました。

矢野は二塁に進み、中堅手・向山元樹の右中間へのラインドライブシングルで生還した。

日曜日にビジターチームと対戦した台湾は、日本にプレッシャーをかけるいくつかのチャンスを逃したが、1死一塁、三塁、四塁での1回を含む3つの併殺打となり、走者が盗塁を捕らえられた。

日本の先発・加藤瑞樹は6回無失点で5安打を放ち4奪三振、渕上義樹は7、8回に台湾を無失点に抑えた。

アマチュア野球チームのエネノスでプレーする25歳の左腕は、パキスタン戦で7イニングを完封し、再びトーナメントに出場した。

金曜日の夜、日本が台湾に初勝利した試合で8イニングを無失点で投げた加陽秀一郎が、9回に試合を締めくくるために日本に招集された。 成功するために。

嘉陽は11人の投手を必要としており、代打の陳聖平がストライクスリーを奪い、劇的な打席でチェンがリードを奪った。

彼は試合に負けて「みんなを失望させた」ことに非常に腹を立てていたと語った。

チェンさんは息を詰まらせながら、少なくとも一塁に到達するために全力を尽くしたが、それでも失敗し、負けたことに非常に残念だったと語った。

彼は試合後、チームキャプテンのナモ・ヤンと長い抱擁を交わしたと語った。

「ベストを尽くしたので、ナモ・アイヤンはもう十分だと言いました」とチェンさんは語った。

台湾はこれまでに2005年、2017年、2019年の3回、アジア野球選手権決勝で日本と対戦しており、前回大会では2019年に一度だけ勝利した。

2021年のシリーズは新型コロナウイルス感染症(Covid-19)のパンデミックにより中止となった。

1954 年に創設されたアジア野球選手権大会は奇数年に毎年開催され、1983 年からは夏季オリンピックの野球予選として機能しています。

日本、韓国、台湾が競争を独占している。

日曜日初め、韓国は台北ドームでフィリピンを7対0で破り、3位となった。

パキスタン、香港、パレスチナ、タイが8チームによるトーナメントの5位から8位を獲得した。

(ジョセフ・イェー著)

エンドアイテム/LS

READ  正しいオンラインカジノ選び:【Kajino】で考慮すべき要素とランキング!