6月 25, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

アナグマズはロバート・モリスが3ポイントラインからやけどを負いながらも生き残る

アナグマズはロバート・モリスが3ポイントラインからやけどを負いながらも生き残る

マディソン – プロビデンスでのチームの惨敗の原因となった失敗の長いリストを解き明かしながら、ウィスコンシン大のコーチ、グレッグ・ガードはオリーブの枝を伸ばした。

同氏は、選手たちが次の試合でどう反応するか見てみたいと語った。

周囲は明らかにリラックスしており、相手の攻撃性​​は低かったが、金曜日にコール・センターでロバート・モリスに78-68で勝利したことに対する大学の反応はまちまちだった。

ガードはいくつかの分野でうまくプレーし、特にボールを内側にドライブし、フリースローラインに到達した。しかし、ロバート・モリスは、3ポイントラインから30ポイントの素晴らしいアドバンテージを利用して、夜のほとんどを通して物事を興味深いものに保ちました。

アナグマズはプロビデンスに13点差で敗れ、シュート成功率58.5%を許した。 テネシーに10点差で敗れ、シュート成功率50%を許した。

最初の3試合で3ポイントシュート成功率31.7%、全体で36.7%を記録したロバート・モリスは、前半で3ポイントシュート15本中​​7本成功(46.7%)した。

結果は正方形です: ウィスコンシン 78、ロバート モリス 68

ウィスコンシン大学は前半に6本のスリーポイントシュートをすべて失敗したため、コロニアルズに21対0のアドバンテージを与え、37対35以内に留まることができた。

「守備面では我々は進歩している」とガードは語った。 「それは誰が見てもわかります。後半は一緒にプレーしてお互いをカバーし合うグループを見つけたと思いました。」

グループにはスティーブン・クロール、タイラー・ウォール、チャッキー・ヘプバーン、ジョン・ブラックウェル、カマリ・マギーが含まれていた。

「前半はペイントを守るという点ではうまくやれたと思っていたが、シューターに対してそれほど積極的に対峙できなかった」とワールは語った。

「後半では、それらのシュートを少しうまくブロックすることができました。」

ロバート・モリスは3ポイントシュート29本中13本成功(44.8%)、全体では52本中24本(46.2%)を成功させた。

ロバート・モリスのコーチであるアンドリュー・タルは、チームの3ポイントシュート成功率について「45パーセントまでは到達したいが、それは大差で国をリードすることになるだろう」と冗談を言った。 「一年中それをやっていれば、良いコーチに見えるだろう。

「ショットの選択についてたくさん話し合ったし、良いショットを確実に打てるようにしようとたくさん話し合った。早い段階で良いショットをいくつか打ったと思ったが、後半に難しいショットをいくつか打った。」

「それは普通に起こることです。」

アナグマ(2勝2敗)は月曜午後5時、フォートマイヤーズティップオフの開幕戦でバージニア(4勝0敗)と対戦する。

金曜日の夜に出場したガードは、コロニアルズ戦で3ポイントシュート成功率わずか30.4%、13本中わずか3本に終わった。

試合残り12分12秒でチャッキー・ヘプバーン(10得点)が青大初の3ポイントシュートを打った。 これは、アナグマが最初の8回の試みを失敗した後に起こりました。

UW がバスケット付近で優勢だったため、これらの数字は重要ではないことが判明しました。

アナグマはペイント内での得点で42対16とアドバンテージを保ち、フリースロー試投数はロバート・モリスよりも31本多かった。

ガードはスティーブン・クロールとタイラー・ワールがより安定してレーンでフィニッシュするのを見たいと考えていた。

このコンビは序盤からコートに攻め込み、前半だけで23得点を集め、合計34得点で終えた。

クロールはカリフォルニア大学の最初の3試合でシュート率44.4%にとどまり、9本中7本成功し、16得点で終えた。 しかし、クロールはフリースロー6本中2本しか成功させなかった。

プロビデンス戦で敗れた試合では9本のシュートのうち3本しか打てなかったが、5本のシュートのうち5本を成功させ、18得点、5リバウンドを記録した。

「もっと自分らしくある必要があると感じている」とワールは語った。 「それが私の目標でした。外に出てリムを攻撃することです。そして結果が現れました。」

ブラックウェルはわずか18分間のアクションの間、印象を与え続けた。 彼は後半に18得点すべてを獲得し、2リバウンド、2スティール、1アシストを加えた。 3ポイントシュートは3本中2本成功、全体では5本中4本成功、フリースローは10本中8本成功した。

「ショットを落としたり、ディフェンスをしたり、リバウンドしたりするとき、ちょっとしたことで自信がつきます」とブラックウェルは言うが、その自信はかなり高まっているようだ。 「床の上にいるほうが快適です。」

マギーは堅実な守備を見せ、17分間で6得点、1リバウンド、1スティールを加えた。

青学大は前半のフリースロー16本中11本成功(68.8%)にとどまり、40本中27本成功(67.5%)した。

「ペイントをすり抜けてリムでプレーしたいと思っていたので、それを実行した」とガードは語った。

コロニアルズは、1試合平均11.7得点以上を記録した選手4人を擁して臨んだ。

コロニアルズは前半で5人の選手が少なくとも1本の3ポイントシュートを打った。

ジャクソン・ラストは3ポイントシュート7本中4本を決めて16得点、ロバート・モリスはTJ・ウェインライトが3ポイントシュート4本中3本を決めて15得点を記録した。

ロバート・モリスは3ポイントラインからの圧倒的な優位性のおかげで僅差を保ったが、ブラックウェルが5連続得点を挙げてUWが53-50とリードを奪い、ウォールも続いてフリースロー2本中1本を決め、クラッチドライブからダンクと56得点を決めた。残り9分28秒で-50リード。

コロニアルズはタイムアウト明けにさらに3ポイントシュートを打ったが、クロールがインサイドで得点、ヘップバーンがレイアップで得点、ブラックウェルが2本の3ポイントシュートを決めて、残り6分34秒でUWが66-56とリードを築いた。

スリーポイントラインで決定的な失点を喫したにもかかわらず、ようやくウィスコンシン州立大学に一息つく余裕ができた。

「いくつかのショットをノックダウンしてくれたロバート・モリスの功績です」とガードは語った。 「そのうちのいくつかは私たちのミスだった。いくつかは難しいショットを打った。」

READ  2023 ブリーダーズ カップについて知っておくべきこと: 開始時間、お気に入り、投稿場所など