5月 20, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

アベノミクスに評価を与える:成長軌道から外れた有望なプロジェクト

アベノミクスに評価を与える:成長軌道から外れた有望なプロジェクト

アベノミクスの「三本の矢」は、低迷する日本経済の冬を生き抜いた若い世代に新たな希望をもたらした。 安倍晋三首相の第 2 次政権でアベノミクスの発展に関与した内閣府の主要な役人である著者は、このプログラムが日本にもたらしたものを再検討するよう促している。

市場を好転させる大胆な動き

安倍晋三首相が2期目(2012~20年)に進めたアベノミクス経済政策は、3本の「政策の矢」から成っていた。 これらの中で最も重要なのは、大胆な非貨幣化です。 2008 年の世界的な金融危機を受けて、世界中の政府が深刻な緊縮政策に着手しましたが、日本だけがより保守的なスタンスを堅持し続けています。 その結果、米連邦準備制度理事会が大規模な量的緩和の新たなラウンドを発表するたびに、円はドルに対して上昇しました。 80 円の壁が破られる頃には、日本の輸出産業は瀬戸際に追いやられていました。

日本が金融政策を実行しなかった理由の 1 つは、そのような動きが悲惨な結果をもたらすと予想していたことです。 日本のエコノミストの間で一般的な考えは、マネーサプライが緩んでいると、商業銀行は日本の銀行当座預金の多額を支払うための資金に沈み、経済的利益をもたらさないというものです。

しかし、結果は悪い結果にもかかわらずでした。 円高が続く中、日本の産業は空っぽになり、猛烈なペースで輸出された。 この傾向が抑制されなければ、日本経済が暗い未来に陥る可能性があることを恐れて、安倍首相は大胆な量的緩和プログラムで進路を逆転させました。 2012 年末に向けて、12 月 16 日の総選挙の結果、安倍政権が新政権を樹立することが明らかになったため、通貨市場はコースを反転させ始め、円安方向に動きました。 彼の政権が発効したとき、彼は長らく量的緩和アプローチの支持者であった黒田東彦を日銀総裁のオフィスに据えるために移動し、日本のデフレムードを消し去る任務を負った。

日本の株式市場はこれに積極的に反応した。 安倍政権が発足する直前の 2012 年 11 月には約 8,600 だった東京株式市場の日経平均株価は、政権が終了する 2020 年 8 月には 22,800 に近づきました。 2013 年 9 月、首相はニューヨーク証券取引所に現れ、「私のアベノミクスを買え!」と叫んだ。 (この時、韓国のアジョ大学で日本の新経済政策について講演を依頼されました。)

必要な消費税増税

2 つ目の矢は、堅調な政府支出が成長を刺激することを可能にする柔軟な財政政策です。 低迷している経済を活性化させるため、約10兆円の補正予算から始まった。 この新たな需要を生み出すための政府の取り組みを背景に、安倍首相は、2014 年 4 月に前政権の野田佳彦首相が決定した消費税率の 5% から 8% への引き上げを推進しました。 経済が安定し、成長の基盤を築くための十分な措置が講じられたとの認識にもかかわらず、成長の停滞期が続きました。 国民感情は経済にとって重要であり、日本では、消費税率の引き上げは国の経済的地位に打撃を与えると広く信じられています。 この点で、関税引き上げがこの反発を招くことは避けられない。

しかし、安倍首相の開発政策には、将来の世代のニーズを満たす社会保障制度など、日本の主要なシステムに資金を提供するために必要な重要なリソースを確保することを目的とした多くの措置が含まれています。 これらの資金を借り入れることは、今日の子供たちの明日の負担になるだけです。 その代案として、安倍首相は消費増税を提案することを恐れていません。

緊急支出に縮小された成長戦略

アベノミクスの第三の矢は、民間投資を刺激する成長戦略です。 この計画では、規制緩和などにより、個人や組織がその能力を最大限に発揮できる社会を実現します。 これらの詳細により、日本はグローバル企業がビジネスを行うのに世界で最も簡単な場所の 1 つになっています。また、労働者の賃金が上昇し、企業が生産的に利益を成長サイクルに投入している経済もあります。

第一の点に関して、安倍政権は、連合(日本労働組合総連合会)と回天連(日本経済団体連合会)を結集して、賃上げ協定を強制的に推進した。 賃金の上昇は、日本人労働者の購買力を高め、企業収益の向上と更なる賃金上昇の自律的なサイクルを生み出します。 しかし、国内の生産性の伸びは実現せず、賃金が停滞したため、この好循環は実現しませんでした。 高い生産性がなければ、高い賃金はありえません。

第 2 段階では、法人税率の引き下げなど、日本をよりビジネスに適した国にするためのいくつかの措置が講じられました。 これにより、11.5 兆円の追加投資が追加されましたが、日本の海外投資を 90.5 兆円上回りました。 悲惨な円の前の時代に事業をグローバル化した日本企業は、国内の目標よりも高い投資収益率を見れば、今では資金を海外に注ぎ込むことにはほとんど関心がありません.

こうした状況を変えるには、国内経済を活性化させ、国内企業の生産性を高めるしかありません。 これは、全企業の 70% が倒産し、法人税を納めていない中小企業にとって、特に緊急の課題です。 安倍総理はこのようにコレクションを持ち出すことに触発されました 3 つの新しい矢印、それは、希望を与える強い経済を構築し、家族が夢を追求できるように支援し、人々に安心を与える社会保障制度を改善することを意味します。 これらに加えて、働き方改革やワーク・ライフ・バランスの改革が行われました。

これらの政策が影響を与える前に、COVID-19 が到来しました。 政府はパンデミックによる経済への影響を軽減するために財政政策を断固実行しましたが、安倍首相の成長戦略は徐々に本質的に変化しました。 この戦略はもともと経済産業省がまとめたもので、私は内閣府の副大臣として安倍総理と計画の説明会に同席しました。 私たちに提示されたメニューには、経済を後押しするための深刻な支出は含まれていません。 成長戦略の組み立て方に根本的な変化が見られました。

より大きな支出、より大きな負債

最終的に、アベノミクス プロジェクトをどのように評価すべきでしょうか。 日本の30年にわたる目的のない経済成長という「失われた数十年」に終止符を打つ試みとして、高く評価されるべきだと思います。 この肯定的な評価は、安倍政権が若者の間で享受している支持にも表れています。 民主党の2009-12年のルールを日本にとって「悪夢」と呼ぶのは行き過ぎかもしれないが、「雇用氷河期」に打ちのめされた若い世代がアベノミクスをもたらすものと見なしていたことは明らかだ. 彼らに新たな希望を。

求職者に対する求人の有効比率は、現在 45 年以上にわたって上昇しており、求職者 1 人につき約 1.5 の仕事を利用できる割合になっています。 フルタイムの「正規雇用」でも集計開始以来、初めて1を上回った。 この分野での成功は明らかです。

同時に、アベノミクスの成長戦略は、他の分野で期待された結果をもたらしませんでした。 GDP の伸びは回復せず、今日、日本の 1 人当たりの所得は、韓国と台湾の数字に追い抜かれる危険にさらされています。 これは、成長戦略が勢いを増す前に、政府が持続可能な経済成長から強力で短期的な財政刺激策に焦点を移したためだと思います。 ケインジアンの財政および金融政策は、短期的には経済活動を刺激するかもしれませんが、持続的な GDP 成長をもたらすことは決してありません。 これは、ジョン・メイナード・ケインズ自身が明確に述べています。

では、何が経済成長を促進するのでしょうか? この点についても、ケインズは答えを持っていました。動物の霊です。 安倍首相は、2006 年から 2007 年にかけての最初の任期中に、これらの精神を推進する政策を提案しました。それは、女性の可能性を最大限に活用し、若者が新しい挑戦に立ち向かう力を与えることです。 2 期目は、「すべての日本人が活躍できる社会」という彼のビジョンと組み合わされました。 これらの政策はいずれも、実を結ぶまでにかなりの時間を要するタイプのものです。

そのため、持続可能な成長に簡単な結果が得られず、長期計画を混乱させる可能性のある定期的な選挙に直面したため、政府は日本の経済活動に勢いを与える手段として大規模な財政支出に目を向けました。 しかし、そのような措置が経済の持続的な成長をもたらさないという事実にもかかわらず、日本のエコノミストは一人も警鐘を鳴らしませんでした。 経済へのこの寛大な資金注入の結果、公的債務の負担が膨れ上がりました。

全体として、アベノミクスには明るい面と暗い面があります。 しかし、全体として、私の意見では、明るい面が暗い面に勝っています。 安倍首相は、とりわけ外交と安全保障の最前線での努力で最もよく記憶されているかもしれませんが、強い経済がなければ、どの国も自衛する力を持つことはできません.

今日、私たちの前にある課題は明らかです。 ケインジアン経済学の基本に立ち返り、日本人のアニマルスピリットを呼び起こす構造を早急に構築しなければなりません。 これは、安倍晋三首相が約束した「美しい国」を実現するために、強力な経済を構築し、子供たちの明るい未来を創造するための鍵です。

バナー写真:2018年4月9日、カンテで握手する黒田東彦日銀再任総裁(左)と安倍晋三首相(GG)

READ  中国は、日本、インド、オーストラリアとの会談に先立ち、米国の「クリック」で爆発した