7月 17, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

アンソニー・エドワーズは、レブロン、カリー、デュラントではなく、米国代表チームの「第一候補」であると自分自身を説明する

アンソニー・エドワーズは、レブロン、カリー、デュラントではなく、米国代表チームの「第一候補」であると自分自身を説明する

ベテランやスター選手が揃った名簿でプレーしているにもかかわらず、ミネソタ・ティンバーウルブズのガード、アンソニー・エドワーズは、パリオリンピックへの準備を進めるチームUSAの主要な選択肢として自分自身を考えている。

「私はまだ第一候補だ。もしかしたら、見方が違うかもしれない」とエドワーズは語ったという。 ワシントン・ポスト新聞 ベン・ガリバー「…私はコートに出て、自分らしくあります。私はショットを打ち、ディフェンスをします。彼らは私の周りでプレーすることに適応しなければなりません。それが私が感じていることです。」

米国代表チームはレブロン・ジェームズ、カワイ・レナード、ジョエル・エンビード、その他多くのスター選手で構成されているが、キャリア最高のシーズンを終えたエドワーズは、彼らが真っ先に注目する選手は彼だと信じている。

エドワーズは1試合平均25.9得点、5.4リバウンド、5.1アシストを記録したシーズンを終えようとしている。 プレーオフでは1試合あたり27.5得点を記録し、3試合で40得点以上を挙げてティンバーウルブズをウェスタン・カンファレンス・ファイナル進出に導いた。

シーズンを終えて、エドワーズの自信は高まっていると言っても過言ではない。

しかし、新星はまだ22歳でチームの最年少メンバーでもあるため、チームの真のファーストオプションとみなされる前に、ジェームズやステフィン・カリーのようなベテランからの尊敬を勝ち取り続けることになるだろう。

チーム USA がどの選手を第一候補に選んだとしても、その選手を金メダルに導いてくれると期待しています。

アメリカは7月28日のニコラ・ヨキッチ率いるセルビアとの対戦で金メダル獲得キャンペーンを開始する。

2020年のオリンピックで金メダルを獲得したにもかかわらず、チームUSAは2023年のFIBAワールドカップでは4位と残念な成績を収めている。 そして何人かのNBAスター選手がパリオリンピックへの参加を決めているため、チームUSAは今月下旬に力強いパフォーマンスで巻き返すことができるはずだ。

READ  MLBおよびMLBPAのCBAへの準拠