6月 16, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

イスラエルとガザの会見:世界がイラン攻撃に注目する中、ガザ住民は容赦ない

イスラエルとガザの会見:世界がイラン攻撃に注目する中、ガザ住民は容赦ない

  • ヨランデ・ネル著
  • BBC ニュース、エルサレム

先週の中東におけるメディアの注目は、イスラエルに対するイランのミサイルと無人機攻撃に移ったが、ガザ地区の戦闘は止まっていない。

ハマスが運営する保健省の統計によると、毎日、多くの子供を含む数十人のパレスチナ人が殺害されている。 現在、イスラエルは戦争開始以来、ガザで3万4000人以上を殺害したと発表している。

イスラエル軍はハマス殲滅の努力を続けているが、ここ一週間、地域の最上部から最下部まで限定的で、しばしば致命的な作戦を実施している。

火曜日、ガザ中央部で血まみれの少年少女の遺体を抱えた親族らがマガジ難民キャンプから近くのデリ・アル・バラにあるアル・アクサ殉教者病院へ駆けつけた。

病院の医師らは、アルマガジでの爆撃により少なくとも12人が死亡、約30人が負傷したと発表した。

男性の一人はBBCに対し、「彼らは路上で遊んでいた。なぜ負傷したのか。彼らはイスラエル軍の近くにはいなかった」と語った。 別の者は、「彼らはただ遊んでいただけだ。市場には普通に人々が出入りしていた」と付け加えた。

イスラエル軍はそこで何が起こったのかコメントしていないが、今週ガザでは中央難民キャンプが主な焦点となった。 武装ハマスの戦闘員が「精密」作戦で使用する攻撃用トンネルや軍事施設など「テロリストを排除し、テロリストのインフラを破壊する」と述べた。

イスラエル軍が水曜日遅くに別のキャンプ、ヌセイラトから撤退したと報告された後、住民は自宅の被害状況を視察するために戻り始めた。

写真にコメントして、 ヌセイラットキャンプの大部分が瓦礫と化した

「私たちには泊まるところがありません。90%の家が破壊されています」と、新たに積み重なった瓦礫の山をかき分けながら、ある父親は必死に私たちに語った。

ガザの極北では、数週間前に部隊が出発したベイト・ハノウンにイスラエル軍戦車が戻ってきた。 イスラエルは、避難民家族が暮らす学校に駐留するハマスとイスラム聖戦活動家を標的にしていると述べた。 地元住民らは、男性たちが裸にされて拘束されたと語った。

北部のガザ市の一部やエジプト国境のラファでイスラエル軍が攻撃している映像も公開された。そこでは数十万人のパレスチナ人が他の場所での戦闘から逃れてテントで暮らしている。

イスラエルの国防アナリストらは、米国と合意した、より激しくない戦闘への移行に沿って、軍がハマスに対して標的を絞った作戦を実施していると述べている。

今月初め、イスラエルはガザから地上軍の大部分を撤退させ、ガザ地区を南北に二分する戦線を確保するのは一個旅団だけとなった。

その後、予備軍2大隊が招集され、一部の兵士が国境を越えて展開されたことが発表されたが、計画されているラファでの地上攻撃はまだ先のことだというのが一般的な見方である。

「何かが差し迫っているとは思わない」とイスラエルの元国家安全保障副大統領補佐官で現在はテルアビブの国家安全保障研究所で働くチャック・フライリヒ教授は言う。 同氏はさらに、「ラファに大規模な作戦を遂行するための部隊が存在するとは思えない」と付け加えた。

イスラエルは、ガザ地区でまだ地上攻撃を行っていない唯一の都市ラファに残っているハマス旅団を排除すると約束した。 10月7日のハマスの襲撃でイスラエル南部から誘拐され、1,200人以上が死亡した残り130人以上の人質の一部が今も拘束されているとみている。

しかし、フライリヒ教授は、「人々が話題にしていた総攻撃には、2つのことが必要だ。難民を全員移動させること、そして予備役の一部を召集することだ」と言う。

「その間には少なくとも数週間はありますが、今はあります。」 [week-long Jewish] イースターホリデー。”

米国と他の同盟国は、大規模な侵略がすでに悲惨な人道危機を悪化させる可能性があると指摘している。

悲惨な生活環境とラファへの絶え間ない脅威の中で、多くのガザ人は北部ストリップの故郷に戻るのに十分な期間そこに留まっている。

写真にコメントして、 占領軍はパレスチナ人に対し、ガザ地区北部の故郷に戻らないよう警告した

しかしイスラエル軍は、海岸沿いの幹線道路に沿って向かう群衆に向かってイスラエル軍が発砲したと目撃者が証言した翌日の月曜日、イスラエル軍は渡航しないよう改めて警告した。 5人が死亡した。

イスラエル軍はこの事件について直接コメントしなかったが、その後イスラエル軍報道官は、北部は「危険な戦闘地域」であるため、パレスチナ人はガザ南部に留まるべきだと述べた。

「戦争の最初の数カ月間に出発して以来、私たちは故郷に戻ることを夢見ていました」とアムル・アル・ダウディさんはラファで語った。 「しかし今のところ、私たちは彼を私たちの考えから外しました。」

半年以上続く戦闘により、北部の広大な地域が平らになった。 国連によると、イスラエルによる援助制限により、戦争中イスラエルに残った約30万人が飢餓の危機に瀕した。

4月1日に米国慈善団体ワールド・セントラル・キッチンの援助活動家7人が殺害されたことを受け、イスラエルに対する国際的な圧力により、ガザへの援助の拡大、特にアシュドド商業港の開港と新たな北部横断に関する一連の発表が行われた。

先週、援助への懸念はより広範な地域戦争への懸念によって影が薄くなったが、動向については絶えず最新情報が伝えられていた。例えば、イスラエル国防当局者は、新しく再開したパン屋向けに小麦粉が到着したと発表した。

数か月ぶりにジャバリアキャンプで焼き肉が販売されるソーシャルメディアの映像などの逸話証拠も出回り、食料がより容易に入手できるようになったことが示唆されている。

画像ソース、 ゲッティイメージズ

写真にコメントして、 ガザ地区中央部デリ・アル・バラの食糧配給所にいるパレスチナ人

しかし援助機関は、深刻な不足を解消するためにはまだやるべきことがあると言っている。

国連が特にガザ地区への28億ドル(23億ポンド)の資金提供を求める緊急呼びかけを開始する一方で、国連の人道支援事務所の高官は、特に北部へのアクセスの問題が続いていると不満を漏らした。

「私たちは、一歩進んで二歩下がる、あるいは二歩進んで一歩下がるというダンスに取り組んでいるのです」と、パレスチナ自治区の国連人道支援事務所を率いるアンドレア・ディ・ドメニコ氏は言う。

もし最近のイラン攻撃に対するイスラエルの対応が今終わり、この二つの宿敵間の最近の暴力行為に終止符が打たれれば、メディアや外国関係者はガザで何が起きているかについて再び監視を強める可能性が高い。

4月13日と14日のイランによる攻撃の後、デービッド・キャメロン英国外務大臣がイスラエルとの連帯を表明し、緊張緩和を図ろうとしに来たときに、私たちはすでにこのことのヒントを得ていた。

同氏はイスラエルとパレスチナの指導者らとの会談前、「真に必要なのはハマス、人質、援助の返還、ガザ紛争の停止に再び焦点を当てることだ」と述べた。

現在、新たな停戦を確保するための国際的な調停努力はほぼ行き詰まっている。

主なハードルは依然として残っている。イスラエルは人質送還の一時停止について話し合う予定だが、ハマスが排除されるまで戦闘をやめることはない。 ハマスは、戦争を終わらせる方法を見つけなければ人質を解放しないとしている。

生き残るためだけに苦労している一般のガザ人にとって、そして包囲された愛する人たちを帰国させたいと必死に考えているイスラエル人にとって、今最大の希望は新たな外交アプローチから得られるものである。

それがなければ、人類に多大な犠牲をもたらす長期戦のリスクがあり、すでに混乱している世界地域でさらなる不安定化をもたらす紛争を引き起こす恐れが常にあります。

READ  猛烈な台風が日本に上陸したため、珍しい「特別警報」が発令されました | 日本