6月 13, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

イスラエルとガザの間の戦争:カイロで停戦交渉が激化

イスラエルとガザの間の戦争:カイロで停戦交渉が激化

  • アンナ・フォスターとアンドレ・ローデン=ポール著
  • エルサレムとロンドン

画像ソース、 ゲッティイメージズ

写真にコメントして、 数か月にわたるイスラエル空爆の後、ガザでは飢餓の警告が出ている

ガザ地区での停戦合意と人質解放に向けた努力が強化されており、土曜日にカイロで協議が再開される。

ハマスは、最新の停戦案を検討した後、代表団は「前向きな精神で」渡航していると述べた。

さらに「パレスチナ人の要求を満たす形で合意に達する決意だ」と述べた。

アンソニー・ブリンケン米国務長官は、武装勢力にとって「停戦に同意するのは当然のことだ」と述べた。

ハマスの交渉担当者らはエジプトの首都に戻り、エジプトとカタールの仲介で、人質解放と引き換えにイスラエルによるガザ攻撃を一時的に停止する長期交渉を再開した。

ハマスは昨夜発表した声明で、合意をテーブルの上で「成熟させたい」と述べ、双方が依然として意見の相違がある分野があることを示唆した。

最大の争点は、停戦合意が恒久的なものか一時的なものかということとみられる。

ハマスはいかなる合意にも戦争終結への具体的な約束が含まれると主張しているが、ガザで運動が活発なままである間イスラエルは合意に消極的である。 議論されている文言には、人質が解放されるまでの40日間の戦闘停止や、イスラエルの刑務所に収監されている多数のパレスチナ人捕虜の釈放などが含まれると考えられている。

イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は、たとえ合意に達したとしても、ガザ地区南部のラファ市で新たな地上軍事作戦が行われると繰り返し主張した。 イスラエルのメディアは土曜日、最新の会談にもかかわらず同氏の立場に変化はないと報じた。

しかし、イスラエルの最大の外交・軍事同盟国である米国は、多数の民間人犠牲者を発生させる可能性のある新たな攻撃の支持には消極的であり、避難民を保護する計画を最初に検討するよう主張している。 推定140万人がストリップの北部と中央部での戦闘から逃れてラファに避難している。

イスラエル国防閣僚の一員であるベニー・ガンツ大臣は土曜日、停戦の見通しについて次のように語った。それまでは、「政治筋」とその責任者に提案します。全体的な決定は、公式の最新情報を待ち、冷静に行動し、政治的理由でヒステリー状態に陥らないようにすることです。

BBCの米国パートナーであるCBSニュースに語ったところによると、ウィリアムズ・バーンズCIA長官は今回の交渉の仲介を支援するためにカイロを訪れたという。

ブリンケン氏も交渉の中心人物で、今週再びイスラエルを訪問しネタニヤフ首相と会談した。 ブリンケン氏は金曜日、アリゾナ州で講演し、「ガザ住民と停戦の間に立ちはだかる唯一のものはハマスだ」と述べた。

写真にコメントして、 アントニー・ブリンケン米国務長官は今週イスラエルを訪問し、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相と会談した

これまでのところ、停戦交渉は数カ月間続いているが、何の進展も見られていない。 11月末以降、戦闘は止まらず、人質も解放されていない。 当時、新たな契約が差し迫っているように思われた瞬間もあったが、署名する前に契約は破たんした。

今回の議論でも注意が必要だ。 交渉に詳しい関係者はBBCに対し、交渉は依然として複雑で、打開には数日かかる可能性があると語った。

ある関係者はワシントン・ポストに対し、米国はカタールに対し、ハマスが停戦を拒否し続けるのであれば、その政治的指導者を追放するよう求めたと語った。

戦争はハマスや他のパレスチナ武装勢力がイスラエル南部の村や軍事基地を攻撃し、少なくとも1200人が死亡、250人以上の人質が取られた後に始まった。

ハマスが運営する保健省の統計によると、その後のガザでのイスラエル軍事作戦中に、パレスチナ人3万4654人が死亡、7万7908人が負傷した。

READ  ウクライナ国防相は、ウクライナはハープーンミサイルと榴弾砲を受け取ると述べた