2月 20, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

イスラエルとハマスの戦争:米国は国連安全保障理事会でガザ停戦決議に拒否権を発動

イスラエルとハマスの戦争:米国は国連安全保障理事会でガザ停戦決議に拒否権を発動

ガザ地区でのイスラエルによるパレスチナ人男性の大量拘束に対する批判が高まる中、政府は、ハマスとの関係者がいるかどうかを判断するには数百人を拘束する必要があると述べ、今回の逮捕を擁護した。

写真や写真が公開された後、逮捕は怒りを引き起こした ビデオ 木曜日、屋外で足かせを付けられ、下着姿になった拘束者の写真がソーシャルメディアで拡散した。

イスラエル政府報道官イーロン・レヴィ氏は金曜日、イスラエル軍がここ数日懲罰的な空爆と激しい戦闘が発生しているガザ北部のジャバリアとシュジャイヤの地域で男性を逮捕したと述べた。 イスラエルはこれらの地域を、2007年にガザで政権を掌握して以来ガザを統治してきたハマス運動の拠点だと説明した。

「私たちが話しているのは、数週間前に民間人が避難するはずだった地域で発見された、兵役年齢に達した男性たちのことだ」とレヴィ氏は語った。 「これらの人々は尋問され、誰が実際にハマスのテロリストで、誰がそうでないかを判断することになる。」

しかし批評家らは、大量拘束や品位を傷つける扱いは戦争法に違反する可能性があり、多くの人が健康不良や障害、あるいは避難費用のために避難できないと述べた。

さらに、パレスチナ人を支援する国連機関のために募金活動を行っているワシントンD.C.在住のハニ・アルマドフン氏は、逮捕された13歳と72歳の親族2人はまだ軍人ではないと述べた。年。

国際危機グループのアナリストで米国国務省の元法律顧問ブライアン・フィヌケイン氏は金曜日、拘束者の扱いは国際法に矛盾しているように見えると述べた。

「兵役年齢の男性が戦闘員であるという思い込みは問題だ」と同氏は述べ、イスラエルが避難を命令したという事実は「命令を無視した人々を逮捕したり拘束したりできるという意味ではない」と語った。

同氏は、国際法は占領軍にとって非戦闘員を拘束するのに「非常に高い障害」を設けており、非戦闘員を人道的に扱うことを求めていると述べた。 「これは個人の尊厳への攻撃や屈辱的で品位を傷つける扱いを禁止するものである」と同氏は付け加えた。

イスラエル国防軍の首席報道官であるダニエル・ハガリ海軍大将は金曜夜、記者団に対し、ハマスの指導者や戦闘員を含む「過去48時間で200人以上の容疑者を逮捕し、そのうち数十人がイスラエルに移送された」と語った。

金曜日に連絡を受けたイスラエル当局は、拘束者の処遇について言及することを拒否した。 金曜日、陸軍報道官のジョナサン・コンリクス中佐はCNNのインタビューに応じ、ビデオに映った男性たちは「爆発物を所持していないことを確認するために」裸にされたと述べた。

写真(複数 そして彼がシェアしたビデオ イスラエルメディア、木曜日 ビデオクリップには、ガザ地区北部のベイトラヒア市で男性たちが下着のみを身に着け、兵士や軍用車両に囲まれて列に並ぶ様子が映されていた。 位置確認済み オンライン研究者による タイムズ紙が独自に検証したものだ。

その他の写真 裸の被拘禁者が砂場にひざまずいている写真もオンラインで公開された。 タイムズ紙はこれらの写真をイスラエル兵士のソーシャルメディア投稿と照合した。 彼らがどこに連れて行かれたのか、また拘束者たちがベイト・ラヒアからの写真に写っていた人々と同一人物であるかどうかは明らかではない。

イスラエルは10月、ガザ北部にアラビア語のビラを散布し、人々に地域からの避難を命じ、残留者は「テロ組織の共犯者とみなされる可能性がある」と警告した。

当時、パレスチナ占領地域に関する国連特別報告者のフランチェスカ・アルバニーズは、逃げる意思のない、または逃げることができない民間人をテロ共犯者としてレッテルを貼ることは集団処罰の脅威を表し、民族浄化を構成する可能性があると述べた。

ワシントンで募金活動を行っているアル・マドフーン氏は、オンラインで広く流通したビデオの 1 つで彼の兄弟を認識した。 同氏はインタビューで、イスラエル軍がベイトラヒアの自宅から13歳の義理の弟、甥、72歳の父親も逮捕したと述べた。

パレスチナ人を支援するために国連機関に資金を集めている米国のUNRWA慈善活動部長アル・マドフーン氏は、彼の親族は「何の関係もない」と述べた。

「私の兄は戦うことはおろか、2メートルも走ることができません」と彼は言った。 「これは彼らを辱め、彼らの家族に彼らの裸を見させようとする試みである。イスラエル人は復讐状態にある。」

アルマドフーン氏は、拘束されていた親族4人全員が金曜日に釈放されたが、これはメディアやバイデン政権で親族を擁護したことも一因だと考えていると述べた。

金曜日、赤十字国際委員会は逮捕者の「最近の報道や写真に対する懸念」を表明した。

同団体は声明で「国際人道法に従って、すべての被拘禁者を人間性と尊厳をもって扱うことの重要性を強く強調する」と述べた。

家族や人権団体は、写真やビデオに映った男性の多くは逮捕以来連絡が取れていないと述べた。 そのうちの1人は、英国に本拠を置くニュースウェブサイト「アル・アラビー・アル・ジャディード」の特派員、ディア・アル・キャロット氏だ。

同サイトの編集者ラヤル・ハダド氏は、彼女と同僚らがアル・キャロット氏の妻から彼の逮捕を知り、その後、下着姿の男性のビデオクリップの一つでアル・キャロット氏だと認識したと述べた。

彼女は、アル・カロット氏は長女ナダさんが半身麻痺だったため避難しなかったが、ガザ北部での戦争についての報道を続けたいと述べた。

「彼は『どこも安全ではない、北部も南部も安全ではない』と言い続けた」とハダドさんは語った。

クリスチャン・トリパート そして シーバス・クラーク レポートに貢献しました。

READ  若手医師のストライキ:スティーブ・バークレーは、組合の給与要求は「非現実的」だと言う