2月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

イスラエルは10月7日のハマス攻撃前の商業情報の可能性を調査中

イスラエルは10月7日のハマス攻撃前の商業情報の可能性を調査中

[エルサレム 2日 ロイター] – イスラエル当局は、一部の投資家がハマスの10月7日のイスラエル攻撃計画を事前に知っており、その情報を利用してイスラエル証券から利益を得ていた可能性があるとする米国研究者の主張を調査している。

ニューヨーク大学のロバート・ジャクソン・ジュニア法学教授とコロンビア大学のジョシュア・ミッツ教授らの研究によると、株式の大幅な空売りが攻撃につながり、2カ月近く続く戦争の引き金となったことが判明した。

「攻撃の数日前から、トレーダーらは今後の出来事を予想していたようだ」と彼らは書いており、MSCIイスラエル上場投資信託(ETF)への関心が薄れていることを指摘し、MSCIイスラエル上場投資信託(ETF)は、金融機関のデータに基づいて10月2日に「突然かつ大幅に上昇」した。欧州中央銀行。 金融業界規制当局 (FINRA)。

「攻撃の直前、テルアビブ証券取引所(TASE)でのイスラエル証券の空売りが大幅に増加した」と彼らは66ページの報告書に書いている。

これに対し、TASEはロイターにイスラエル証券当局に照会し、同当局は「この問題は当局が把握しており、関係者全員による調査の対象となっている」と述べた。

証券規制当局の広報担当者は詳細を明らかにせず、イスラエル警察もすぐにはコメントしなかった。

研究者らは、投資家が株価が下落すると予想し、利益を得てより低い価格で買い戻すことを可能にする空売りが、10月7日以前に「他の多くの危機期間中に発生した空売りを上回った」と述べた。 」。

これには、2008年の金融危機に続く不況、2014年のイスラエルとガザ間の戦争、新型コロナウイルス感染症のパンデミックが含まれる。

イスラエル最大の銀行であるユミ(LUMI.TA)は、9月14日から10月5日までの期間に443万株の新株が空売りされ、この追加空売りで32億NIS(8億6,200万ドル)の利益を得たと彼らは書いている。 。

「米国の取引所でイスラエル企業の空売りが全体的に増加しているわけではないが、攻撃の直前に、攻撃直後に期限切れになるこれらの企業のリスクの高い短期オプションの取引が急激かつ異例に増加しているのが観察される」 、” 彼らは言った。 。

「私たちの調査結果は、今後の攻撃を報告したトレーダーがこれらの悲劇的な出来事から利益を得たことを示唆しており、これまでの文献と一致して、この種の取引は米国および国際的な情報に基づく取引の法的禁止の実施の隙間で発生していることを示しています。」

教授らは、ハマスが最初にイスラエルへの攻撃を計画していたと伝えられる4月初旬に現れたパターンを指摘した。 「EIS(MSCIイスラエルETF)の空売りの出来高は4月3日にピークに達し、10月2日に観測されたものと非常に似た水準に達し、4月3日以前の他の日に比べて出来高が大幅に高かった」と彼らは述べた。

新しい研究の記事は、イスラエルの金融ニュースサイト「ザ・マーカー」に初めて掲載された。

(1 ドル = 3.7120 シェケル)

スティーブン・シア氏が報告する。 ハワード・ゴラー編集

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権の取得、新しいタブが開きます
READ  ダウ先物: 強気市場で買いポイントに近い 5 銘柄。 テスラ FSD ベータ版は広く拡大しています