5月 20, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

イスラエル入植者の暴力と不処罰に関するタイムズ紙の調査から得た教訓

イスラエル入植者の暴力と不処罰に関するタイムズ紙の調査から得た教訓

何十年もの間、ほとんどのイスラエル人はパレスチナのテロを同国の最大の安全保障上の懸念と見なしてきた。 しかし、民主国家としてのイスラエルの将来をさらに不安定にする可能性のある別の脅威がある。それは、ユダヤ人のテロと暴力、そしてそれに対する法の執行の失敗である。

私たちの長年にわたる調査により、イスラエル入植運動内の暴力的な派閥が、政府によって保護され、時には扇動されながら、いかに占領地のパレスチナ人やイスラエル国家そのものに深刻な脅威をもたらすようになったのかが明らかになった。 新しい文書、ビデオ、100件を超えるインタビューを収集することで、政府が命令した報告書を隠蔽し、政府が依頼した調査を無力化し、内部告発者(中には高官も含まれる)を黙らせているなど、内戦で揺れている政府が浮き彫りになった。

これは、占領がどのようにして国の民主主義の完全性を脅かすようになったのかについて、イスラエル当局者によって初めて語られた率直な説明でもある。

当局者らは、何十年もの間、神権国家の樹立に熱中するかつて辺境の入植者だった犯罪組織が、ほとんど制限なく活動を許可されてきたと語った。 2022年にベンヤミン・ネタニヤフ首相の連立政権が発足して以来、この派閥の要素が権力を掌握し、ガザ戦争を含む国の政策を推進している。

法を破った者が法となる。

財務大臣でヨルダン川西岸を監督するネタニヤフ政権の役人であるベザレル・スモトリヒ氏は、イスラエルのガザからの撤退を阻止するために道路封鎖を計画した容疑で、2005年にシンベット国内治安機関によって逮捕された。 彼は何の罪も問われずに釈放された。 イスラエルの国家安全保障大臣イタマール・ベン・グヴィルは、テロ組織を支援した罪で数回有罪判決を受けており、1995年にはテレビカメラの前で、不可解にもイツハク・ラビン首相の命を脅迫し、その数週間後にイスラエル人学生によって殺害された。

ヨルダン川西岸のすべての入植者は理論上、パレスチナ住民に適用されるのと同じ軍法に従うことになる。 しかし実際には、それらはイスラエル国家の民法に従って取り扱われ、この民法は国家の境界内の土地にのみ正式に適用される。 これは、シン・ベットがヨルダン川西岸での2つの同様のテロ行為(1つはユダヤ人入植者によるもの、もう1つはパレスチナ人によるもの)を捜査し、まったく異なる捜査ツールを使用できることを意味する。

1967年のアラブ・イスラエル戦争後、イスラエルはヨルダン川西岸、ガザ地区、シナイ半島、ゴラン高原、東エルサレムの新たな領土の支配権を獲得した。 1979年にはシナイ半島をエジプトに返還することで合意した。クレジット…ニューヨーク・タイムズ

ユダヤ人のテロを調査する任務は、ユダヤセクションとして知られるシンベットのセクションに属します。 しかし、パレスチナのテロとの戦いを主に担当するアラブ部門に比べると、その規模と地位は小さく見えない。

過去数十年にわたってアラブ人に対するテロ攻撃に関与したユダヤ人は、懲役刑の軽減、わずかな捜査、恩赦など、大幅な寛大な措置を受けてきた。 車の放火やオリーブ畑の伐採といった入植者の暴力事件のほとんどは警察の管轄下にあり、警察はそれらを無視する傾向にある。 ユダヤ省がより深刻なテロの脅威を調査する場合、しばしば最初から妨害され、入植者の大義に同情的な裁判官や政治家によってその成功さえ台無しにされることもある。

2層構造の状況はここ1年でさらに悪化した。 私たちは10月7日以降にヨルダン川西岸で起きた30件のサンプルを調査したが、これらは法制度がどの程度劣化しているかを示している。 牛の鳴き声から放火、暴行に至るまでの事件で、容疑者は一人も罪に問われなかった。 ある事件では、イスラエル国防軍兵士が見守る中、入植者がパレスチナ人の腹部を銃撃したが、警察は銃撃犯に対して20分間の尋問を行っただけで、容疑者として特定されることはなかった。

1990年代後半にシン・ベットの代表を務めたアミ・アヤロン氏は、政府指導者たちが「ユダヤ人が殺されても、アラブ人が殺されてもひどいことではないというシグナルをシン・ベットに送っている」と語った。それは良いことですが、それは世界の終わりではありません。」

しかし、ユダヤ人は過激な国家主義者の標的でもあった。 ラビン首相は、オスロ和平プロセスへの支持を理由にラビらにより死刑に相当する判決を言い渡された後、殺害された。

1981年、エルサレムの教授グループが入植者と当局との共謀の可能性と占領地でのパレスチナ人に対する違法な「特別警察活動」について懸念を表明した後、当時イスラエルの特別任務担当司法副長官ジュディス・カープは次のような要請を受けた。この問題を調査する委員会。 彼らの報告書では、軍や警察当局が何もしなかったり、理論的な捜査を行っても何も成果が得られなかったにもかかわらず、不法侵入、恐喝、暴行、殺人の事件が次々と判明した。

当時の内務大臣は彼らの報告に対して叱責した。 「彼が私たちに見捨ててほしいと思っていたのは理解しました」とカープさんは語った。

20年後の別の報告書も同様の運命をたどった。 「無許可の前哨基地」に関する法的意見を作成する任務を負ったタリア・サッソン氏は、建設住宅省が3年あまりの間にヨルダン川西岸で数十件の違法な契約を発行したことを発見した。 場合によっては、同省が建設費用を負担したこともある。

サッソン氏と法務省の同僚らは、ヨルダン川西岸の行政を「完全に狂っている」とみなした別の法律について説明した。

この報告書は既存の居住地拡大マシンの前では無力だったため、ほとんど影響を与えなかった。

ヨルダン川西岸では、新世代の過激なナショナリストが、民主的なイスラエル国家の理念に反対し、より極端な行動を取っている。 彼らの目標は、イスラエルの制度を破壊し、「ユダヤ人の支配」を確立することです。つまり、王に油を注ぎ、世界中のイスラム教徒にとって神聖なエルサレム・モスクの代わりに神殿を建設し、すべてのユダヤ人に宗教制度を押し付けることです。

元シン・ベット職員リオール・アッカーマンが我々に語ったように、「これらの残忍な集団がアラブ人へのいじめから財産や樹木の破壊に至るまで、最終的には人々を殺害するだろう」ということは常に明らかだった。

我々が入手した秘密文書によると、昨年10月、ヨルダン川西岸を担当するイスラエル中央軍司令官イェフダ・フックス少将は、上司であるイスラエル軍参謀総長に書簡を書き、次のように述べた。イスラエル軍の多くはユダヤ人のテロと報復として行われた暴力であり、10月7日の攻撃は「ヨルダン川西岸に火をつける可能性がある」。

別の文書には3月の会合の様子が記載されており、その際フォックスはスモトリッヒ氏の就任以来、違法な入植地建設を取り締まる取り組みが「消滅するまでに」減少したと書いている。

ガザは、イスラエルが長年にわたりパレスチナ自治問題に対処できていないことに再び世界の注目を集めている。 しかし、ヨルダン川西岸では、入植者の手中にあり、その中には現在権力を握っている人もおり、パレスチナ人に対する占領とイスラエルの法の支配の壊滅的な影響がより明らかになっている。

READ  COP27 ライブ更新: バイデンの気候サミットの演説に対するさまざまな反応