2月 29, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

イラク火災:カラコシュの結婚パーティーで火災、少なくとも93人死亡

イラク火災:カラコシュの結婚パーティーで火災、少なくとも93人死亡

  • キャサリン・アームストロングとデヴィッド・グレッテン著
  • BBCのニュース

動画解説、

イラクの結婚式の火災: 火災はどのように発生したのか

火曜日の夜、イラク最大のキリスト教都市で結婚式中に火災が発生し、少なくとも93人が死亡、101人が負傷した。

悲劇が起きたとき、ニネベ県カラコシュの祝賀会場では数百人が祝っていた。

目撃者や民間防衛当局者らは、新婚夫婦が踊っている間に打ち上げられた花火が原因で火災が発生したと述べた。

彼らは、ホールを覆っていた可燃性の高い金属とプラスチックの複合パネルが火災の引火に寄与したと付け加えた。

治安部隊は水曜日、この店の従業員9人とその所有者を逮捕した。

その後、アル・ハムダニヤおよびバグダダとしても知られるカラコシュ墓地で、数百人の会葬者が40人以上の犠牲者の葬儀に参加した。 亡くなった愛する人の写真を持っている人もいました。

民間防衛当局者はBBCニュース・アラビア語に、新郎と新婦は死亡したが、当初の報道では生存していたと語った。

写真にコメントして、

複数の目撃者は、家族全員が火災で死亡したと述べた

インターネットに投稿された映像には、天井から燃える破片が落ち始める中、カップルがダンスフロアにいる様子が映っていた。

その少し前に撮影された別のビデオでは、ホール内で4つの大きな噴水花火が点火し、その後、近くの大きな天井装飾が炎で焼き尽くされる様子が映っています。

手に火傷を負った結婚式のゲストの一人であるラニア・ワードさんは、新郎新婦がゆっくり踊っている間に「花火が天井まで上がり始め、会場全体が燃え上がった」と語った。

「何も見えなかった」と17歳の少年はフランス通信に語った。 「私たちは窒息していて、どうやって抜け出すかわかりませんでした。」

地獄から生還したイマド・ユハンナさん(34歳)はロイターに対し、「ホールから火が勢いよく出ているのが見えた。なんとか脱出できた人たちと、逃げられなかった人たちは立ち往生した。中に進入した人たちさえもだった」と語った。 壊れている。”

別の生存者は、犠牲者の中には家族も何人も含まれていたと語った。

“いつ [the fire] 「それが起こり、母はトイレにいた。その後、母を見つけることができなかった」と彼は語った。 娘、息子、妻、父親を探しましたが見つかりませんでした。 彼らは去ってしまった。」

画像ソース、 ソーシャルメディア

写真にコメントして、

映像には燃えた破片が天井から落ちてくる様子が映っていた

しかしニネベのハッサン・アルアラク副知事は先にロイターに対し、113人の死亡が確認されたと語った。

負傷者は近くのモスル市を含むニネベ全域と隣接するクルディスタン地域の病院に搬送された。

クルド人都市アルビルのジャーナリスト、ベリサ・シャウィス氏はBBCに対し、火災から「人々を救うための十分な物流手段」がなく、モスルには負傷者を治療するための十分な救急車、医療チーム、医療機器がないと語った。

アブドゥル・アミール・アル・シャンマリ内務大臣は、予備調査の結果、火災は「花火によって引き起こされ、屋根が大きく燃え、住民の上に倒壊した」と結論づけたと述べた。 イラク通信社が報じた。

同氏はまた、ホールには必要な「安全・セキュリティ仕様」も欠如しており、責任者は「正当な処罰を受けるだろう」と述べた。

写真にコメントして、

救急隊員が水曜日早朝にがれきの清掃を行う

これに先立ち民間防衛総局は、ホールは国内で禁止されている可燃性の高い複合金属パネルで覆われており、「火災が発生すると数分以内に崩壊する」と述べた。 また、パネルが燃焼すると有毒ガスが発生し、火災が悪化する可能性があります。

ムハンマド・シーア​​・アル・スダーニー首相は、建物の検査が実施され、安全手順がチェックされる予定で、「あらゆる過失については関係当局が責任を負う」と述べた。

汚職、不始末、説明責任が蔓延するイラクでは、このような事件は珍しいことではない。

当局は、2021年にナシリヤ市の病院で発生した火災で安全対策の欠如が100人近くの死者を出したと発表した。

カラコシュには2014年にスンニ派聖戦組織「イスラム国」に制圧されるまで、約5万人が住んでいたが、その大多数はアッシリア系キリスト教徒だった。

ほとんどの人は逃げたが、ISIS戦闘員は残ったキリスト教徒に対して多くの残虐行為を行った。 また、2016年にイラクと米国主導の連合軍が都市を奪還する前に、彼らは教会を冒涜し、数百軒の家を焼き払った。

その後、カラコシュの人口の約半数が帰還したと言われているが、破壊された家の多くはまだ再建されていない。

ベイルートのリナ・シンジャブとロンドンのマッティア・ブバロによる追加レポート

READ  マリーナ・ビャゾフスカはフィールズ賞を受賞した2番目の女性です