5月 29, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

イラン、いかなる攻撃に対しても断固とした対応を警告

イラン、いかなる攻撃に対しても断固とした対応を警告

[ドバイ(ロイター)]-イラン革命防衛隊のホセイン・サラミ司令官は水曜、イランと同盟を結んだ過激派による米兵殺害への対応を米国が検討している中、イランは米国からのいかなる脅威にも対応すると述べた。

半国営タスニム通信は、サラミ氏の発言を伝えた。「アメリカ当局者からの脅迫を聞いているので、彼らにはすでに私たちを試しており、私たちは今ではお互いのことを知っていると伝えています。どんな脅威も答えられないまま放置されることはありません。」

2020年1月、バグダッドでの米軍の無人機攻撃でイラン革命防衛隊コッズ部隊のガセム・ソレイマニ司令官が殺害されたことを受け、革命防衛隊はイラクの米軍アイン・アル・アサド基地を標的にした。

イラン国連特使アミール・サイード・イラニ氏も水曜日、イランは国境外の領土、権益、イラン国民に対するいかなる攻撃にも断固として対応すると警告した。

イラン当局者のこのコメントは、ジョー・バイデン米大統領がヨルダンでの米兵殺害につながったイランと同盟関係にあるイラク組織による無人機攻撃への対応方法を決定したと発表した翌日に発表されたが、詳細には踏み込まなかった。

イスラエルによるシリア攻撃後、イラン革命防衛隊の数名が殺害され、1月20日に5名が死亡、12月25日には他の2名が死亡した。

月曜日には、タスニム氏がシリアにある「イラン軍事顧問センター」と称する施設をイスラエル軍が再度空爆し、2人が死亡したが、イラン駐シリア特使は標的に関する詳細を否定し、犠牲者はイラン人ではないと述べた。

1月15日、イランはイラクの半自治クルディスタン地域にあるイスラエルの「スパイ本部」とされる施設を攻撃した。

(ドバイニュースルームからの報告、トム・ホーグとアンドリュー・コーソーンによる編集)

READ  麻痺した男性が脳と脊髄を接続するインプラントを使用して再び歩く