2月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

インド、チャンドラヤーン3号推進ユニットを地球軌道に帰還

インド、チャンドラヤーン3号推進ユニットを地球軌道に帰還

ワシントン – チャンドラヤーン3号着陸船を月に運んだ宇宙船が、将来のインドの月からサンプルを持ち帰るミッションを支援する技術のデモンストレーションとして、地球周回軌道に帰還した。

インド宇宙機関ISROは12月4日、チャンドラヤーン3号ミッションの推進モジュールが、10月以来月低軌道から探査機を帰還させた一連の操作を経て、現在地球高軌道上にあると発表した。 ISROはこれまで、推進モジュールを地球軌道に戻す取り組みを明らかにしていない。

2,145 キログラムの推進ユニットの主な目的は、チャンドラヤーン 3 号着陸船を地球の主楕円軌道から低月軌道に移送することでした。 ISROのI-3K衛星バスの改良型であるこのモジュールは、打ち上げ翌日の7月14日から遠地点を軌道上に上昇させるための数回の操縦を実施し、続いて月周回噴射燃焼と月周回軌道投入燃焼を行った。 このモジュールは、8月17日に着陸船が分離される前に、月の上空150キロメートルのほぼ円形の軌道に移動した。

着陸船は8月23日に月面への着陸に成功した。 推進モジュールは軌道上に留まり、そこで分光的居住可能惑星旋光計(SHAPE)と呼ばれる単一の機器を操作して地球を観測した。 ISROは着陸船分離後の推進モジュールに関する情報をほとんど提供しなかった。

声明ISROは、打ち上げの精度とこれまでの操作により、宇宙船に100キログラム以上の推進剤が残っていることを確認した後、推進ユニットを地球周回軌道に戻す試みを決定したと述べた。 この計画における最初の操縦は10月9日に行われ、月の周回軌道の最高点を150キロメートルから5,112キロメートルに上昇させた。

このモジュールは10月13日に地球横断噴射操作を実行し、11月10日に影響圏を離れる前に月に4回接近する軌道に設定した。 探査機は地球の高周回軌道に入り、11月22日に高度15万4000キロで最初の近地点を通過した。

ISROは、この演習によりSHAPEは地球付近での観測活動を継続できるようになったと述べた。 彼女は、この操縦は「将来の月探査ミッションのための追加情報を抽出し、サンプル帰還ミッションのためのミッション運用戦略を実証する」ために設計されたと付け加えた。

ISROは月面サンプル帰還ミッションの計画を正式に発表していない。 月への次のミッションは、日本の宇宙機関 JAXA との共同プロジェクトである月極地探査ミッション (LUPEX) です。 チャンドラヤーン 4 号とも呼ばれるこのミッションは、日本の探査機とインドの着陸船を組み合わせて、月の南極地域を探索します。 遅くとも2026年までには打ち上げられる予定だ。

しかし、ISRO関係者らは、近いうちにサンプル帰還ミッションを派遣する可能性について議論している。 「インド政府は私たちに宇宙探査の非常に厳しいスケジュールを与えてきました。サンプルの返却が必要です」と、ISROのアウルラオ衛星センター所長シュリ・M・サンカラン氏は、10月24日に開催されたAIAAのASCEND会議のパネルディスカッションで語った。ラスベガス、月から約4年ぶりです。」

同氏は、インドのナレンドラ・モディ首相が議長を務める10月17日のISRO指導者会議に言及したとみられる。 打ち上げ 首相官邸は、2035年までにインドの宇宙ステーションを設立し、2040年までにインド人乗組員を月面に着陸させることなどの目標に言及したが、月のサンプルの帰還については触れなかった。

同氏はその後の会議でのプレゼンテーションで、インド宇宙研究機関がサンプルリターンミッションのコンセプトを開発したと述べたが、それについては詳細には触れなかった。 「このサンプルの帰還と宇宙航空研究開発機構によるLUPEXミッションはおそらくほぼ同時に行われるでしょう」と彼は述べた。

推進モジュールの地球軌道への帰還は、チャンドラヤーン 3 号に搭載された月のサンプルを帰還するために必要な技術の最初の実証ではありませんでした。 9月の月面での活動の最終日、探査機はエンジンを再始動し、月面から約40センチ上昇し、元の着陸地点から30~40センチのところに着陸した。 「この『始まり』は、将来の人体標本の帰還とミッションへの興奮を呼び起こします!」 イスロ 出版する ソーシャルメディア上で。

READ  時速 380,000 マイルで太陽の表面を滑空する太陽の蛇を見る