2月 21, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

インドの救助隊がヒマラヤ山脈のトンネルに閉じ込められた男性41人の救出を開始

インドの救助隊がヒマラヤ山脈のトンネルに閉じ込められた男性41人の救出を開始

シルキャラ(インド、11月28日、ロイター) – インドの救助隊は火曜日、ヒマラヤ山脈の崩落したトンネル内に17日間閉じ込められていた建設作業員41人の第一陣を、岩やコンクリート、土の破片を何時間も掘り進めて救出した。 関係者らは語った。

11月12日未明にトンネル崩壊で始まった試練を終わらせるために救助隊が突入してから、男性らは6時間以上安全な場所に避難した。

北部ウッタラーカンド州の4.5キロメートルのトンネルの外で救助当局者は記者団に対し、「最初の1人が脱出した」と語った。

明るいライトを備えた救急車がトンネル入口に整列し、作業員を約30キロ離れた病院に搬送した。

男性たちはチューブを通して食料、水、光、酸素、医薬品を入手していたが、高性能掘削機で救出するためにトンネルを掘ろうとしていたが、一連の障害により失敗した。

このトンネルは、ナレンドラ・モディ首相の最も野心的なプロジェクトの1つである15億ドルのチャルダム高速道路の一部であり、890キロメートルの道路網を通じて4つのヒンズー教の巡礼地を接続することを目的としている。

当局は崩壊の原因には言及していないが、この地域は地滑り、地震、洪水の危険にさらされている。

Y・P・ラジェシュ著。 アンガス・マクスワン編集

当社の基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

ライセンス権の取得、新しいタブが開きます
READ  ギリシャの運輸大臣が列車事故で辞任。 死者36人